Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)


おしごと依頼等はnyaofunhouse★gmail.com(★→@)まで


アマイタマシイKindle

甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!詳細は画像をクリック!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

長見良の魔法世界

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!
「ファンタジウム・パーフェクトエディション」電子書籍で配信開始!

ファンタジウム(1)【Kindle版】


ラブリコチエのフレジェアントルメはものすごかった!ということをお伝えしたい!

そんなわけで1月も終盤、ケーキ的にはガレットデロワはもう終了、チョコ好きの人はクライマックスシーズン、自分としてはフレジェの季節が本格稼働、という感じですね。

美味しいフレジェ情報求む!というアンテナを張り巡らして情報収集にはげんでいますが、そんなアンテナに引っかかってきたのが、高円寺ラブリコチエのフレジェ。
ツイッターに画像があがってて。

ラブリコチエのフレジェって、食べたことなかったんじゃないかなー
それは食べたい!絶対に食べたい!
しかも、アントルメで思いっきり食べたい!

・・ということで、先日お店に電話をかけて。
一番小さいサイズのアントルメを発注。
値段は2000円ちょい、ということで、シンプルなフレジェなら妥当な、というかけっこう安いよね、という値段。
日曜日に取りに行きますーということで、予約完了していました。

そして今日。
去年の夏以来のラブリコチエへ。
f:id:nyaofunhouse:20190127115140j:plain


店内、大テーブルがひとつ増えてました。
3人程度座れる。
でも、それでもイートインは満席で、やっぱりモンブラン人気ですねー。
じゃあ、今回はモンブランテイクアウトで。
それ以外にも、美味しそうなケーキいっぱいあったので、いくつか購入。
そして、フレジェのアントルメ、見せてもらったのですが・・・
!!!!!


そんなわけでケーキを購入して帰宅。
モンブランは制限時間60分ですが、高円寺→四谷間は30分かからないので、余裕で帰宅。
そそくさとお茶を用意して、まずはモンブランから。
f:id:nyaofunhouse:20190127125237j:plain
ラブリコチエのモンブラン、イートインだと鬼盛りマロンクリームですが、テイクアウトでもじゅうぶんすごいよね。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20190127125546j:plain
今シーズンようやく食べられたラブリコチエのモンブラン、やっぱり激しく美味しい!
ふんわりとした和栗のクリームは栗の香り、ほっくり感、格別です。
そこにとろりとした生クリーム、やや甘めの焼きメレンゲ。
ボリュームはあるけれど、優しい美味しさなので、あっという間に軽く完食。
優しい味ながらも芯がしっかり通っている、ラブリコチエらしいモンブランです。


さてさて、そして、フレジェ、アントルメ、行きますよー!
これです!
f:id:nyaofunhouse:20190127131225j:plain
f:id:nyaofunhouse:20190127131245j:plain
f:id:nyaofunhouse:20190127131141j:plain
いやー・・・ビックリしましたよ。
軽い気持ちでアントルメオーダーしたけれど、こんな豪華なのが出てくるとは予想してなくて。
キラキラと輝いています!
真上から見ると
f:id:nyaofunhouse:20190127131256j:plain
ちょっとこれ、どうよ?どうよ?
感動しましたねー。

フォルムだけで胸いっぱいになりながら、ケーキをカット。
f:id:nyaofunhouse:20190127131852j:plain
はじめてのラブリコチエのフレジェ、食べてみました。
美味しい!
ムースリーヌは、そこまで固くはなくて、甘さもそこまで強くない。
でも、カスタードがまったりもったりぽってりと濃く、甘さは軽いんだけど味わいとしては濃厚。やや重め。
そしてアーモンドスポンジがやや厚めで、しっとりとしながらも存在感がある。
いちごは、すごく美味しい!ジューシーで、甘み、酸味ともバッチリ。
なので、まったりとしたムースリーヌとフレッシュないちごのコントラストがきれい。
そこにチョコ飾りを間に入れて、いちごチョコ風味も楽しめる。
いやー、いやー、いやー、これは・・
値段以上のバリュー、なんて生易しいものじゃないですよ。この値段で買える幸福としては最上級なのではないかと。
これはぜひぜひ、みなさん予約して、至福の美味しさを味わって、見目麗しいフォルムを味わって欲しい。
ほんと感動しますから!


そんなこんなで、フレジェほぼ一気食いして、まだケーキ、食べられますよ!
次は、シャテーニュ。
f:id:nyaofunhouse:20190127130258j:plain
こちらも栗のケーキです。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20190127130531j:plain
このケーキは、表面のマスカルポーネのムースに、中はキャラメルのムース、そして角切りの栗がゴロゴロと。
マスカルポーネはミルキーでやわらかな味、甘さは弱め。
キャラメルはかなり焦がしてあって、香ばしさはちょっとコーヒーをイメージさせる、そんなほろ苦さ。
栗はけっこういっぱい入ってて、これらの要素のどれが主役、ということはないんだけど、それぞれが調和している。これも優しさの中にしっかりとした芯の強さを感じさせるケーキですね。


そして、アラビカ。
f:id:nyaofunhouse:20190127134310j:plain
これはチョコとコーヒーのケーキ。
ナッツぎっしりのスポンジに挟まれたチョコムースとコーヒームースは、ふんわりと柔らかい。
でも味はしっかりで、チョコもコーヒーも、苦味と軽い酸味が生きている。
甘さも控えめで、これはちょっと大人びたケーキですね。
でも食べにくさはないです。


最後、デジール。
f:id:nyaofunhouse:20190127141740j:plain
これは、チョコとラズベリーの王道の組み合わせ。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20190127141946j:plain
このケーキ、チョコレートのムースとグラサージュが、とろとろのリキッド的な柔らかさで、味もまろやかで美味しい。
ラズベリーは甘酸っぱく、酸味とともに甘さも凝縮されていて、やわらかい甘さのチョコにマッチしている。
作りとしてはシンプルだけど、丁寧に作ってあるなーという印象。


そんなわけで、今回のラブリコチエのケーキ、まあフレジェのすごさに脱帽したわけですが、それ以外のケーキもやっぱり美味しくて、改めて好きだなーと。
アントルメはちょっと厳しくても、今の時期はプチガトーも出ていますから、ラブリコチエのフレジェ、ぜひ召し上がってみてください!