Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)

いつの間にやらKindle化されたみたいです。
紙の本は絶対イヤ!でスルーしてた人はできればよろしく。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


カフェミクニズ定期パトロール!やはりうまし。

自分んちのご近所パティスリー、カフェミクニズについては、今年も9月の夏休み明けと同時にお伺いして、秋の味覚をたっぷりいただいたのですが、先日タレコミ情報があって。
こちらのブログでは「おかしな毎日」さんのHNで時々コメントを下さる方がいらっしゃるのですが、その方がインスタのほうで、カフェミクニズのシュー・ア・ラ・クレームが最近は最高の出来!と浅井シェフがおっしゃている・・と。なんでも焼き手が素晴らしくて、レシピは変えてないんだけど皮の美味しさがヤバイレベル・・と。
そんなの、確かめるしかないでしょう。
ということで、行ってきましたよー。
f:id:nyaofunhouse:20181110114658j:plain
今日は、シュー・ア・ラ・クレームを中心に少なめのセレクト。


ミクニズのシュー・ア・ラ・クレーム、以前購入した時の画像がこちら。
f:id:nyaofunhouse:20150920122426j:plain
この時も、すごい美味しいなー!と思っていたのです。
ミクニズのシュー・ア・ラ・クレーム、特徴的なのは、上がシュー生地、下がパイ生地になってるんですよね。
だから、シュー皮はサクッと、パイ生地はザクザクっと、という、2つの食感が楽しめる。
単なるシュークリームとも、パイシューとも違う、独特の美味しさなんですよねー。

そのシュー・ア・ラ・クレーム、今日買ったのはこちら。
f:id:nyaofunhouse:20181110120258j:plain
おー!確かに、以前買ったものよりも美味しそうに見える。
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20181110120650j:plain
食べてみたのですが・・
うん!確かに、皮がすごいことになってる!
シュー皮はサクッというよりカリッと、パイ生地はザックザク。
そして、皮の香ばしさが、もう半端ない。強烈です。
この強い皮に対して、バニラの香りの強いぽってりカスタードが完璧にマッチ。
いやー、以前のものも美味しかったですが、これは超えてきましたねー。
あとは、開店間もない時間だったので、できたてに近かったのかな?
夕方とかだとまた質感が変わっている可能性も。
これはぜひ買ってすぐ召し上がって、皮の強さを感じていただきたく!


あとは、これも定期巡回の時に買うことにしている「季節のタルト」。
今回はこんな感じ。
f:id:nyaofunhouse:20181110121406j:plain
いちじくですね。
断面はこんな。
f:id:nyaofunhouse:20181110121614j:plain
こちらのタルトも、いちじくがけっこう青臭くて美味しくて、そしてタルト生地が香ばしくて美味しくて。
というかタルト生地めっちゃ美味しいな!ガリッと固くて、ややナッティな香りも感じさせる、香りの良さが素晴らしい。
相変わらず美味しいです。


そして、ケークを1つ。
ケークシトロンです。
f:id:nyaofunhouse:20181110121937j:plain
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20181110122727j:plain
食べてみましたが、すっごく美味しい!
グラスアローの甘さ、自家製レモンコンフィのほろ苦さと酸味。
そして生地はしっとりと口どけよく、適度な重さ。
やっぱりウィークエンドとは似ているけど若干違いますね。
こっちのほうが、食べごたえはあるけどさわやかでやや軽め。食べやすいです。
レモンの味・香り・酸味・苦味がしっかり感じられるのがいいですね。

インスタにも書いたのですが、有名パティスリーでケークを売りにしているお店、けっこうありますが、だいたいの場合、パウンド型が大きくて、かなりポーションがでかい、そして値段はけっこうする、というパターンが多いですよね。ほんとは、自分ももっと気軽にケーク買いたいのですが、いかんせん1本2500円とかになると、ちょっと気軽にとは言いづらい。いつも思うのは、ケーク、値段半分、ポーションも半分にならないかなーと。だったらもっと頻繁に買うのに・・
お店によってはスライスしたカット売りをしているところもありますが、一切れだと、またちょっと物足りない部分があって、ちょっと違うんですよねー。
そんな状況に対して、カフェミクニズのケークは、ポーションが小さい、けどめっちゃ安い。
このケークシトロンなんて、650円ですよ?
でも、味わいは全く妥協していない。
ミクニズのケークは、他にも何種類かあって、どれもすごく美味しい。
有名どこのパティスリーも、こういうスタイルのケーク、やってくれればいいのに・・と思うのですが!