Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)

いつの間にやらKindle化されたみたいです。
紙の本は絶対イヤ!でスルーしてた人はできればよろしく。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


酷暑!汗と桃とかき氷にまみれた2日間!

今日は大暑らしいですね。
そして、都内では観測史上初の40度超え、埼玉ではこれも観測史上最高気温を記録・・と、
比喩でなく殺人的な暑さ。

でも、この暑さで大変なことになっている人もいるかと思いますが、
個人的には冬の厳寒よりは夏の酷暑のほうがまだまし、なんですよね。

あと自分、めっちゃ汗かきなので、
春の陽気でもじんわりと汗かくぐらいなのに、
この暑さでは、外出なんかしたらもうTシャツもビチョビチョ。
汗自体はびっちょりだし気持ち悪いんだけど、
真夏に汗をかきながらお出かけするのは、けっこう気持ちいい。
あ、もちろん、常に飲み物は携帯してますよ。

それで、昨日は、友人に誘われて、高円寺と野方の間、中野区大和町の盆踊りに行ってきました。
ここの盆踊り、一見住宅街の中の神社の盆踊り・・と見せかけておいて、普通の町内の盆踊りと違って、かなりカオスな空間になっているらしい。
一部では有名みたいですね。
daibon.jp
それをまあ、見に行こうかという。

待ち合わせは16時にトリアノン、ということにしていたのですが、
その待ち合わせ時間の前に、久々にラブリコチエ行って、夏のケーキ食べておこうかと。
そんなわけで、少し早めに高円寺に到着。
ラブリコチエへ向かいます。
f:id:nyaofunhouse:20180722152657j:plain

ラブリコチエ、もしかして桃のケーキがあったら最高なんだけど・・と思ったのですが、
残念ながらそれはなく。
でも、そのかわり、涼し気なヴェリーヌがいくつか。
あと、食べてないケーキもいくつかあったので、
それらの中から、あとのことも考えて3個をチョイス。
紅茶と一緒にいただくことに。
f:id:nyaofunhouse:20180722153652j:plain


まずは、メロンのパンナコッタ。
f:id:nyaofunhouse:20180722153723j:plain
スプーンですくってみます。
f:id:nyaofunhouse:20180722153805j:plain
このヴェリーヌは、シンプルに、メロンの果肉、メロンのジュレ、バニラの効かせたパンナコッタという構成。
完熟メロンの甘さ、ジュレはさっぱりと、パンナコッタもそれほど重くなく、ごく軽いヴェリーヌになってます。

次に、トマトとマスカルポーネを。
f:id:nyaofunhouse:20180722154036j:plain
これ、注文してはみたものの、正直大丈夫か?という気持ちも。
おそれつつスプーンですくってみます。
f:id:nyaofunhouse:20180722154202j:plain
ごく小さなプチトマトが出てきました。
で、口に運んでみたのですが、
おー!ちゃんとスイーツになってる!
トマトのジュレは、ほぼ液体ソースのようななめらかさ。
トマト独特のエグみはほとんど感じられず、フルーティ。
甘さもかなり控えめ。
マスカルポーネも、まろやかな味わいではあるけれど、甘さは控えめで、こってりはしていないので、
全体として、これもやはりさっぱりと食べられる、清涼感のあるヴェリーヌになってます。
先入観なしに食べてみると、美味しさがわかるはず。


そして、シェリー。これも自分にとっては初めてのケーキかな。
f:id:nyaofunhouse:20180722154541j:plain
可愛いですねー。
フォークで切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20180722154632j:plain
このケーキは、全体をいちごのムースが占めていて、その中にレモンのコンフィがアクセントとして入ってる。
いちごの部分は、酸味の少ない、やわらかな甘さと香りが。食感もごくやわらかい。
そこにレモンのキュンとした酸味と香りが加わって、ラブリコチエらしい、やわらかな様相なんだけど芯はしっかりしている、そんな美味しさです。

今回、久しぶりにラブリコチエのケーキ食べましたし、そもそもラブリコチエで夏のケーキは意外と食べてない気がしますが、選んだヴェリーヌやケーキ、さっぱりとしていて、軽やかで、でも一本芯の通った美味しさで。
時間的にギリギリだったのですが、寄ってよかったです。


ちなみに、ラブリコチエも、住所は東京都中野区大和町。
これから行くのも大和町。
なんだけど、両者の距離はめっちゃ離れてる。
中野区大和町、すごく広いんですよ。
その大和町の八幡神社に、友人と合流して到着。
盆踊りに参加しました。

確かに、ここの盆踊り、すごく変わってて、
普通の盆踊りもやるんだけど、その間に
・謎のアイドルによる振付つき「YMCA」
とか、
・有名民謡DJによる、全国のアゲアゲ民謡・音頭のDJプレイ
とかが唐突に挟まってる。

そして、参加者も、近所から来たと思しき家族連れもいるんだけど、
見た瞬間、あ、この人高円寺住民だ、とわかる、独特の風体の人がいっぱい。
まさにカオスでしたねー。
面白かった。

で、ある程度盆踊り見てから、そのまま野方まで歩いて、チープグルメクラスタには有名という焼き鳥屋で焼き鳥とビールしこたま食べ飲んで、そこからまた高円寺に歩いて戻ってきて。
いやー、かなり歩きました。
そして、締めは高円寺駅直上のデニーズへ。

最近、デニーズが、フルーツデザートで攻め続けているのはご存知かと。
常軌を逸した数のいちごを載せたパフェとか、山盛りメロンのパフェとか、突き刺さるマンゴーのパフェとか。
店舗限定で展開しているんですね。
それで、そのシリーズが、今は桃で、店舗限定で、国産桃をまるごと1個使ったかき氷が食べられるという。
f:id:nyaofunhouse:20180722204829j:plain
これ食べたかったんですよ!
ということで、友人に無理を言って、デニーズへ来た次第。
こちらが、その「贅沢!まるごと桃氷」です!
f:id:nyaofunhouse:20180722210416j:plain
桃いっぱい!嬉しい!
そして、食べてみたのですが、桃かなり美味しい!
正直ファミレスだから桃のクオリティはあんまり期待してなかったのですが、これは相当に美味しいんじゃない?
桃をむにむにと食べて、氷をしゃくしゃくと食べて、あっという間に完食。
ふー、満足・・・
・・と思ったのですが、なぜか追加オーダー。
f:id:nyaofunhouse:20180722212954j:plain
いちごのかき氷も食べて、追いかき氷ですよ。
これで確かな満足でしたねー。


とまあ、昨日はそんな感じだったのですが、
今日は今日とて、新宿へ。
新宿といっても、今日はまず新宿高島屋に行きました。
開店前に到着して、開店と同時にエレベーターへ。
目的地はこちら。
f:id:nyaofunhouse:20180723102950j:plain
このサマーフーズフェスタ、なかなか見逃せないラインナップで、
食事もスイーツも、かなり充実している。
その中から、まず突撃したのがこちら。
f:id:nyaofunhouse:20180723100305j:plain
廚 菓子 くろぎ のかき氷。
廚菓子くろぎ自体は行きたいと思いつつまだ未訪問なのですが、今回のイベントでオリジナルのかき氷食べられるなら、食べたい!と思って。
開店と同時だっただけに、ほぼ並ばずに席に座ることができました。

かき氷は、きなこのかき氷か、黒ごまとあんこのかき氷か、2種類あったのですが、
自分はきなこにしました。

こちらが、廚菓子くろぎの黒みつきなこのかき氷です!
f:id:nyaofunhouse:20180723101412j:plain
かなりでかい!
さっそく食べてみましたが、なるほど和風の美味しさ。
きなこは香ばしいけど粉っぽさはそんななくて、氷になじんでる。
そして、表面に散らされたくるみが塩気があって、甘じょっぱい。
中にも黒蜜とあんこが。
f:id:nyaofunhouse:20180723101456j:plain
上品なかき氷で、美味しかったです。


でも!
今回高島屋に来た理由は、かき氷もありましたが、本当はメゾンジブレー!
このイベント、メゾンジブレーがケーキとジェラートを引っさげてやってくる、という情報を聞きつけて。
首都圏のパティスリーで、フルーツ使いが素晴らしいお店といえば、やっぱりメゾンジブレーははずせないですよね。
自分、桃のタルト食べに中央林間行かないとなー、と思っていたら、まさかの新宿出店ですよ。
これは絶対ものにしなければ!
と意気込んで、それで高島屋にやってきた次第。

メゾンジブレーのブースに設置されていたショーケース、下段がタルト類、上段がヴェリーヌ類。
どれもフルーツが美しい!
どれを買おうか、かなり悩んだのですが、結局、並んでいたタルト4種類を全種類購入。
だって選べなかったんだもん・・

もちろんジェラートも食べましたよ!
これはテイクアウトで、近くにあるテーブルで食べました。
f:id:nyaofunhouse:20180723102535j:plain
左がパッション+いちご、右がクラウンメロン。
どちらも、フルーツの香りがすごくいい。いちごは味わい濃厚、メロンはややさっぱり、美味しかったです。

とりあえず高島屋で目的を済ませて、そこから地下1階に降りて、副都心線への地下通路をテクテク。
地下通路伝いに伊勢丹へ。

伊勢丹マパテ、前の記事にも書いたとおり、今週はルグルニエアパンです。
ルグルニエアパン、先日恵比寿店のケーキを食べたばっかりだったのですが、マパテ限定のパヴロヴァやっぱり食べたくて。
なんだかんだで買ってしまいました。


そんなわけで、家に帰ってきて、ケーキをしばし冷やしてから、いざ食べます!
まずは、メゾンジブレーの見目麗しいフルーツタルトの数々!
f:id:nyaofunhouse:20180723143647j:plain
どーだ!


それでは、一つづつ食べていきますよー。
最初に、やっぱり桃!
桃武屋 白桃のタルトです。
f:id:nyaofunhouse:20180723143855j:plain
これ、桃のカットでかすぎるだろ・・・
写真撮影中も、何度も地すべり起こして、撮影大変でしたが・・・
なんとか写して、食べてみましたが・・
なにこれ!すっっっごく桃が!美味しすぎる!
この桃やべー!
甘さと、香りが、尋常じゃない。別次元。
今年かなりたくさん桃食べましたが、暫定一位ですね。
この甘さと香りのあふれる桃に対して、タルト生地もさっくりとしていて、甘さもしっかり。クレームダマンドも、重すぎないけれど、フルーツのみずみずしさをしっかり受け止める美味しいダマンド。
これは至福だわ・・

次に、銀龍苺のタルト。
f:id:nyaofunhouse:20180723144938j:plain
銀龍苺というのは、調べてみたところ、北海道のブランドいちごらしい。
でも、こんな時期まで美味しいいちごあるのかなー?と思いつつ食べてみたのですが、
このいちご、酸味は適度な甘酸っぱさ、だけど、香りが素晴らしいですね。
口に入れると、まずいちごの強い香りが来て、その後に甘酸っぱさが追いかけてくる。
夏でも味がぼやけるというようなことはない、美味しいいちごタルトでした。


その次は、ゴールドバレルパインのタルト。
f:id:nyaofunhouse:20180723150206j:plain
なんかもう、すごいことになってますが。
このパイナップル、びっくりするほど甘い!そして、パイナップル独特の、ピリピリするような酸味がまったくない。
これはすごいなー。驚きです。
個人的には、パイナップルは、酸味がしっかりあってもいいのかな?と思うのですが、あの独特の突き刺すような酸味が苦手な人は、ぜひ味わっていただきたく!


最後に、プレミアムマンゴーのタルト。
f:id:nyaofunhouse:20180723151726j:plain
このタルトは、値段にちょっとビビったのですが、江森シェフを信じて買ってみました。
食べてみると、ぬめっと滑らかな食感、水分多めのみずみずしさ、高貴な芳香、確かに素晴らしいですが、でもちょっと高いかな。自分は、高級マンゴーは値段と味が比例していないな、と感じる部分があるので、グレードがもう1つ2つ下でも十分満足できるかなーと。

そんなわけで、メゾンジブレーのタルト、どれもフルーツ最高、タルト生地も美味しかったですが、
やっぱり桃がダントツでしたね。


しばし休憩の後、今度はルグルニエアパンのケーキ。
まずは、これが食べたかったパヴロヴァライチ。
f:id:nyaofunhouse:20180723185534j:plain
断面はこんな。
f:id:nyaofunhouse:20180723185728j:plain
これは、さくっとしたメレンゲの上に、こんもりライチ風味の生クリーム。中央に生のライチが。
メレンゲも甘さそこまで強くなく、ライチの独特の香りがかなりエキゾチックに香ります。
パヴロヴァは普通はシンプルで素朴なケーキですが、これは、繊細かつ攻めた味になってます。
風変わりなパヴロヴァとして面白い。

そして、これも今回のマパテ限定、エクレールカフェプラリネ。
f:id:nyaofunhouse:20180723190221j:plain
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20180723190313j:plain
このエクレアは、シュー生地がかなりがっしりしていて、力強くて美味しい。
甘いフォンダンはコーヒー風味、中のクリームはコーヒーのほろ苦さとヘーゼルナッツの香ばしさが一体化したもの。
食感・味ともに強いインパクトのあるエクレアです。すごくいい。


あと、タルトも色々売ってましたが、購入したのはタルトミラベル。
f:id:nyaofunhouse:20180723195028j:plain
このタルト、タルト生地とクレームダマンドがすっごく美味しい。香ばしくてサクサクで、アーモンドの香りが強くて。
ミラベルはほんのりとした甘酸っぱさ、そして、表面のナパージュもミラベルなのかな?ちょっとわかりませんが、素朴で美味しいタルトです。


最後に、ショーソンオポムを。
f:id:nyaofunhouse:20180723195256j:plain
表面がピカピカに光ってます!
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20180723195346j:plain
このショーソンオポム、パイ生地がさっくさくで素晴らしく美味しい。
中のりんごは、シナモン風味で、甘くてスパイシー。
その甘さとパイの塩気が合わさって、とても美味しいです。



・・・ということで、この2日間のアマイタマシイ、桃だかき氷だで大騒ぎでした。
毎日暑いですが、できるだけ元気に冷たくて甘い物を求めていきたいですね!