Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


ロタンティックのケーキ美味しくて驚いた

新宿伊勢丹マ・パティスリー、相変わらず豪華なラインナップが続いていますが、
今週は浦和ロタンティック。
おー!


ロタンティック、ケーキ好きの間では見逃せないお店として知られていて、自分もお店行きましたけど、
一般的な知名度はどうなんだろ?浦和周辺の人気店と比べて。
そんなロタンティック、マパテの檜舞台でどんな展開を見せるんだろう?
期待していました。


今日のマパテのショーケース見ましたが、
かなり正統派のケーキが多い。
チョコ系のケーキも多かったです。


あと、ショーケースの右端の方では焼き菓子系をいくつか売っていました。
ショーソンとかピティビエとか焼きっぱなしタルトとか。
見栄えの上では正直地味なそれらのお菓子をいっぱい持ってきたあたり、
かなりの自信と意気込みを感じました。
その意気込みを感じるために、焼き菓子も数点購入。


生ケーキはこんな感じです。
f:id:nyaofunhouse:20171109111348j:plain
全体に茶色い!


ロタンティックのケーキ、まずは茶色いケーキが居並ぶ中、ひときわ可憐だった「エメ」から。
f:id:nyaofunhouse:20171109122152j:plain
可愛いでしょ!
断面はこんな感じです。
f:id:nyaofunhouse:20171109122517j:plain
このケーキ、口の中に入れるといちごとホワイトチョコの甘さで、いちごミルク的な幸せな味がします。
だけど、それだけだとちょっと単調になるところを、ピスタチオのコクとチェリーのジュレの酸味が加わって、単に甘くて優しいだけでない、味に深みを与えている。
この構成力は見事。
かなり美味しいです。


次に、タルトタタンを。
f:id:nyaofunhouse:20171109123203j:plain
いい色ですよね!
このタルトタタン、りんごの酸味が強烈!酸っぱいです。
火はしっかり入っていて焦げ感もあるんだけど、中心はフレッシュな部分もあって、りんごの火入れによる味わいのグラデーションが楽しめる。しっかり焼いたのが好きな人も、さっぱり目が好きな人も美味しく食べられる。
あとは、下のパイ生地がガシッと焼かれていて香ばしくてすごく美味しいですね。湿気てなかったです。


そして、モンブラン。
f:id:nyaofunhouse:20171109123925j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20171109124137j:plain
このモンブランは、和栗なんだけど、栗の味わいが濃厚!かなり濃いです。ほくほく感が半端ない。
メレンゲは、ちょっとカルメ焼きのようなザクッとした食感で、厚みはやや薄め。
全体に甘さは相当に控えめで栗の味が引き立っている。
栗の味の強さで、小さいけど満足感はかなりあります。美味しい。


さらにサヴァラン。
f:id:nyaofunhouse:20171109124705j:plain
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20171109124918j:plain
このサヴァラン、ラム酒が強烈!
これはかなりのものです。
ババ生地はしっかりした弾力があって、ぼそぼそ、ぱさぱさはしてない。シロップの吸い方は適量で、すごくいい。
そして、ラム酒の香りがめちゃくちゃ強くて、甘さも、ここに来て、ここぞとばかりガッツリ甘い。
これは、クラシカルな風格のある正統派サヴァランですね。
すごくいいです。かなりいいです。
アルコール大丈夫な人はぜひ試していただきたく。


そして、大好きフォレノワールもありました。
f:id:nyaofunhouse:20171109125858j:plain
このフォレノワール、トップにチェリーがいっぱい載っていて、それだけでテンションあがる。
チョコのクリームは、そこまで濃くはなくて、しっかりしたカカオを感じつつ食べやすいです。
そして、甘酸っぱいチェリーがいっぱい!上にも中にも。
チェリー、多分キルシュ漬けだと思うんだけど、そこまでお酒強くないので、これはお酒弱くても大丈夫。
美味しいフォレノワールですねー。これも正統派フォレノワールと言っていいでしょう。


生ケーキ、最後はアブリコティーヌというケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20171109130710j:plain
黒というより茶色のグラサージュです。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20171109131004j:plain
このケーキは、チョコ+あんず+紅茶の構成。
チョコはミルクチョコ的で、優しい甘さ。
あんずは、これも酸味はそこまで尖ってはいなくて、チョコに寄り添って適度な酸味と風味を加えている。
そして、紅茶はしっかり感じられますね。
ちょっとシャンドワゾーのロワイヤルを想起させる部分もありますが、あんずというアクセントがオリジナリティになっている。
これも美味しいですねー。


焼き菓子系は、これだけ買いました。
f:id:nyaofunhouse:20171109111628j:plain


まず、気になっていた「ロラン」から。
f:id:nyaofunhouse:20171109151445j:plain
このケーキ、見た目アン・プチ・パケの店名を冠したケーキにかなり似てる。
味はどうなんだろ?と興味しんしんで食べてみたのですが・・
おー!美味しい。
アン・プチ・パケとはだいぶ違いますね。生地はふわっとした、というより、目が詰まった、しっとりみっしりした生地。
バターを強く感じます。
でも、パウンドほど重くはない。この適度な重さ、いいですね。
表面の焼けた部分は、カリカリッとしていて、砂糖の甘さで、すごく美味しい。
アン・プチ・パケは自分にとって特別なケーキなのですが、このケーキは方向性は違うけど、これはこれですごく美味しい。
こういうシンプルなケーキがきっちり美味しいというのは素晴らしいし、これをマパテに持ってきたというのもすごい。その心意気。


そして、ショーソンポム。
f:id:nyaofunhouse:20171109152323j:plain
焼き色しっかり!いいですねー。
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20171109152455j:plain
これは!生地がすごく強いですねー!
めっちゃ焼けていて、かなり固くて、ザクッザクッとしている。
この生地は素晴らしい。
りんごもしっかり美味しいのですが、これは完全に生地が主役。
強い印象を与えるショーソンです。すごく美味しい。


最後に、タルトエピスを。
f:id:nyaofunhouse:20171109155751j:plain
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20171109160327j:plain
これは、いちじくを中心としたドライフルーツが上にも中にもめいいっぱい。
これも火入れじゅうぶんのタルト生地はガリッとしていて、スパイスもシナモン以外にも色々使っていると思われ、香りがすごいくいい。スパイシーで美味しい。
これも強度のあるタルトですね。冬っぽい。紅茶よりもコーヒーが合うかも。



そんなわけで、ロタンティック@マパテ、ほぼ茶色いケーキでしたが・・
すっごく美味しかった!
以前お店に伺った時に買ったケーキもかなり美味しくて、これはあなどれない・・と思っていましたが、なので今回も買ってみたのですが、これは予想をはるかに超えた美味しさでした!
このマパテという舞台で、茶色い古典菓子、さらに焼き菓子をメインに持ってきたというのは、逆に挑戦的だなーと思いましたが、それらのケーキの力強い美味しさに、これは力量の高さを強く感じましたね。
正直お店はちょっと行きづらい場所なのですが、これはまたケーキツアー計画してお店再訪しないと・・