Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)

いつの間にやらKindle化されたみたいです。
紙の本は絶対イヤ!でスルーしてた人はできればよろしく。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


アヴランシュ・ゲネー、本店行く前にマパテに来たので行ってきた!

先日記事やコメント欄にも書きましたが、近々行きたいお店として、アヴランシュ・ゲネーは絶対!と思ってました。
家からもそんなに遠くないし。
ゲネーでは、去年の後半ぐらいから、かなり大胆なフォルムのケーキをいくつか販売していて、食べたいと思ってたんですよねー。
巨大なラズベリーの形のケーキとか。
本物そっくりのりんごの形のケーキとか。
そういうギミック、好きですよ。心躍るフォルムもケーキの楽しさの一つの要素。
そして、今年もイートインでマンゴーかき氷はじめた、とのことで、これは行かねば!と。
そしたら、今週の新宿伊勢丹マ・パティスリーにゲネー来るとのこと。
あらら。

自分としては本店に行きたかったので、今回の催事はスルーかも・・とも思ったのですが、伊勢丹限定のケーキもある!と聞くと行かざるを得ないのが性。
行ってきました。

いつものように開店10前にマパテそばの入り口にたどりつくと、なんと、エシレシャレットの長蛇の列が!
いやー、初日はそこまで人多くなかったんですが。
エシレ、ミルフィユは開店前の行列の時点で完売。
うわー・・・

そんな狂乱を横目に、ゲネーのケーキ、以前から気になっていたケーキを中心に購入。
今回の伊勢丹限定のケーキも買いましたよ!
こんな感じです。
f:id:nyaofunhouse:20180524113927j:plain


アヴランシュ・ゲネーのケーキ、まずはムラシャンから。ムラングシャンティフリュイルージュです。
f:id:nyaofunhouse:20180524114245j:plain
このムラシャン、いちごと、旬のアメリカンチェリーが載ってて可愛いの!
サクッと切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20180524114559j:plain
このムラングシャンティですが、メレンゲは気泡が大きく、軽めのカルメ焼きのよう。ココナッツも入っていて、その繊維が少し残ったりもします。
生クリームは、練乳のようなミルキーなふんわりとした甘さで、メレンゲにすごく合ってる。
そこにベリーのソースがとろり。これはそこまでたっぷりではないので、軽いアクセントですね。
甘くて幸せになるムラシャンでした。


次に、プティミニョンを。
f:id:nyaofunhouse:20180524115116j:plain
このケーキは、桃とグレープフルーツの組み合わせ。
これがすごく美味しい!
桃の繊細な風味が生きたムースに、グレープフルーツは苦味や酸味が適度に抑えられていて、桃の風味に寄り添う形に。とても微妙な関係性。
食感も、ふわふわと軽いムースが主体の、ごく軽く繊細な夏のムース、というイメージ。
美味しいです。


次は、伊勢丹限定のケーキ、ココアグリウムです。
f:id:nyaofunhouse:20180524115915j:plain
スポイト刺さってる!でもスポイトの中身聞きそびれた!
とりあえず切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20180524120218j:plain
このケーキは、ココナッツのムースにライチのジュレ、グレープフルーツの果肉。
ここではココナッツの甘さとトロピカルな風味に対してグレープフルーツが果肉も含めて苦味・酸味が強めに出ている。
なので、ライチがちょっと消えているかなー?という印象はありました。
スポイトの中身は、数滴なめてみましたが、グレープフルーツの果汁?のような酸味と、アニス?のような香りが。お酒は入ってないっぽかったです。


さて、これは前々から食べてみたかったエピスフランボワーズです!
f:id:nyaofunhouse:20180524120836j:plain
これ!インパクトスゴイですよね。
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20180524121114j:plain
このケーキは、見ての通りラズベリーが主役。
表面はラズベリーの甘酸っぱいジュレ、でも、中はこってりしたピスタチオのムースリーヌとスパイスを効かせたチョコガナッシュ。
このスパイスチョコが曲者で、さっぱりしているように見えるラズベリーのケーキに、独特の個性を与えている。ちょっとエスニックな風味すら感じるんですよね。
さっぱり&こってり&スパイシー。
すごく面白い。
確かにクセがあるので、苦手な人がいてもおかしくないと思いますが、ハマれば癖になる美味しさ。


そして、最後、スヴニール・ド・ノルマンディーを。
f:id:nyaofunhouse:20180524121729j:plain
これ、青りんごの再現率すごいよね!
切ってみますよー
f:id:nyaofunhouse:20180524122009j:plain
このケーキについては、事前情報として、見かけは完全にりんごだけど、味はそこまでりんごじゃない、というのを聞いていて。
でも、食べてみると、確かにりんご100%!という感じではないものの、青りんごのムースとソテーで、りんごらしさはしっかり味わえるかなと。
そこに、アニスが加わり、青りんごの独特の香気、青臭さに合っていると思う。
形先行のケーキではあるけれど、しっかり美味しく作ってあるのはさすが。


・・・そんなわけで、今日はゲネーのラズベリーと青りんご食べられて、よかった!
ゲネーはインスタ情報更新していて、今は小夏のタルトなんかがイチオシだとか。
やっぱり近々行くか!