Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


今週のマパテはハイアットリージェンシー×ジル・マルシャル!

新宿伊勢丹マ・パティスリー、今週はハイアットリージェンシーとジル・マルシャルのコラボケーキが販売とのこと。
ジル・マルシャルさん、日本でもスイーツ好きには知られた大物パティシエさんですよね。
先日はアルノー・ラエールの日本店に行ったし、ここのところフランス本場のパティシエづいている感じですね。
はてさて、ジル・マルシャルさんの指揮するケーキ、どんな味なんでしょう・・・


マパテのショーケースを見ると、かなり多くのケーキが並んでいました。
その中で、「JM」マークがついているのはジル・マルシャルコラボケーキ、それ以外のハイアットリージェンシー独自のケーキも並んでいました。
それらの中から、コラボケーキを中心に購入。
こんな感じでした。
f:id:nyaofunhouse:20180118115640j:plain

それでは、ハイアットリージェンシー×ジル・マルシャルコラボケーキ、いただきますよー!
まずは「ネージュアモンマルトル」から。
f:id:nyaofunhouse:20180118120221j:plain
「ネージュ=白」という名前の通り、真っ白です!
断面。
f:id:nyaofunhouse:20180118120613j:plain
このケーキは、ホワイトチョコのムースにベリーのムースを重ねたもの。
厚めかつ固めのホワイトチョコのムースは、まったりとした甘さとバニラの香りで、かなり濃厚。
それに対してベリーのムースは、ムースという形状もあって酸味はやや弱め。
なので、相当に重い作りになっています。
美味しいけど、もうちょっとメリハリがあったら良かったかも。


次に、タルトブルダルーを。
f:id:nyaofunhouse:20180118121131j:plain
アーティスティックなフォルムです!
断面。
f:id:nyaofunhouse:20180118121403j:plain
このケーキは、洋梨のタルトにピスタチオのバタークリーム。
この美しく盛られたピスタチオのクリームが、豆っぽさもすごいし、バターがかなり固めで、超濃厚。
洋梨はそれに対してさっぱりとした味わいになっているけど、ピスタチオが主張が強いのと、タルト生地も塩気があるガツンとしたもので、これも全体としてすごく重い。
それぞれのパーツはすごく良くできているので、とても美味しいのですが、1個食べるとお腹いっぱいになる、重量級の味わいです。


そんなわけでちょっとお腹がもたれてきましたが、次のケーキいきます。
オペラです。
f:id:nyaofunhouse:20180118122525j:plain
このオペラ、めっちゃ細長い!
お皿からはみ出してます。
そして、表面はグラサージュじゃなくてココアがかけられてます。
さて、この特徴的なオペラ、どんなだろう・・
と思って食べてみましたが、味はすごく正統派。
スポンジはコーヒーのシロップでしっぽりと濡れそぼり、バタークリームはしっかりと固い。
ごくオーソドックスなオペラです。
美味しい。
この細長さの必然性はよくわからなかったけど。


そして、シャルロットマロンを。
f:id:nyaofunhouse:20180118150158j:plain
これはヴェリーヌ仕立てになってるんですね。
ならば、と、スプーンですくってみます。

f:id:nyaofunhouse:20180118150427j:plain
おー。
美味しい。
このヴェリーヌは、上のトッピングを見てもわかるように、基本は栗、そしてオレンジ。あと上にはピーカンナッツが載ってるけど、中にもナッツが。
この組み合わせはなかなか独創的だと思うのですが、味はまとまりがいいですね。
マロンはラム酒の香りも少しする、濃厚なもの。
それに対して、オレンジピールのほろ苦さが加わり、さらにナッツの食感と香ばしさが追加されて、全部がブレンドされることで個性が際立つ味わいに。
味は濃厚ですが、これは栗がふんわりとした軽いムースなのと、生クリームが多めなので、そこまで重くはないです。


ヴェリーヌはもう一つ、サヴァイヨンショコラです。
f:id:nyaofunhouse:20180118151058j:plain
これもスプーンですくってみます。
f:id:nyaofunhouse:20180118151318j:plain
このヴェリーヌ、食べる前はちょっと重そうかなー?と思ったのですが、食べてみると全然そんなことはなく。
これも、メインとなるチョコのムースは濃厚なのですが口当たりが軽く、生クリームも多いので、くどさは感じない。
食感的にもチョコの焼き菓子が載っているので、ふんわりムースとの対比があって、メリハリが効いている。
ほんのりトンカ豆の香りも。
美味しいです。


今回のジル・マルシャルコラボケーキはここまで。
印象としては、個性的だけどとがりすぎず、濃厚だけど重くなりすぎず、食べごたえのあるケーキが多かったように思います。


そして最後に、これはジル・マルシャルコラボではないのですが、大好きなフォレノワールがあったので。
f:id:nyaofunhouse:20180118154532j:plain
このフォレノワール、めっちゃ美味しい!
キルシュ漬けのチェリーがこれでもかと入っているし、チョコの濃厚さとチェリーの酸味の対比もいい。
オーソドックスだけどすごく完成度の高いフォレノワールです。
もしかしたら今回食べた中でも一番好きかも。


ということで、今回のケーキ、フランスのエスプリ?を感じたかどうかは心もとないですが、
先日のラエールさんのような凄みは弱かったかな。
でも、個性は十分に感じられたので、フォルムに惹かれたらぜひチャレンジを。