Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)

いつの間にやらKindle化されたみたいです。
紙の本は絶対イヤ!でスルーしてた人はできればよろしく。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


白金高輪「ガスタ GAZTA」のバスクチーズケーキを食べてみたよ!

先日梅雨があけた!と言うことで、マジか!となったのですが、
梅雨があけた途端、大雨の毎日!
特に九州~関西の方は甚大な被害が出ているみたいで、心配です。
これ以上被害がひろがりませんように。

こちら関東でも、まだそこまでひどい雨ではないものの、
降ったりやんだり。
そんな中、白金高輪に行ってきました。

それというのも、白金高輪、最近になって立て続けに新しいパティスリーができていて。

1店は、先月オープン、「リーブル Lible」というお店。
このお店、なんでもパリの三ツ星レストランのスーシェフが帰国して作ったパティスリーで、
昼はパティスリー、夜はレストランになるのだとか。
うーん、どうなんだろ、こういうの。
でも、やっぱりチェックしておきたい。

そしてもう1店は、7/5オープンの「ガスタ GAZTA」というお店。
このお店、なんでも同じ白金高輪にあるバスク地方のケーキを得意とするパティスリー「メゾンダーニ」の新業態店みたいで、バスク地方のチーズケーキの専門店とのこと。
これも気になる気になる。

ということで、雨のしのつく中、白金高輪に行ってきました。
f:id:nyaofunhouse:20180706113858j:plain

駅について、まずはリーブルへ。
お店、駅から2分ぐらいのところにありました。
f:id:nyaofunhouse:20180706114815j:plain
さて、店内に入ろうとすると、中からスタッフさんが。
「すみません、今日パティスリーはお休みなんですよー」
ありゃ。
「昨日大きなガラパーティがあって、その片付けがあるのでお休みなんです」
ありゃりゃ。臨時休業。
通常は無休らしいのですが、この日に限ってお休みとは。
残念残念。
また今度。

そして、次に向かったのはガスタ。
ガスタの場所は、パッションドゥローズの旧店舗(今はエッグタルト専門店になってました)と現店舗の中間地点。
こんなファサードでした。
f:id:nyaofunhouse:20180706115512j:plain
お店、まだオープン2日めだというのに、もうすでに多くの人が訪れていて。
店内広くないのでごったがえしていました。

売っているのは、バスクチーズケーキのみ。
小さな8cmと、ホールサイズ15cmの2種類のみ。小さいのは1個700円、大きいのは1ホール4000円。
とりあえず小さいのを2つ買いました。

そして、リーブルにフラレてしまったこともあったので、そのままメゾンダーニへ。
f:id:nyaofunhouse:20180706115604j:plain
メゾンダーニ、相変わらず美味しそうなケーキがいっぱい。
その中から、夏らしいケーキを中心にいくつか購入。
帰ってきました。

帰ってきて、まずはメゾンダーニのケーキから食べるでしょう。
最初に、夏全開のヴェリーヌ、ヴェリーヌ・ドゥ・ラ・マングーを。
f:id:nyaofunhouse:20180706144355j:plain
美しいですねー。
上に載ったホワイトチョコをどけてみると・・
f:id:nyaofunhouse:20180706144837j:plain
宮崎マンゴーがごろごろと。
スプーンですくって食べてみました。
おー!とろとろだ。
マンゴーの果肉いっぱいのマンゴーソースは、マンゴーの香りがすごく良いです。
とろとろ。
そして、下のパンナコッタも、バニラが効いていて、トロットロ。
これはヴェリーヌならではのたのしみですね。
トップのホワイトチョコを割り入れて食べると、やわやわあまあまで、身も心もとろける。
すごく美味しくて気持ちいいヴェリーヌです。


次に、カシスシトロンを。
f:id:nyaofunhouse:20180706145425j:plain
フォルムがかっこいいですね。
このケーキは、名前の通りカシスのムース、レモン風味のサブレ。
そして中間にはあんずのコンポート入りホワイトチョコムース。
食べてみると、カシスの甘酸っぱさがドンと入ってくる。
カシス分かなり濃いです。
レモンはかなり弱め。
ホワイトチョコはやさしい甘さで、むしろあんずのコンポートやトップの刻みピスタチオがいい仕事している。
さっぱりとしながらもカシスの美味しさをたっぷり楽しめるケーキです。


次に、ネムというケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20180706150323j:plain
見る限りはオレンジ全開のケーキに見えますよね。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20180706150630j:plain
この一見オレンジのケーキ、実はコーヒーとオレンジを組み合わせたケーキ。
コーヒーと柑橘という組み合わせは、前例がないこともないのですが、かなり難しい組み合わせだと思うのですが・・
と思いつつ食べてみました。
おー・・これは。
なかなかに玄妙な味。
確かにコーヒーとオレンジの味がします。
そして、一緒に食べてみると、なんだろうね、この味・・・うーん、一番最初に頭に浮かんだのは、
中華料理のネギ炒め。胡椒風味。
なぜかそんな香りになってました。
かなり面白い。
美味しいか?といわれると、どうなんだろう?


そして、イエナというケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20180706152158j:plain
これもスタイリッシュなフォルムですね。
表面がチョコで覆われているので、切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20180706152354j:plain
このケーキは、ミルクチョコのムース、マスカルポーネ、チョコスポンジという構成。
食べてみると、見かけのスタイリッシュさに対して、かなり親しみやすい味。
チョコの風味もマイルド、マスカルポーネはさらにマイルド。
輪郭のやわらかな甘さ。
食べやすくて美味しいです。
中に入っている刻みアーモンドと、トップのヘーゼルナッツのキャラメリゼがアクセント。


メゾンダーニのケーキ、最後はベルヴュー。
f:id:nyaofunhouse:20180706161557j:plain
これはチョコ尽くしのケーキ。
下はチョコブラウニー、その上がトンカ豆入りチョコガナッシュ、その上がアーモンド風味のチョコブラマンジェ。
ですが、側面を見るとわかるように、チョコブラウニーの部分がかなり厚い。そしてかなり固い。そしてかなり重い。
その上のガナッシュも甘くて重い。
ということもあり、全体としてかなり重い、重量感のあるチョコケーキになっています。
特筆すべきは、アーモンドとトンカ豆の香り。これがすごくいい。
トンカ豆については、最近よく使っているケーキありますが、中には安易に使っていて失敗しているかもというケースも少なくない。
でも、このトンカ豆使いは、すごく良いです。最高の香らせ方。素晴らしい。


ということで、メゾンダーニのケーキ、色々食べました。
やっぱりレベル高い!どれもすごく美味しかったです。


そして、しばらく休憩の後、いよいよガスタのバスクチーズケーキいきますよ!

箱から取り出してみました。
f:id:nyaofunhouse:20180706180611j:plain
おー、焦げがついてて、ちょっとスフレっぽい見かけで、期待できそう。
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20180706180941j:plain
これ、切ってみてびっくり。
ツルンとした断面なのです。
もっと気泡とか入ってるかと思ったのですが。

で、食べてみたのですが、
!!!!!
これは!
食べたことのない、新食感。
これ、確かにチーズケーキなんだけど、チーズの香りはすごくするんだけど、食感はぷるんとしていて、まるでやわらかめのプリンのよう。
チーズの香りと、カスタードっぽい甘さと、表面の焦げの香ばしさと。
すごく美味しいです。
どちらかというと、かなり日本人好みの味。
チーズケーキにしてはとてものどごしがいいし、ぷるんとして官能的な食感だし。
これは人気出るかもなー・・・


このバスクチーズケーキの詳細は、ガスタのサイト
gazta.jp
こちらを見てください。


しかし、白金高輪の駅そばの界隈、
これでパッションドゥローズ、メゾンダーニに加えてリーブルとガスタですか。
大変なことになってきました。
買いまわりには最高ですが、生き残りが大変そうだなーと。