Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)

いつの間にやらKindle化されたみたいです。
紙の本は絶対イヤ!でスルーしてた人はできればよろしく。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


今夏のメゾンジブレー@マパテは、季節のフルーツとブルボンバニラと

今週の新宿伊勢丹マ・パティスリーはメゾンジブレーが登場。
メゾンジブレー、先日は高島屋に催事出店してました。いろいろ買いました。
www.nyao.club
あれから約1ヶ月なので、今回の催事とアイテムかぶるかなー?どうかなー?という気持ちもあり。
できれば違うアイテム食べたいよねーと思って、伊勢丹行ってきました。


初日のあさイチ、マパテのショーケースを見ると、ケーキの種類はやや少なめ。
フルーツタルトが中心で、あとはフリッソンルージュなどの定番ケーキ、あとフォンダンショコラとか焼きチーズケーキとかもありました。アイスは今回はなし。
あと、ぶどうのタルトのアントルメが2台あって、すごくすごく悩んだのですが、泣く泣くスルー。

それで、マパテのスタッフさんに聞いたところ、午後便や別の日には、違うアイテムが来る、かもしれない。シェフもよくわかんないって言ってました、とのこと。
瀬戸内のレモンタルト、食べてみたいんですよねー。
またチャンスがあれば再訪したい。

とりあえず、自分が今回買ったフルーツタルトは、こんな感じ。
f:id:nyaofunhouse:20180829114030j:plain


でもその前に、マンゴープリンを。
f:id:nyaofunhouse:20180829114152j:plain
このマンゴープリン、ヴェリーヌグラスは小さめだけど、マンゴーが山盛り。
スプーンですくうと、
f:id:nyaofunhouse:20180829114621j:plain
このマンゴープリン、マンゴーの果肉はとろけるような食感、甘さはすごく強くて、香りも良い。美味しいです。
それと、マンゴーのジュレは、ちょっとパイナップルっぽい酸味も。入ってるかどうかは不明。
あとは、ヨーグルトと生クリームの間のような白いクリームが、味をまろやかにまとめていて、とても美味しいマンゴープリンになっています。


さて、ここからはタルト連続いきますよ!
f:id:nyaofunhouse:20180829115006j:plain
メゾンジブレーのフルーツタルトは、ほんといつ見ても相変わらずサービス精神がすごい。
ここまで載せるか!?という驚きがありますよね。
このネクタリンのタルトも、こぼれんばかりのネクタリンがあんまーくて、酸味もしっかり乗ってて、まあ美味しいですよ。
タルト生地はさっくり焼かれていて、軽めの味わい。
カスタードはやや固めで、単なるフルーツの接着剤じゃない美味しさが。
フルーツが最高に美味しいし、タルトとしても最上級ですね、やっぱり。


そして、「桃武屋さんのクインニーナのタルト」。
f:id:nyaofunhouse:20180829115729j:plain
このクインニーナ、めっちゃ美味しいな!
ぶどうとしてしっかり甘いのですが、甘さの中に清涼感がある。
これは、ぶどう本来の風味なのか、ナパージュにハーブかなんか入れてるのかなー?わかりませんが。
さっぱりとした甘さ。
濃厚なタルトになってます。


もうひとつぶどう、「桃武屋さんのシャインマスカットのタルト」。
f:id:nyaofunhouse:20180829120947j:plain
いやね、うちの近所のスーパー、わりとフルーツ豊富で、シャインマスカット売ってるんですよ。
1房3000円。
あれ、フルーツパーラーでもない近所のスーパーに置いてあって、売れるのかなー?と心配になるのですが。
まあとにかく高いわけですよ。
千疋屋とかタカノあたりだったら、5000円とかするかも。
それが、この山盛り。
原価大丈夫なのか?と心配になる。
そんな、最高級シャインマスカットのお味はと言うと・・
これが、甘さはやさしくて、香りが繊細かつ高貴な芳香。
一粒食べただけでは、ちょっとインパクトが弱い。
だけど、それがこれだけのボリュームになると、タルトの甘さにも負けない、段違いの美味しさを見せるんですねー。
素晴らしいです。


最後に、これはフルーツではない、ブルボンバニラのタルトを。
f:id:nyaofunhouse:20180829124018j:plain
これ、冷蔵庫に入れてたんだけど、バニラビーンズのさやが、生クリームの上から沈んでしまい・・
しかもこれ、バニラビーンズのさやではなくチョコでした。前にもあったなそんなこと。
で、どんなだろと思って食べてみたのですが、
おお!
圧倒的なバニラ感。
それはまるで、高級アイスが冷蔵状態で食べられる、みたいなバニラ感。
すごく美味しい。香りも素晴らしい。
そして、押しが強くない。
ブルボンバニラを使ったケーキって、えてしてバニラがむせかえるような強さで迫ってきて、バニラ好きは歓喜だけど、バニラそこまで好きでないと強すぎる・・と感じることもあるのではないかと。
このメゾンジブレーのブルボンバニラは、香りすごくいいんだけど、むせかえるような強さはないのです。
親しみやすいバニラの香り。
だから、パリセヴェとかのバニラちょっと強すぎ・・という方には強くおすすめ。
自分はパリセヴェバニラ最高と思いますが、こちらのブルボンバニラのタルトも、路線が違うけけどすごく美味しい。好き。

ツイッターではちょっと書いたのですが、これは前の記事にもあるかな?江森シェフ、今はフルーツとアイスの人、みたいな捉えられ方をしている風ではありますが、ベルグの4月時代は存じ上げないのですが、青山グラッシェル時代は、1階にケーキのショーケースを置いて、季節のケーキを色々取り揃えていたんですよね。タルトタタンも、ガレット・デ・ロワも、グラッシェルのはすごく美味しくて。
だから、メゾンジブレーのケーキ、フルーツタルト最高だけど、それ以外のケーキもいっぱい食べたいなーと思っていて。
今回はフランフランというケーキがありました。買わなかったのですが、機会があれば、レモンタルトなんかとともに買っておきたいですね。
中央林間のお店では、もっといろんなケーキ売ってるんだろうから、やっぱり行かないとダメですね。夏のフルーツタルトは堪能したので、もう少し寒くなってから訪問しようかな。



2018/9/1追記:
本来なら毎年9/1はラ・プレシューズのモンブラン!なのですが、今年はアトレ四谷のお店がリニューアル中!ということもあり、今日もまたメゾンジブレー@マパテ行ってきました。

今回は午後便を狙い、3時頃に到着したのですが、まだ午後便来ておらず。
じゃあ、ということで、先にちょっと催事場の京都展を見てきました。
京都展、いろんな食べ物のお店出てましたが、本格的な和菓子の店が皆無。みたらし団子の実演は美味しそうだったけど、「門外不出の和菓子が初出店!」とかだったらテンション上がったんですけどね・・
とりあえずかき氷食べて、また下に戻りました。
そしたら、午後便到着直後だったらしく、長蛇の列が!
みんな、どっから湧いてきたんだ?
でまあ、行列並んで、ケーキ選んで、会計して、で30分以上かかりましたよ。
いつもあさイチでサクッと済ませているので、長かったなーという印象。


さてさて、今日買ってきたのは・・
まずは、ピーチメルバ!
f:id:nyaofunhouse:20180901164759j:plain
桃がいっぱい!
スプーンですくうと・・
f:id:nyaofunhouse:20180901165109j:plain
このピーチメルバ、桃山盛りでサービスは相変わらず素晴らしい。
桃自体はちょっと固めで、旬の終わりを感じさせるものでしたが、ラズベリーソースやブラマンジェなどがいい具合に作られていて、全体としての美味しさはなんとか生み出していたかな、という感じ。

次に、バイオレットキングのタルト。
f:id:nyaofunhouse:20180901165536j:plain
今回の催事では、ぶどうのタルトがシャインマスカット、クインニーナ、と、このバイオレットキングで3種類。
このバイオレットキングは、やっぱりすごく美味しくて、適度な甘さと酸味、あと、皮の軽い渋みが特徴的ですね。水気もたっぷり。
今回食べたぶどうのタルト、どれも甲乙つけがたいですが、個人的にはこのバイオレットキングがいちばん好きかも。オーソドックスなぶどうの美味しさがある。


そして、これも情報を得て買いたかったドラゴンフルーツのタルト。
f:id:nyaofunhouse:20180901170317j:plain
ドラゴンフルーツ、去年台湾でもいっぱい買って食べたりしましたが、こうして単独でタルトとして食べるのは初めて。
ドラゴンフルーツって、独特の香りはあるけど、そこまでクセがあるわけではないし、見かけによらず甘さも含めて繊細な味わいなんですよね。
このタルトは、そんなドラゴンフルーツの美味しさを、丁寧にタルトにまとめあげていて、すごく美味しい。
見た目のインパクトと、味の優しさのギャップ萌えですね。


さて、最後は、これ食べたかった瀬戸内レモンタルト。
f:id:nyaofunhouse:20180901171755j:plain
期待して食べてみましたが・・
酸っぱ!うま!
酸っぱうまですねこれ!
レモンクリームは、酸味かなりキツくて、そして、香りがすごくいい。
これは、レモンの皮の香りプラス、果汁そのものの香りもすごく感じられて、柑橘!という感じです。
それに対してのふわふわメレンゲも、甘さ・量ともにベストなバランス。
このレモン感の強さは、普通のレモンタルトよりずっと強く感じられて、さすが!という印象でした。