Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


エピファニーのガレット・デ・ロワはエーグルドゥースのアレンジバージョン!

今日は1/6。
1/6といえばエピファニー(公現祭)。この日にガレット・デ・ロワを食べるのが本当なんですよね。
日本ではもう年末からガレット・デ・ロワ販売開始されていて、エピファニー全然関係なくみんな食べてますが。
かくいう自分も、とりあえずお正月前後は食べる、ということで、特に6日を意識してたわけじゃなかったのですが、今年はタイミングが合いましたね。6日にガレット・デ・ロワを食べることが出来ました。
今年のエピファニーガレット・デ・ロワは、こちらのお店の。
f:id:nyaofunhouse:20180106095431j:plain
はい、エーグルドゥースですね。

エーグルドゥース、実は昨日行こうとしてたのですが、ちょっと寝坊したこともあって行かなかったのですが、実は昨日までお正月休みだったらしく。昨日行かなくてよかったー!
ということで、新年最初の営業日、気合入れて10時数分前にお店に到着。
一番目のお客さんになりました。
お店ではショーケースにどんどんケーキを並べている最中。
寺井シェフ自ら陣頭指揮をとっていました。

エーグルドゥースでは毎年アレンジバージョンのガレット・デ・ロワを販売するのですが、今年は
・通常のプレーンの
・りんご
・栗
・いちじくとラムレーズン
の4種類。
どれも美味しそうですが、やっぱりいちじくとラムレーズンですよねー。ですよねー。
ということで、きっちり購入してきました。
ちなみに、今日見た限りではカット売りはなし。ホールのみでした。
生ケーキについては、季節の新作はなし。定番品のみの展開でした。
なので、買ったこともあるケーキも含めて、お正月っぽいケーキを中心にいくつか買ってきました。

そして、ついで、と言ってはなんですが、帰りに志むらで和菓子もちょっと。
やっぱり洋菓子だけじゃなく和菓子でもお祝いしたいなと思って。

家に着いて、エーグルドゥースのケーキ、食べますよー。

まずは、自分にしてはとても珍しい、シャンティーフレーズから。
f:id:nyaofunhouse:20180106113637j:plain
普段はあまり買わないのですが、やっぱりお正月はこれかなーと思って。
・・で、食べてみたのですが、やっぱりすっごく美味しいのね!
構成としてはいちごのショートケーキで間違いないんだけど、生クリームの濃厚さ、スポンジのしっとり感、そしてスポンジにうったいちごのコンフィチュールの甘さと果実味、たっぷりとはさんである甘酸っぱいいちご・・どれもネクストレベルの美味しさ。
やっぱりそこらのショートケーキとは格が違った。さすがです。


次に、バヴァロワーズアロランジュ。
f:id:nyaofunhouse:20180106114257j:plain
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20180106114507j:plain
このケーキは、名前の通りオレンジのババロアのケーキなのですが、これも単なるオレンジケーキじゃないですよー。
オレンジの美味しさを凝縮した、オレンジをまるかじりするよりもオレンジを感じさせる、深い味わい。
オレンジのさわやかさはもちろん、皮の苦味や柑橘の甘さがより強く感じられる。
それは上のオレンジピールや、スポンジにじゅわっと染み込ませたオレンジのリキュールの香りと味だったり、オレンジという素材を、隅から隅まで、ポテンシャルを最大限に生かしきってる。
官能的ですらある美味しさ。


そして、アールグレーフランボワーズを。
f:id:nyaofunhouse:20180106115145j:plain
このケーキ、すごく華やかな味!
このケーキも、ラズベリーを主役としたケーキではあるんだけど、ラズベリーの持つポテンシャル、こんなに美味しかったっけラズベリーって?というぐらい、生かしきってる。
ラズベリーの酸味はそこまでではなく、そのかわりふわっとただようアールグレイの香りやバニラの甘さが、ラズベリーと合わさることでここまで華やかな味わいに変化するんだという。
そのさまはさながらシンデレラのよう。
いやー、ラズベリーのケーキをここまでの高みに持ってくるとは・・


そしてそして、好物のフォレノワールアラピスターシュを。
f:id:nyaofunhouse:20180106115931j:plain
こちらのケーキも、フォレノワールの基本はしっかり押さえつつ、そこにピスタチオ、いちご、レッドカラントをプラスすることで、とかく地味で重くなりがちなフォレノワールに華やかさと軽さを感じさせる。この工夫も、チョコとピスタチオのバランスが完璧だから、フォレノワールのベースを崩すことなく絶妙のアレンジになってる。これ、単にフォレノワールにピスタチオ足しただけではこの完成度にはならないですね。すごいなー。


生ケーキは今回これだけ。
焼き菓子系は、こちら。まずクグロフフーレー。
f:id:nyaofunhouse:20180106120539j:plain
ちっちゃいクグロフ!可愛い!
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20180106140720j:plain
このクグロフは、表面はカリッと、中はふかふかの食感。
非常にシンプルで、どこか懐かしい味わい。
粉の美味しさが存分に楽しめますね。
中にはプルーンのかけらが入っていて、アクセント。


そして、プチタタン。
f:id:nyaofunhouse:20180106120638j:plain
ほんとちっさい!
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20180106141348j:plain
これはもう、まごうことなきタルトタタンで、教科書的、特筆することはないんですが、砂糖を焦がしたほろ苦さを感じさせるりんごの部分や、タルトのさっくりとした美味しさなど、火入れを含めて完璧。さりげなく高い完成度です。


さて、そしてガレット・デ・ロワですよー。
こちらが、「ガレットオーフィグレザン」です!
f:id:nyaofunhouse:20180106120802j:plain
なんか、周囲は粉糖がかかってるんだけど、表面は砂糖がガラスのようにカリカリになってるの。これ、なんていう技法だっけ?ありますよね?
そんなカリカリ、パリパリの砂糖を一緒に切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20180106121852j:plain
断面はこちら。
f:id:nyaofunhouse:20180106141910j:plain
で、こちらのガレット・デ・ロワですが・・
予想以上に美味しい!
香りが、すっごくいいんですよ。
口の中に入れると、バターの香りでしょ、ラム酒の香りも。そしてアーモンドの香り。最後に、キャラメルポップコーンのようなメープルの香りも。
これだけでももう陶然となってしまう。
食感も、表面はパリパリ、中のフランジパーヌはしっとり、そしていちじくとラムレーズンはねっとりとした甘さ。
ここでも様々な食感が楽しめる。
これはすごいですねー。
とても良く練られた構成のガレット・デ・ロワになってます。
フランジパーヌは甘さはそこまでではないので、重さはありますが、飽きるということはないです。
味も食感も多様なので、どんどん食べ進められる。
そして3/4ほど食べた時点で・・
f:id:nyaofunhouse:20180106164313j:plain
フェーブ出た!
エーグルドゥースのフェーブは中に焼きこんであるタイプ。
なので、ゴロンと出てきました。
店名入りのマカロン型のフェーブ。
可愛い!


ちなみに、先日食べたガレット・デ・ロワのフェーブも合わせると、
f:id:nyaofunhouse:20180106164321j:plain
左からエーグルドゥース、ル・ププランの食パン、フジウのガレット・デ・ロワ型のフェーブ、です!
どれも可愛いでしょ!


一通りガレット・デ・ロワも食べてから、紅茶をダージリンに切り替えて、今度は和の世界へ。
f:id:nyaofunhouse:20180106142640j:plain
志むらの花びら餅、うぐいす餅、栗かのこです。
花びら餅の、お餅のなめらかな舌触り、うぐいす餅のきな粉のいい香り、栗かのこの中にはぎゅうひが入ってたり、丁寧に作ってある。美味しいですー。
そして、お年賀にもらった細長い包みは、あけてみると・・
f:id:nyaofunhouse:20180106142712j:plain
犬ちゃんの飴!
可愛い!
すごく気が利いてますね!
これは食べるのに罪悪感あるタイプだ・・食べますが。

そんなわけで、エピファニーの今日は、和洋折衷の正月祝いでした。
明日は鏡開き、そしてここからは新しい年の本格スタートですね!
頑張らないと!