Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


ジュンウジタの超濃厚秋冬ケーキはパワーアップした原点回帰?

相変わらず攻勢を続ける新宿伊勢丹マ・パティスリー。
今週は待ってましたのジュンウジタです。

実はマ・パティスリー、ここ数回に渡って裏テーマがあって、それは
「タルトタタン」!
マパテに出店する名パティスリーが、思い思いのタルトタタンを販売するという、
タルトタタン大好きさんの自分にとっては夢のよう。
実は先週のカカオエット・パリのタルトタタンものぞいてきたのですが、ちょっと値段的に高いかなー?という感じで見送ったのですが・・
ジュンウジタのタルトタタン、どんなだろ?
たのしみですー!


そんなわけでジュンウジタ@マパテのショーケース、見てみたのですが・・・
なんか、すごい。
茶色いケーキと黒いケーキしかない。
こんなにも華やかさに欠けるショーケースでいいのか?
いや、いいのだ!
茶色いケーキも、黒いケーキも、見るからに美味しそう!
絶対美味しいよ!と語りかけてくるよう。
なもんで、ケーキ選ぶのも苦労して、結局これだけ買っちゃいました。
f:id:nyaofunhouse:20171026110709j:plain
茶色いでしょ?

ジュンウジタのケーキ、まずは、並んでいた中で唯一といってもいい、茶色くないケーキ、「ムースマスカルポーネ」を。
f:id:nyaofunhouse:20171026113528j:plain
これはなかなかさわやかそうでない?
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20171026113938j:plain
で、食べてみたのですが・・
これが、マスカルポーネのムースが、ミルキーな味もあるのですが、ごってりと濃厚で。
グラサージュがホワイトチョコなのかな?これもかなり濃ゆい。
中に入ってるあんずのコンポートは、これも味を凝縮した、あんず独特の酸味と甘さが。
可憐な見かけに反して、めっちゃ濃厚なムースケーキです。
非常に個性的で、独自性があって、美味しい。
初手からガツン!と来ました。


次に、これ楽しみだったガトーアキテーヌを。
f:id:nyaofunhouse:20171026114628j:plain
ほんのり赤いケーキですが。
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20171026114912j:plain
このケーキ、表面のジュレは「ヴァン・ショー」をイメージした赤ワインとスパイスのジュレ。
そして、スポンジに上下を挟まれた間には、刻んだプルーンがいっぱい入ったムースが。
このプルーンも、セミドライかな?味がとっても濃い。酸味も甘みもしっかりと凝縮されている。
あと、シナモンの香りも漂ってきて、赤ワインはアルコールこそほぼないものの、ちゃんと赤ワインの味がわかる。確かにヴァン・ショーだわこれ。
これは、完全に秋冬のケーキですね。こってりとしていて、甘くて、スパイシーで、気持ちが落ち着く美味しさ。
これすごく好きです!


そして、来ましたよタルトタタン。
ジュンウジタのタルトタタンはこんなでした!
f:id:nyaofunhouse:20171026115450j:plain
真っ黒!
粉糖かかってるけど、真っ黒!
アップにしてみると、こんなです。
f:id:nyaofunhouse:20171026115548j:plain
切ってみると、こんなです。
f:id:nyaofunhouse:20171026115848j:plain
で、期待のタルトタタンなのですが・・
もう、すごい!
完全に飴。飴です。これ。
すごい!を通り越して笑ってしまう。
口の中に入れると、ねちゃっとした飴の甘さが最初に来て、次に焦げくささが来て、でも最後に火を入れたりんごの美味しさが口の中に広がる。
自分、タルトタタンけっこう食べてますが、ここまで徹底的に火入れしたりんごは、そうそうない。
飴、だけどりんご、そしてカルバドスの香りも。
いやー、これは必食のタルトタタンですよ!


そして、これは潔いフォルムに惚れた、ガトーダマンド。
f:id:nyaofunhouse:20171026120448j:plain
このシンプルな佇まい。アーモンド生地とバタークリームだけ。
なかなか思い切りがよくないと出来ないですよね。
見かけ、一見昔ながらの洋菓子屋さんに並ぶケーキのよう。
だけど、食べてみると、これが思わず唸ってしまう。
シンプルだけど、生地がアーモンドの香りがとにかくすごくて、その豊かな香りに圧倒される。
ちょっと官能的ですらある。
いやー、すごい。
ここまで食べて思ったのですが、ジュンウジタ、鎌倉のパティスリー雪ノ下から独立してお店持った当初は、すごく地味なケーキをいっぱい作ってたんですよね。
当時、自分食べててあれれ?と思ったのです。
でも、その後、どんどんケーキのフォルムも味も洗練されてきて、すごいなーすごいなーと思っていたのですが、先日お店をリニューアルした際に、またシンプル路線に戻ったのではないか?と思うのです。
原点回帰。
だけど、単なる昔に戻りました、じゃなくて、めちゃくちゃパワーアップして、その力量を最大限生かしながら敢えてシンプルなケーキを作る。
そういう方向にシフトしているのではないか。
今回ショーケースに並ぶ茶色いケーキたちを見て、実際に食べてその美味しさに触れて、そんな気がしました。


茶色いケーキはまだまだ続きますよ。
次は、ミルフォイユノルマンディです。
f:id:nyaofunhouse:20171026121406j:plain
このブワッと膨らんだパイ生地。これが、焦げ感もある、とても香ばしい、軽やかな生地。
それに対して、中にはカルバドス入りの生クリームと、煮りんごが挟まれている。
この生クリーム、カルバドスのお酒っぽさがしっかりで、でも、甘さはほとんどない。
非常にストイックな味。
甘さは、表面のメレンゲと、煮りんごが補っている形。
でも、全体としてかなり甘さ抑えめの作りになってる。
甘さよりも苦さや香ばしさが前面に出た、とても大人っぽい味わいのミルフィーユです。
この境地はすごい。


そして、またも茶色いケーキ、ムースキャラメルノワゼットです。
f:id:nyaofunhouse:20171026123927j:plain
このシンプルなフォルム!
これでいいのか?と思うほど。一切の飾りを排した、シンプルすぎるほどのスタイル。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20171026124249j:plain
このケーキ、食べてみると、とにかくヘーゼルナッツの香りがブワッと来る。
ヘーゼルナッツのペーストをそのまま食べているかのよう。
もちろん、ペーストそのままであるはずもなく、中央に組み込まれたコーヒーのブリュレや、ヘーゼルナッツと共に感じられるキャラメルの甘さやコクが、ヘーゼルナッツの香りをより引き立てている。
実に力強い、ナッティなんて言葉では言い表せない、ナッツの美味しさを凝縮したケーキです。


最後に、満を持してのチョコケーキ、マルキーズです。
f:id:nyaofunhouse:20171026125440j:plain
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20171026125812j:plain
このケーキは、トップに固めのチョコクリーム、その下にメレンゲ、中はチョコムースと、中にもメレンゲが。
このチョコのムースが、これが、ジュンウジタ自家製のチョコを使っているとのことですが、ビター。
ビターというよりビタービター。
甘さを極限まで抑えた、強烈な苦味を持ったチョコムース。
さらに、ラム酒もガッツリ効かせてある。
これは、完全にアダルトオンリー。半端な気持ちでは吹き飛ばされてしまいそう。
これは紅茶よりも深煎りのコーヒーか、赤ワインが合いそう。
なんというか、凄みを感じさせるケーキです。


生ケーキは以上なのですが、最後に、焼き菓子コーナーに置いてあったケーキが、フォルムに惹かれて買ってしまいました。
ファンショネットです。
f:id:nyaofunhouse:20171026130801j:plain
これ!可愛い!
大きさは小さめのアントルメサイズ。
かなり大きいです。
なんか、フジウに置いてありそうな、古典の風格を持ったケーキですよね。
調べてみたら、やっぱり古典菓子だそうです。
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20171026132848j:plain
このケーキは、タルト生地の中にアーモンドの生地、そしてラズベリージャムをひと塗りして上にこんもりメレンゲという構成。
これもシンプルな構成ですが、これが・・・めっちゃ美味しい!
アーモンド生地が、これが、ガトーダマンドの時も思いましたが、アーモンドの香りが強く感じられて、めちゃ美味なのです。
それに対して、上のメレンゲはふわふわ甘々、タルト生地はほんのり塩気で、さらに、ラズベリージャムとアプリコットジャムが、果実味が素晴らしくて、これもめっちゃ美味。
いやー、たまらん。
これは大ヒットだわ。
シンプルな味わいなんだけど、全く飽きが来ない。
古典のすごさを味わえます。



・・・ということで、ジュンウジタのケーキ、見事にどれも茶色かったですが、とてつもなく美味でした。
確かにフルーツてんこ盛りとか、色とりどりのカラフルなムースとかではないですが、次々と繰り出される茶色いケーキには滋味深い・・というより、生地の圧倒的な強さを感じました。
間違いなく、宇治田シェフ、パワーアップしている。
華やかさには欠けるケーキですが、そんなことをすっとばした、圧倒的な美味しさがここにあります。
ぜひマパテ行ってみてください!
自分は、やっぱりまた碑文谷行かないとなーと思いました。まだまだ宇治田シェフの茶色いケーキいっぱい食べたいです!