Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


台北特にあてどもないツアー2日目はケーキケーキパイナップルケーキ!

台北旅行、1日目の昨日は、早起きしたにも関わらず、ブログを書き終わってみれば夜中すぎ。
そして、ベッドに入ってからもテンション高くてなかなか寝付けず・・
そんなこともあって、ホテルを出たのはだいたい朝の10時ぐらいになってしまいました。

今日の台北は、雨は降りませんでしたがずっとどんよりと曇り。
気温は16度とのことでしたが、
f:id:nyaofunhouse:20171208212820p:plain
風がめっちゃ冷たい!かなり寒いです。
日本の真冬に比べれば厳寒というわけではないのですが、秋の終わりぐらいの寒さ。
でも、みんな真冬の格好してる。ダウン着てる人もいっぱいいたし。
そんな中、自分はシャツだけのトンチキな格好で、完全に着る服間違えた。
一応上着も持ってたんですけどねー。


今日は、ホテルを出て、東に向かってテクテク。
向かった先は、「善導寺」駅。
善導寺駅は、台北駅からすぐ。
こちらが善導寺ですね。
f:id:nyaofunhouse:20171208100852j:plain
でかいです。

最初の目的地は、善導寺駅から少し歩いたところにある、「福記餅店」。
f:id:nyaofunhouse:20171208101328j:plain
台北のパイナップルケーキ情報を集めている中で、ここが美味しいというアドバイスを頂いたので、寄ってみることに。
店内に入ると、いろんな焼き菓子がずらりと。
店員さんは日本語ペラペラで、いろいろ試食させてもらいました。
パイナップルケーキは、洗練されていないけど、まあまあ。
甘いパイナップルケーキと酸っぱいパイナップルケーキがあるということで、2種詰め合わせを購入。
あと、試食で美味しかったココナッツのお菓子も購入。
支払いはカードで・・と思って、VISAを出したのですが、なぜか通らない、ということで、現金で買いました。
あれれ?

パイナップルケーキを買って、寄ってみたのが、小籠包が美味しいというお店、「上台北小館」。
なんでも五つ星級の美味しさだと自分で言ってるのだとか。
ならば食べてみようじゃないか!
と意気込んでお店に行ったのですが、
f:id:nyaofunhouse:20171208102749j:plain
ありゃ、まだ営業時間前だったみたい。
どうやら台北の飲食店は、朝ごはん屋さんを除くと、11時開店が多いみたいですね。
残念。

ということで、ここで地下鉄に乗って、忠孝新生駅から忠孝復興駅へ。
忠孝新生駅、改札がなぜかJR東日本の新幹線タイアップだった。
f:id:nyaofunhouse:20171208103930j:plain
なんでしょうねー?

忠孝復興駅から、直接そごうの地下へ。
そごうに向かったのは、そごうの地下にも美味しいパイナップルケーキのお店があるとのことで。
お店の名前は「舊振南餅店」らしい。
でも、デパ地下いくら探しても、目当てのお店ないよ?
あれ?
でも、かわりに鼎泰豊があった。
f:id:nyaofunhouse:20171208105134j:plain
職人さん一生懸命小籠包作ってたけど、ぜんぜん混んでないし、もうここで小籠包食べてく?とも思ったのですが、一応やめておいて。
でも、お店なんでないんだろうねー?と思ったら、
実はそごう、すぐそばに別の建物があるんですね。
こちらが駅から直結のそごう。
f:id:nyaofunhouse:20171208120410j:plain
巨大!
そんでもって、こっちが別のそごう。
f:id:nyaofunhouse:20171208120706j:plain
こっちもでかい!
それで、こっちのそごう、デパ地下の入り口がわかりにくかったんだけど、無事に「舊振南餅店」、ありました。
f:id:nyaofunhouse:20171208113810j:plain
こちらのメニューはこんな感じ。
f:id:nyaofunhouse:20171208113741j:plain
こちらでも試食させてもらいましたが、こちらのパイナップルケーキは、「福記餅店」に比べて洗練された味。
個人的にはこっちのが好みだなー。
あと、これもやっぱり試食させてもらって気に入った、アーモンドケーキもついで買い。
かなり買いすぎた感が。

ここで、かなりお金使っちゃったんで、お金引き出そうとして、そごうのATMでVISAカード入れて、操作したのですが、
f:id:nyaofunhouse:20171208110314j:plain
なんか拒否される。
なんで?
おかしいな、と思って、町中に出て、他のATMでやってみたのですが、
f:id:nyaofunhouse:20171208115526j:plain
やっぱりダメ。
ありゃー。
カード切れない、お金の引き出しもできないとなると、これはちょっと困ったことに。
仕方ないので、もしもの時のために日本から持ってきた、虎の子の3万円のうち、2万円を、近くの銀行で両替。
f:id:nyaofunhouse:20171208122106j:plain
5100元でした。
レートは良くないかもですが、背に腹は代えられない。
これで一息です。

そして、そごうの近くにあるという、美味しいメロンパンのお店に向かいました。
f:id:nyaofunhouse:20171208114727j:plain
おう、やってない。
こういうのは一期一会。行った時にやってなかったら、それはもう諦めるしかないですね。

ここで、テクテクと安和路をくだっていきます。
安和路、なんかちょっと白金っぽい雰囲気がある道。
緑が多くて。
ここにも小さめのそごうが。
f:id:nyaofunhouse:20171208122950j:plain
この道沿いには、おしゃれなカフェやパン屋やケーキ屋が何軒も。
こんなケーキ屋さんもありましたね。
f:id:nyaofunhouse:20171208123150j:plain

そんな道を見ながら、向かった先は、台北でも大人気のパティスリー、「Le Ruben Patisserie」。
f:id:nyaofunhouse:20171208124721j:plain
店内に入って、ケーキの並ぶショーケースを見ると、
キャー!可愛い!
すっごく可愛いケーキがいっぱい。
そして、店内は台北女子でごったがえしています。
そんな中、異邦人のおっさんがケーキをイートインするという挙行に。
食べたいケーキの名前をメモ帳に書いて見せて、あとは身振り手振りでイートインしたいということを伝えたのですが、
日本語はもちろん英語も全く通じなくて、今回の旅でいちばんコミュニケーションに苦労した。
でも、なんとか席について、ケーキを持ってきてもらいました。
こちらが、目がハートになったLe Rubenのケーキです!
f:id:nyaofunhouse:20171208125709j:plain
すごいでしょ!
このフォルム、日本でもかなり受けそうですよね。
一つづつ、食べてみます。
まずは、兔子。
f:id:nyaofunhouse:20171208125901j:plain
見ての通り、可愛いウサギのケーキ。
これ、食べるのすごく罪悪感ありますが、切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20171208130036j:plain
丸い玉は、ホワイトチョコでコーティングしたバニラクリームにラズベリー。
甘過ぎず、お上品な味。悪くない。
下はザクザクのクッキー。
このフォルムだし、味も悪くないし、けっこういいんじゃない?


次に、不翻轉的蘋果塔。
f:id:nyaofunhouse:20171208130647j:plain
これは、りんごのタルトのよう。
切ったらぐちゃっとなってしまいましたが。
f:id:nyaofunhouse:20171208131006j:plain
これは、表面に薄切りのりんごを敷き詰め、その中にバニラクリーム、下はパイ。
これも上品な味で、超一流というたぐいのものではないけれど、りんごがさっぱりとしていて、悪くはない。


雨露茉莉。
f:id:nyaofunhouse:20171208131300j:plain
これも、パールクラッカンを効果的に使った、エレガントなフォルムですよね。すごく可愛い。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20171208131532j:plain
食べてみると、ジャスミンのホワイトチョコムースにパッションマンゴーのジュレだね。
これは台湾ぽくていいんじゃない?美味しい。

最後、小任性。
f:id:nyaofunhouse:20171208131814j:plain
これは、チョコケーキにオレンジを合わせたケーキ。表面のチョコにはヘーゼルナッツ混ぜてるのかな。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20171208132030j:plain
なかなかいいチョコを使ってて、カカオも感じる。
オレンジがチョコと合ってて、悪くない。


ということで、Le Ruben Patisserie、日本の一流パティスリーに比べたら、そりゃ及ばないですが、この可愛さ、手堅い美味しさは、日本でも人気店にはなれるレベル。
台湾パティスリー、なかなかやるじゃん!
うかうかしてらんないかもよ。


ケーキ4つ食べて、ちょっとお腹いっぱいになったけれど、ここから地下鉄に乗って、向かった先は東門駅。
f:id:nyaofunhouse:20171208135524j:plain
ここから、中正紀念堂へ向かってテクテク。
見えてきました。
f:id:nyaofunhouse:20171208140547j:plain
でも、中正紀念堂は前回の旅行の時にツアーで見たし、今回は当然スルー。
更に進んで、たどりついたのは、こちらのお店。
f:id:nyaofunhouse:20171208141242j:plain
こちらの「盛園絲瓜小籠湯包」は、店名にもありますが、へちまを使った小籠包の先駆者的なお店らしく。
へちまの小籠包、って、食べたことない。
どんなんだろ、すごく気になる。

店内の席からは、厨房で一生懸命小籠包作ってるのが見える。
こちらがメニュー一覧。
f:id:nyaofunhouse:20171208141436j:plain
へちま小籠包はもちろん、それだけだと寂しいので、蟹味噌小籠包も。
あと、マンゴーヨーグルトなんかも発注してみました。

待つこと、そうね、7~8分ぐらい?
意外と早く小籠包、出てきました。
f:id:nyaofunhouse:20171208142432j:plain
こちらは、生姜や醤油はセルフサービス。
f:id:nyaofunhouse:20171208142415j:plain
小菜もセルフ。
f:id:nyaofunhouse:20171208142417j:plain
じゃあ、まずは気になるへちま小籠包から・・・
f:id:nyaofunhouse:20171208142441j:plain
れんげに載せて・・
f:id:nyaofunhouse:20171208143557j:plain
うっすら緑の部分があるの、わかるかな?
生姜醤油をつけて食べてみたのですが・・
お!これが!
へちまは小さい角切りになってて、しゃきしゃきした食感。
小籠包自体は、へちまのさっぱり感もあるし、よくある豚くささがほとんどなく、スッキリとしている。
すごく上品な美味しさですね。

一方、蟹味噌小籠包は、
f:id:nyaofunhouse:20171208142444j:plain
こちらはうってかわって、蟹味噌のコクが強めの、濃厚な味わい。
こちらのほうが、小籠包食べた!感が強いかも。
でも、どちらも美味しかったです。

デザートのマンゴーヨーグルト
f:id:nyaofunhouse:20171208144007j:plain
量はすごく少ないけど、マンゴーが意外に美味しくて、やはり台湾のマンゴーはあなどれないなと。

ケーキにプラスして小籠包も食べて、おなかいっぱいいっぱい。
腹ごなしに少し歩きます。
中正紀念堂から東門に戻り、今度は永康街へ。
f:id:nyaofunhouse:20171208151844j:plain
永康街は日本人にもおなじみの通りらしいですが、たしかに観光客向けのお店が多い印象。
中国茶のお店もいっぱいありましたが、とりあえずスルー。
かき氷のお店も賑わってましたが、今日はスルー。
ひたすら道を南下します。
にぎやかな永康街を抜けて、ちょっと寂しげな通りへ。
そこに、ひっそりとあったのが、「手天品」というお店。
f:id:nyaofunhouse:20171208153746j:plain
なんか、意識高い系の雰囲気があります。

店内は、自分の前に日本人の女の子が2人。関西弁でした。可愛い。
その2人も買ってましたが、ここのお店もパイナップルケーキが有名らしいのです。
f:id:nyaofunhouse:20171208153903j:plain
こちらのパイナップルケーキは、やっぱり意識高い系の、無添加にこだわったものらしいです。
なんかなーという気もしつつ、普通のとアーモンドのパイナップルケーキと、3個づつ購入。
紙袋に入れてもらいました。紙箱は30元だったかな?

ここから更に更に南下。
ひたすら歩いて、歩いて、ようやく着きました。
行きたかった茶藝館、「紫藤盧」です。
f:id:nyaofunhouse:20171208160013j:plain
遠かった・・
でも、すごく雰囲気のある一軒家じゃない?
f:id:nyaofunhouse:20171208160020j:plain
f:id:nyaofunhouse:20171208160027j:plain
f:id:nyaofunhouse:20171208160038j:plain
ここはかなりの人気店らしく、自分の前にも日本人グループがいたりしました。
予約は?と聞かれたのですが、予約してません、と答えて、駄目かなー?と思ったけど、入れてもらえました。
日本語のメニューをもらって、一通り目を通してみたのですが、
f:id:nyaofunhouse:20171208160331j:plain
解説文がかなり詩的で、想像力を要求される。
そんな中、興味を惹かれたのがこれ。
f:id:nyaofunhouse:20171208160512j:plain
「定石野茶」というのは初めて聞きます。
その白毫烏龍茶なら、かなり期待できるのでは?
ということで、こちらをお願いすることに。
あと、お茶菓子は
f:id:nyaofunhouse:20171208160524j:plain
この中から棗餡のお菓子をチョイス。
しばらく店内を見回しながら待ちます。
f:id:nyaofunhouse:20171208160625j:plain
しばらくしてお茶道具一式と茶葉が。
淹れ方はだいたいわかりますが、一応インストラクションしてもらいました。
f:id:nyaofunhouse:20171208161341j:plain

最初の一煎は淹れてもらって、飲んでみたのですが、
!!これ、すっごく美味しい!
聞香杯でも感じたのですが、濃厚な蜂蜜の香りが、ぶわっと広がる。
これは完全に最高級の東方美人、いや、自分がこれまで飲んだ東方美人の中でも最高かも。
これと比べたら、昨日の試飲した東方美人は、申し訳ないけど、レベルが違う。
いやー、これは・・・

二煎目からは自分で淹れたのですが、二煎目はより香りが強くなり、もううっとりですよ。
水色も美しい。
f:id:nyaofunhouse:20171208161823j:plain
烏龍茶って、日本では真っ黒のイメージありますが、本来はかなり薄い水色なんですよね。
それが、これだけしっかり色が出てるというのは、あまり体験がない。
これはかなりのものですよ・・・

最高に美味しいお茶を飲みながら、窓の外の景色を眺める。
f:id:nyaofunhouse:20171208162037j:plain
そう、自分はこんな体験をしたかったのです。
幸せやあ・・・

で、今回の経験も踏まえて、自分が思うには、中国茶の淹れ方として
・茶葉はケチらない
・一回の茶葉で5煎~7煎出る、と言っても、本当に美味しいのは二煎目三煎目ぐらい。そこからは徐々に香りが落ちる。
・茶葉によって最適な湯温は異なるけど、熱いお湯を常に用意できる環境が望ましい
ということですかね。

自分は5煎目まで飲んで、席をたちました。
会計の際に、今回飲んだお茶を購入したい、と申し出たのですが、何グラム買いますか?と聞かれて、
じゃあ50グラム?と答えたら、あなたの飲んだお茶は、10グラム1100元ですがいいんですか?と。
ひえー!!
そんな高級なのだったのか!
あー、でも、わかる。わかります。
飲んでて、自分みたいのでも、明らかにレベルの違いを感じたもん。
でも、50グラムは買えないので、20グラムお願いしました。
f:id:nyaofunhouse:20171208170904j:plain
これは、気合い入れて飲むようにせねば・・

お店を出て、グーグルマップを見ると、紫藤盧からだと、東門へ戻るより、公館のほうが全然近い。
ということで、昨日に引き続き公館へ。そこから地下鉄で北門へ移動。

今日の夜ご飯は、「城中市場」で食べようかと。
ということで、城中市場入ったのですが、かなりカオス。
f:id:nyaofunhouse:20171208180725j:plain
フルーツを売るこ汚い屋台や、食事を売るこ汚いお店が連なっていて。
うーん、これは・・
そんな中、向かったのが、「老牌牛肉拉麵大王」というお店。
f:id:nyaofunhouse:20171208181056j:plain
このお店、実は某ガイドブックに「炸醤麺が美味しい」と紹介されていて、それを食べようかと。
f:id:nyaofunhouse:20171208181244j:plain
お店について、まずは看板に書かれたメニューを見てたら、店員さんが自分に
「炸醤麺?」
と聞いてきたので、
「炸醤麺。」と答える。
どうやら、あの本を見て、日本人かなり来てるなー?という雰囲気。
しばらくして、炸醤麺出てきました。
f:id:nyaofunhouse:20171208181337j:plain
こちらがその炸醤麺。
f:id:nyaofunhouse:20171208181341j:plain
食べてみましたが・・・
うーむ、これは市場飯というか、かなり雑な味だなー
味の基本は大量のにんにく、そして大量のねぎ。
唐辛子は少なめで、辛さはほとんどないんだけど、にんにくの辛さが少し。
麺は完全にうどんだし、伸びてるし、いわゆる炸醤麺とは別物。
こういうB級・・というか、D級ぐらいのご飯、好きな人は好きかもだけど・・
あ、ちなみに、ついてきたスープは、牛骨のだしが出てて、かなり美味しいです。こっちのほうが好み。

そんなこんなで、夜ご飯もかっこんだので、今日は早めにホテルに。
ちょっと疲れたねー。

ということで、今日はパイナップルケーキ3種類買ったり、カードが使えなかったり、茶藝館初体験したり、なかなかにパッツンパッツンな2日目でした。
明日も曇りの予報だけど、今日よりは少しあったかいとのこと。
だけど、今日の気候に懲りたので、上着着ていきます・・・