Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)

いつの間にやらKindle化されたみたいです。
紙の本は絶対イヤ!でスルーしてた人はできればよろしく。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


今年2回目のブロンディール@マパテは渋めのセレクトで!

今日からスタート、今週の新宿伊勢丹マ・パティスリーはまたもやブロンディール!
ブロンディール、今年の2月にも来てて、でもきっと大人気だったんでしょうね。またもや来ましたよ。
もちろん行ってきましたよ!

今回は、ショーケースを見る限り、生ケーキはほぼ全部食べたことのあるものでした。
あ、でも、レーズンバターサンドは買ってなかったかも。
あとは、パン類が充実してて、リエットも売ってた。
それから、だいたいアントルメには見栄えのいいいちごのケーキとか持ってくるのが普通だと思うのですが、今回アントルメとして持ってきてたのが、ピティビエグラッセが2台に真っ黒なトゥルトーフロマージュが3台。
渋い、渋すぎる・・
トゥルトーフロマージュに勝算を見出した藤原シェフの考え、ちょっとすごいなーと思い、敬意を払って1台購入。
そんなわけで、今回の戦利品はこんな感じ。
f:id:nyaofunhouse:20180620113654j:plain
生ケーキはないけど、いっぱい買いました!

まずは、タルトミラベルから。
f:id:nyaofunhouse:20180620113806j:plain
このタルト、ごくごく薄いタルトフィン。
でも、サクサクのタルト生地も、クレームダマンドも、これだけ薄いのに味は濃い!
そこにミラベルのジューシーな果実が加わって極上の美味しさ。
ミラベル、酸味はほぼないのですが、香りが独特で、水気も多くて美味しい。
今日は果物タルトはこれだけだったのですが、さすがの美味しさでした。


さてさて、次にいきますのは、今回の目玉、トゥルトーフロマージュ。ヤギのチーズを使ったケーキです。
f:id:nyaofunhouse:20180620114314j:plain
これについては、最初に目にしたのはオーボンヴュータンの店頭で、お店入ってすぐの特等席にこの黒いのがドン!と置いてあって、値段もちょっと高めで、なんかすごいなー・・と思って興味はあったのですが、その後ブロンディールでも売っているのを確認していて、でもなかなか思い切りよく買えなかったのですが、ついに買いましたよ!どんな味なのか、興味津々。
おそるおそる切ってみます・・
f:id:nyaofunhouse:20180620115146j:plain
ザクッという音とともに現れたのは、クリーム色のきめの細かいスポンジ生地。
そして、下にはプラムも埋め込まれています。
生地の拡大。
f:id:nyaofunhouse:20180620115219j:plain
自分、外見から生地はチーズのねとっとした粘り気のある生地を想像してたのですが、全然違った。
では、と、食べてみました。
おー!!!
こ、これは・・
想像してたのと全く違った。
きめ細かなスポンジ生地はしっとりふわふわと柔らかい。
チーズくささは全くと言っていいほどないです。
言ってみれば、ミルクをたっぷり使ったやわらかスポンジ、だけど風味がすごく濃厚。
そんな感じ。
すっごく食べやすくて、おだやかな味わいです。
表面の真っ黒は、確かに焦げ感があるんだけど、嫌な焦げ臭さではなく、カリッとした適度な食感のアクセントになってる。
いやー、これは、美味しいです。すごく美味しい。
そして、見かけに反して、めっちゃ素直な味。甘さも控えめで、繊細と言ってもいいかも。
これはやられましたね。
ぜひ一度、実際に味わっていただきたく。


次に、小菓子をいただきます。
今回はこれらを買いました。
f:id:nyaofunhouse:20180620120947j:plain
どれも可愛いですよね!
まず、ビスキュイロゼドランスを。
f:id:nyaofunhouse:20180620135250j:plain
ピンクで可愛いこれは、基本ビスキュイ・ア・ラ・キュイエールとほぼ同じ。
サクサクっとしていて、口溶けが良くて、甘い、まあ駄菓子ですよね。
気取りのない、シンプルな美味しさです。

そして、マカロンナンシー。
f:id:nyaofunhouse:20180620135513j:plain
古典的なマカロン、これは食感はややネチッとしていて、アーモンドの杏仁の香りがふわっと。
食感、香りとも、ちょっと官能的な、駄菓子だけど記憶に残る味。

そしてそして、ブロンディールは初めてかも?のマドレーヌ。
f:id:nyaofunhouse:20180620135750j:plain
かなり焼き色濃いです。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20180620135826j:plain
!このマドレーヌ、普通のマドレーヌとだいぶ違う!
焼き色の濃さを反映した、かなりしっかりした味の強さ。
焼き上げた香ばしさはちょっと人形焼みたいな感じなんだけど、そこにバターの油脂分とアーモンドの香りが加わって、すごく重いマドレーヌになっています。
これまで食べてきた、卵感が強めで軽めに焼かれたマドレーヌとは全く違う。
なるほど、藤原シェフが作るとマドレーヌもこうなるのか・・個性的かつ美味です。

そしてそしてそして、パンデピスも。
f:id:nyaofunhouse:20180620140253j:plain
これ、小袋から出した時点でスパイスの香りがふわっと漂うぐらい、スパイスがたっぷり使われている。
そして、特筆すべきは独特の生地。
ごく軽く、でも、めちゃくちゃ水分の多い生地。
しとしと、ふわふわ。
すごく繊細な生地です。
自分の経験からだと、パンデピスは、パウンドケーキ的な、どっしりと重い生地が思い浮かぶのですが、これは全く正反対。簡単に崩れそうな、はかない生地。
これも個性的すぎる。味はもちろん最高です。


さて、残るはパン類だけになったのですが、パン類については、リベイクの案内の紙が入ってて。
f:id:nyaofunhouse:20180620113610j:plain
自分基本あんまりリベイクはしないのですが、今回は焼いてみるか!と。
そして、せっかくリベイクするなら・・と、
ワインを買ってきました!
f:id:nyaofunhouse:20180620174914j:plain
近所のスーパーで安定のコノスルを。
これを飲みながら、ホカホカパンを食べるぞー。

まずは、タルトフランベ。
f:id:nyaofunhouse:20180620175429j:plain
これ、焼き直すと、チーズの油分がじゅわっと滲み出て、玉ねぎの甘さがすごく良くて、もうワインと最高のマリアージュ!たまらん!

次に、クロワッサンフロマージュを。
同じく焼いてみました。
f:id:nyaofunhouse:20180620180223j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20180620180257j:plain
これも、ワインと相性最高!
中にはさまれたクリームチーズが温められてトロっとしていて、ベーコンの塩気が加わって、クロワッサン生地はサクサクとはいかないものの、リベイクでバターの香りが強くなって、やっぱり美味しい。
ワインすすむすすむ・・

最後、ショーソンポンム。
f:id:nyaofunhouse:20180620181703j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20180620181743j:plain
これもリベイクすることでバターの香りが引き立つし、そこにより甘さを増したりんごが加わって、極上。
ふんごいおいひい。


そんなわけで、今回は生ケーキを買わずに、それ以外でもたっぷり堪能したブロンディールでした。
機会があればもう一回行って、今度はケーキ類を色々買いたいかなー。