Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

Kindle版
¥1,728から
(2018/4/27 00:00時点)

いつの間にやらKindle化されたみたいです。
紙の本は絶対イヤ!でスルーしてた人はできればよろしく。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


台北で美味しいと評判のパイナップルケーキを食べ比べてみたよ!

先日の台北旅行では、おみやげにお茶とパイナップルケーキなどのお菓子を色々と買ってきました。
パイナップルケーキについては、もう街中どこに行っても、あっちにもこっちにもパイナップルケーキ・・という有様で、普通だったらどれを買ったらいいのか、わからなくなるところですよ。

でも!
自分は、ブログやツイッターの舌が肥えているフォロワーさんがいっぱいいらっしゃるので、「本当に美味しい台北のパイナップルケーキを売っているお店はここ!」というのを、たくさん教えていただいてました。
なので、自分の買ってきたパイナップルケーキは、空港の免税品店で売ってるのとは一味違うよ?

そんな、台北でも本当に美味しいパイナップルケーキ、ようやく今日食べ比べすることが出来ました。
当然お供には、買ってきた中国茶。
茶海以外の茶器は、前回の台北旅行の時に買ったものです。特にへんてつもないものですが、ちょっと可愛いでしょ?
f:id:nyaofunhouse:20171213142840j:plain

今日は新純香で購入した梨山高山烏龍茶を淹れて、ちびちびと飲みつつ食べ比べ。
f:id:nyaofunhouse:20171213144321j:plain
今回購入した茶海、すごくいい!
水切れがすごくいいし、二重ガラスだから熱湯を入れても手が熱くならない。
これはいい買い物したわー。

そして、ちゃんと手順をふんで淹れた烏龍茶、試飲の時のクオリティちゃんと再現できた。
すごく美味しい!
これはパイナップルケーキが捗るわ。


ということで、買ってきたパイナップルケーキ、食べていきますよー。
まずは、永康街から下っていったところにひっそりとあった、ナチュラル系ベーカリーの「手天品」のパイナップルケーキ。
簡素な紙袋に入ってます。
f:id:nyaofunhouse:20171213142101j:plain
袋から出してみました。
f:id:nyaofunhouse:20171213142129j:plain
ここのパイナップルケーキは2種類あって、オーソドックスなのと、アーモンド入のと。
f:id:nyaofunhouse:20171213142550j:plain
右がアーモンド入りですね。
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20171213142618j:plain
さて、こちらのお味は・・
ふむ。
生地はほろほろと崩れる、軽い食感。
バターの香りがふわっと漂います。いい香り。
中の餡は、ねっとりとしている。けど、甘さは控えめ。
パイナップル感もそんなに強く感じないけど、焼き菓子としての完成度は高い。
アーモンド入りの方は、基本は同じだけど、ナッツの香ばしさがある分、個性が感じられる。
こちらも、「パイナップルケーキ」というより、パイナップル&アーモンドの焼き菓子、という印象ですね。
丁寧に作ってある、美味しいパイナップルケーキです。


次に、迪化街にあるベーカリー、「JIIA」のパイナップルケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20171213143954j:plain
台湾の島の形のチャームがついてて、可愛い。
箱の中は、
f:id:nyaofunhouse:20171213144012j:plain
けっこういっぱい入ってる。
取り出してみました。
f:id:nyaofunhouse:20171213144349j:plain
大きさはやや小さめ。
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20171213144427j:plain
大きさも小さめだけど、厚みもやや薄め。
生地の部分がとても薄くて、餡の存在感が大きい。
生地は、バターというより、脱脂粉乳?的な乳の香り。
食感はさっくりで、「チョイスビスケット」のような味わい。
餡は甘さややしっかりめで、パイナップルを強く感じます。
同じパイナップルケーキでも、全然違うねー。


次に、「舊振南餅店」のパイナップルケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20171213145027j:plain
左がパイナップルケーキ。右は、試食して美味しかったアーモンドの焼き菓子。
箱をあけてみます。
f:id:nyaofunhouse:20171213145126j:plain
おー!金ピカです。おみやげによさそう。
出してみました。
f:id:nyaofunhouse:20171213145708j:plain
1個ずつ箱に入ってるので、小分けにもいいですよね。
箱から出してみました。
f:id:nyaofunhouse:20171213145746j:plain
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20171213145820j:plain
パイナップルケーキの方は、生地がかなり厚く、水分多めのしっとりとした柔らかさ。
味はかなりあっさりめで、ちょっと和菓子っぽさも感じます。
餡も、甘さ・パイナップル感とも控えめで、全体としてとても上品な味わいです。
中国茶とももちろん合うし、緑茶もいける。

一方で、アーモンドの焼き菓子は、杏仁の香りがとても強い。
杏仁豆腐を焼き菓子にしました、とでもいうような、いかにも中華菓子の味。
パイナップルケーキがクセのない味だったのと対照的。
どちらもタイプは違いますが、美味しいです。


最後、福記餅店のパイナップルケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20171213150329j:plain
左がパイナップルケーキ、右は「心太軟」というお菓子。
箱をあけると、
f:id:nyaofunhouse:20171213150404j:plain
なんかいっぱい入ってる!
出してみます。
f:id:nyaofunhouse:20171213150704j:plain
手前の2つがパイナップルケーキ、奥が心太軟。
パイナップルケーキ、なんか、酸っぱいのと酸っぱくないのと2種類あるよ、と言われて、じゃあ詰め合わせを・・と買ってみたのですが。
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20171213150856j:plain
おお!パイナップルの繊維がいっぱい。
食べてみました。
これは、餡のパイナップル感はダントツで濃厚。
パイナップルやでー!というのがはっきりわかる。
生地は、バター感はないけれど、さっくりとした歯ざわりの良さと、クセのない味わいで、パイナップル餡とのバランスもいいです。
すごく美味しい!
でも、2種類あるパイナップルケーキ、どっちが酸っぱくてどっちが甘いのかがよくわからん。
ほとんど差ないです。

そして、心太軟ですが、これ、すごく個性的。
表面はココナッツをまぶした生地、中にはパイナップルと、お餅?のような、もちもちしたものが入ってる。
さくさく、ねっとり、もちもち。
食感がすごく面白い。トロピカルな味で、台湾らしさが強く感じられます。
ただ、けっこう大きくてボリュームがあります。


ということで、いかがでしょうか?
自分が買ってきたパイナップルケーキは以上!
どれも全部個性が違っていて、どれも美味しかった!
オススメするなら・・
焼き菓子としての完成度は手天品がいちばんかな。
「パイナップルケーキ」としての印象が強いのは福記餅店。
上品で万人受けするのは舊振南餅店。
パッケージも含めて、女子ウケしそうなのはJIIA。
どれも美味しいので、どれもオススメできます。
参考になるかな?もし台湾行く機会があったら、参考になれば嬉しいです。