Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)

いつの間にやらKindle化されたみたいです。
紙の本は絶対イヤ!でスルーしてた人はできればよろしく。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


アルノー・ラエールついに日本上陸!そのお味は・・?

※お詫び:本当はこの記事は昨日のうちに書こうと思っていたのですが、ちょっと体調不良で・・1日遅くなってしまったことをお詫びします。


アルノー・ラエールが日本にお店出す!
アルノー・ラエールといえば、日本未上陸のパティシエの中では最大級の大物ですよね。
パリセヴェイユのスペシャリテ「ムッシュアルノー」はラエール氏に捧げられたケーキ。
そんなこともあって、彼の日本出店を待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか?

自分も、もし今年パリに行くことが出来たら、絶対行こうと思っていたパティスリー。
それが日本に来るとは!
しかも、その情報をキャッチしたのがかなり最近だったので、すごく驚きました。
これはなにがなんでも馳せ参じなければ!


アルノー・ラエール東京ショップ、オープンは1月13日午前10時。
開店した場所は広尾駅から徒歩5分程度。
自分は、朝早起きして、お店に着いたのは朝の8時少し過ぎ。
f:id:nyaofunhouse:20180113081254j:plain
おー!お店ある!
感慨深いです。
この時点でお店の前に並んでいたのは4人。

そんなわけで、開店2時間前近くから並び始めたのですが、
寒い!すごく寒い!
並んでいる場所が、日陰ということもあって、真冬の寒さが身にしみる。
一応ホカロンと熱いお茶のペットボトル持ってたのですが、熱いお茶がすぐに冷え冷えお茶に。
待っていると、足がとにかく冷たくて、足先がかじかんでくる。

しばらく並んでいると、お店の方が出てきて、ホカロンを配ってくださいました。
ありがたや。
ホカロン2個でなんとか耐えしのぎ。
そうこうしているうちに、開店1時間前ぐらいに、ラエール夫妻、タクシーで店到着。
その後スタッフとラエール氏の記念撮影などあって。

行列の方は、開店30分前ぐらいまでは短かったのですが、その後ずいぶん増えて。
かなり行列長くなってきました。
そして開店。
混乱を避けるために、10人ずつ店舗に入店します。
自分も5番目として入店。
お店に入ってまず思ったのは、「狭いな!」という印象。
イートインはもちろんないし、パティスリーとしてもちょっと狭い部類。
そんな店舗の中に、生ケーキ、ケーク、焼き菓子、ボンボンショコラ、タブレットショコラなどがところ狭しと置いてある。
生ケーキは15種類程度かな、ケークが6種類ぐらい、マカロンはセット販売、ボンボンショコラも5種類程度のセット販売。
その他、クイニーアマンをはじめとした焼きっぱなし系のお菓子も。
かなり色々取り揃えてありましたね。
自分は、とりあえず一通り買おうと、あれもこれもと欲張ったらかなりの量を買うことに。
お会計をして、梱包を待っていたのですが、なにせお店が狭い、ということは作業スペースも狭い。
そんなこともあり、かなり待つことに。
結局、荷物を受け取ってお店を出たのは10時40分ごろでした。
これは、後続の人はかなり待つんじゃないかなーと思いつつ、家に帰ってきました。


さてさて、期待マックスのアルノー・ラエールのお菓子、まずはケーキ!
最初に、ポンパドールフレーズを。
f:id:nyaofunhouse:20180113120410j:plain
可愛いですね。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20180113120902j:plain
さて、初めて食べるアルノー・ラエールのケーキは・・
おー!
美味しいです、これ。
いちご自体は日本の普通に美味しいいちごですが、ピスタチオがいいですね。しっかり豆の風味を感じさせて、バタークリームですねこれ、濃厚。さっぱりとしたいちごによく合っている。組み合わせとしてはオーソドックスだけど、レベル高い。
そして、下の厚めの生地が、サブレとダックワーズの中間のような、さっくりねっちりした食感で、これがすごく美味しい。
これは相当いいですね。上々のすべりだしです。


次に、フロマージュアグリュムを。
f:id:nyaofunhouse:20180113121540j:plain
こちらは、チーズと柑橘の組み合わせ。
これも奇をてらったところはないんだけど、すっごくいいです。美味しい。
チーズが、普通のクリームチーズとはちょっと違う、独特の香りがありますね。なんだろ。
そして、そのチーズの香りに対して、オレンジとライムかな?柑橘もしっかりと酸味と香りがある。
これは、チーズと柑橘、どちらが主役ということもなく、バランスが拮抗している。
トップのオレンジピールのコンフィも含めて、丁寧に作ってある。
下のサブレはほんのり塩味、ややしっとりしていて、土台としての存在感がある。
これは、かなりいいんじゃないですか?


次に、タルトレットシトロンを。
f:id:nyaofunhouse:20180113122446j:plain
構成としてはオーソドックスだけど、フォルムに独創性がありますね。
食べてみましたが・・
レモンがすごくいいですね!酸味もしっかり酸っぱく、レモンの香りもすごくいい。高級感ある。
それに対して、タルト生地はさっくりほろほろとした食感で、風味がいい。レモンクリームのトロッとしたなめらかな口当たりをしっかり支えている。
上のメレンゲは、ふんわりしていて、甘さは控えめ。ということもあり、レモンの風味がかなりたっている。
すごく好きなタイプのタルトレットシトロンです。


タルトタタンもありました。
f:id:nyaofunhouse:20180113123305j:plain
焼き色はそこまで深くないですが・・
断面。
f:id:nyaofunhouse:20180113123553j:plain
このタルトタタンは、りんごの調理が独特で、煮りんご、焼きりんごというより、じっくり火入れしたセミドライのコンフィのような、しっとりした味わい。
生クリームも含めて、かなりバニラを感じる味の構成です。
苦味はあまりなく、タルトタタンのガッツリ焼いたりんごのほろ苦さ、というよりは、りんごも含めた洗練されたケーキ、という作りになっています。


そして、ミルフィーユもありました。ミルフォイユキャラメル。
f:id:nyaofunhouse:20180113124301j:plain
これもフォルムが美しいですね。
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20180113124621j:plain
おー!
このミルフィーユは、すごくいいですね!めっちゃ美味しい。
膨らんだパイ生地は、さっくりはらはらとしていて、表面のキャラメリゼも含めて、焦げ感が強い。
それに対して、キャラメル味のカスタード、キャラメル味の生クリームは、キャラメルの甘さとほろ苦さを十分に伝えている。
なので、トータルとしてかなり苦味の強い、大人っぽい味の濃厚なミルフィーユになってます。
これは、かなりレベル高い、ミルフィーユマニアもうなる美味しさ。
そして、トップにある飾りのミルクチョコがめっちゃ美味しいのな。


次に、モンテクリストを。
f:id:nyaofunhouse:20180113125523j:plain
こちらは、チョコとラズベリーの組み合わせで、こちらも組み合わせとしてはオーソドックス。
だけどやっぱりフォルムがいいですね。
味も、チョコを得意としているだけあって、チョコの部分が非常にいいです。
上のなめらかなミルクチョコムースから、下のブラウニー的なもふもふとしたチョコ生地まで、チョコの多様な美味しさを層にしている。
ラズベリーも、出しゃばりすぎてないけど、酸味も風味もきっちりあって、的確なアクセントになっている。
シンプルだけどクオリティ高いです。


そしてそして、最後に大スペシャリテのトゥールーズ・ロートレックを。
f:id:nyaofunhouse:20180113131019j:plain
これが食べられるなんてねー。
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20180113131833j:plain
さて、食べてみますよー。
!!
おー!
これはすごいですね!
さすがさすがの美味しさ。
チョコのムースはねっとりとした、フォアグラのような重くなめらかな食感。
香りも素晴らしく、カカオがややスパイシーな香りをまとっている。
奥深い。
そして、すごく濃厚なんだけど、甘さは抑えめで、とてもクリアで雑味がない。
だから、重くても胃にもたれる感じがないのです。
はかなくとろける。
美味しいです。すごく。


ということで、期待して食べたラエールの生ケーキ、
結論としては、すごくいい!
どれも構成としては斬新なものはないのですが、フォルムも含め、細部まで丁寧に作ってあって、レベルがとても高い。
海外ブランドにありがちな、奇抜で斬新な構成だけど作りが雑、というのとは対極的な作り。
いや、これは期待以上でした。


生ケーキの他には、
クイニーアマン。
f:id:nyaofunhouse:20180113132702j:plain
これ、かなり背が高い。
そして、表面が飴がけじゃなくて、キャラメルをぶっかけてあるスタイル。
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20180114122057j:plain
表面は塩バターキャラメルかな?ほんのり塩味で、カリッとしていて美味しい。
生地も、バターリッチで、さっくりとしていて、すごく美味しいです。

マドレーヌ。
f:id:nyaofunhouse:20180114122734j:plain
このマドレーヌは、ふんわりした食感ではなく、みっしりと目の詰まった、重めの口当たり。
これも香りがいいですね。満足感がある。


ケークフリュイ。
f:id:nyaofunhouse:20180114123003j:plain
こちらもやや重めのしっとり生地。
ラム酒の香りが強めにあって、生地も含めてちょっとブランデーケーキを思わせる。
フルーツの量はそこまで多くはないけど、存在感はちゃんとある。


ケークキャラメル。
f:id:nyaofunhouse:20180114123246j:plain
これも塩バターキャラメルかな?かなり濃厚。
生地も重めなので、かなり濃いです。
これは、紅茶よりもコーヒーが合うかも。重量感。


スーリーズピスターシュ。
f:id:nyaofunhouse:20180114124007j:plain
これはピスタチオのフィナンシェに小さめのさくらんぼが3粒も。
このさくらんぼが、甘酸っぱくてかなりいい。
生地も、ピスタチオの豆っぽさとアーモンドの香りが合わさって、かなりナッティ。
美味しいです。


そして、マカロンのセット販売。
f:id:nyaofunhouse:20180113134116j:plain
出してみましたよー。
f:id:nyaofunhouse:20180114124855j:plain
これ、ひとつひとつ大きさも厚みも微妙に違ってて、かえっていい感じ。
それぞれ切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20180114125853j:plain
フレイバーの解説文読むの忘れたんだけど、食べたイメージでは、ラズベリー&ローズ、塩バターキャラメル、チョコ、バニラ、チョコ&カシス?
どれもマカロン生地はさっくりと繊細。重めのガルニチュールとの対比もいい。
美味しいです。


あとは、チョコレートのアソートのうち、これを購入。
f:id:nyaofunhouse:20180113130635j:plain
これはまだ食べてません。
楽しみ。


あと、帰りにもらったおみやげチョコ。
f:id:nyaofunhouse:20180114130347j:plain
こんなにもらっちゃっていいんですかねー。
これも後で食べます。


今回購入したのは以上!
アルノー・ラエール、どれもすごく美味しかった!
正直、海外ブランドの日本進出については、これまで何度煮え湯を飲まされてきたか。
だいたい、フランス人にとっては日本なんて極東の僻地、だから、なめてるんですよね。
だけど、ラエールさんはさすが日本人シェフとの交流もあるし、サロショコにも何度も来ているので、日本のスイーツ好きはガチだということを熟知しているのだと思います。
今回のケーキ類も、全力で来ている感じがありました。
なので、海外ブランドに対して懐疑的な人も、ぜひ一度チャレンジしてみることをおすすめします。

ただねえ、
今は、ラエール氏の目がちゃんと行き届いているからいいけど、今後はわかんないよね。
海外ブランドの日本店って、某店のように無理やり駅ナカに店出して失敗したり、某店や某店のように、あちこちのデパートでお見かけするB級店に堕して・・みたいな展開になってしまいがち。
できれば今のクオリティをキープしてくれると、とても嬉しいんだけど・・
そういう意味でも、一度早めに行ってみることをおすすめしますね。
本当に美味しいフランス最前線パティスリーのケーキを売るお店として、ぜひ成功して欲しい!