Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


新宿2連戦!メゾプチ&ラ・カンドゥールのケーキ!

今週の新宿伊勢丹マ・パティスリーは、メゾン・ド・プティ・フールが登場。
でも、ほぼ同じ時期に、新宿高島屋パティシェリアにラ・カンドゥールが参戦!との噂を聞きつけて。
そんなー・・どっちかなんて選べないよー・・

なら、両方行けばいいんじゃなーい?
ということで、両方行ってきました!

まずは、開店時間の早い新宿高島屋から。
f:id:nyaofunhouse:20170928100204j:plain

新宿高島屋、もうクリスマスケーキのカタログ配布はじまってる!
高島屋のクリスマスケーキ予約開始は10/1とのこと。
早い!早すぎるよ!


・・・まあ、それはいいのですが。


パティシェリアのラ・カンドゥール、ケーキ全部で6種類。
その中から、4つをチョイス。
今回は伊勢丹も行くから、控えめに。


そして、高島屋→伊勢丹の直通通路をえっさほいさと歩いて、伊勢丹開店前に着きましたよ。
今回のメゾプチ@マパテはどうかなー・・
とショーケースを見てみると、ガトーバスクをはじめとした焼き系のケーキが3種類。
あと、和栗のモンブランもありました。
そうしたケーキを中心に、やっぱりここでも控えめに5つを選択。
ケーキ箱2つ積み重ねて持って帰ってきました。


それでは、先攻はメゾプチのケーキにしましょうかね。
最初に、和栗のモンブランから。
f:id:nyaofunhouse:20170928121421j:plain
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20170928121841j:plain
今年いくつめ?の和栗モンブラン、なかなか美味しいです!
和栗のクリームはほっくりほくほくで、栗の味がしっかり。
生クリームは量が多めで、なめらか&あっさり&ミルキーで美味しい。
メレンゲはやや薄め。ちょっと湿気てたかなー・・
でも美味しいモンブランでした!


次に、キューブ・プロヴァンサルを。
f:id:nyaofunhouse:20170928122519j:plain
このケーキ、見ただけではどんな味かわかりにくいのですが・・
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20170928122722j:plain
このケーキは、メインはチーズムース。その中にドライフルーツがいっぱい入ってる。
このチーズムース、重すぎはしないけどかなりねっとりまったりとした食感。
そのチーズムースに混ぜ込まれたドライフルーツがうまくリズムを作ってる。
トップの生クリームの下に甘酸っぱい柑橘系のジュレが入っていて、口をさっぱりさせてくれる。
重さと軽さのバランスがすごくいいケーキです。美味しい。


次に、サヴァランを。
f:id:nyaofunhouse:20170928123640j:plain
器の中はこんなです。
f:id:nyaofunhouse:20170928123847j:plain
このサヴァラン、生地はある程度空洞のある、シロップを吸い込みやすい生地になっています。
シロップの量はびちゃびちゃにはなってなくて、適量。
シロップの甘さは抑えめで、オレンジの香りと苦味があるので、キレが感じられます。
そして、特に個性的なのが上にたっぷり絞られた生クリーム。見ての通りバニラが強烈に効いている。
バニラの甘い芳香と、甘さ控えめのシロップの対比が面白いですね。


そして、ソリエスというケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20170928124447j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170928124722j:plain
このケーキは、断面からだとちょっとわかりにくいのですが、いちじくの赤ワイン煮がごろっと入ってます。
このいちじくのインパクトがすごい。むにむに、プチプチとした食感が強烈。
チョコのムースは、カカオの香りがしっかりで濃厚。でも、下にマスカルポーネのムースがあったりして、そこまで重たくはない。チョコといちじくのマリアージュを楽しむケーキですね。すごく好き。


メゾプチ、最後はタルト・ノルマンド。
f:id:nyaofunhouse:20170928125509j:plain
このケーキは、ガトーバスク的にしっかり焼き込んだ生地、その下に煮りんごがいっぱい。
トップに絞られているのは、クリームチーズのようです。酸味があります。シナモンもかかってる。
なので、このケーキ、ガトーバスク的な生地+りんご+チーズ+シナモンという、そりゃ美味しいよね!という、秋冬のほっこりした季節に合う、素敵な焼き系ケーキになっています。
やっぱりメゾプチは焼きが得意なわけで、こういうケーキは間違いないですね!



しばらく休憩の後、ラ・カンドゥールのケーキいきます!
まずは、ポワールキャラメルから。
f:id:nyaofunhouse:20170928152645j:plain
このケーキは、名前の通り洋梨とキャラメルがメイン。
洋梨のシャリシャリとした食感と、キャラメルの香りが秋らしくて素敵。
キャラメルについては、そこまで焦げ感とか甘さとかは強くなくて、洋梨とのバランスを第一に考えていると思われます。押しは強くないけど、ウェルメイドな美味しさ。


次に、こちらでもサヴァランを。ヴェリーヌ・サバラン・オランジュです。
f:id:nyaofunhouse:20170928154250j:plain
ラ・カンドゥールのサヴァランは、以前にも食べたことあるのですが、多分同じものかなー?
スプーンですくってみました。
f:id:nyaofunhouse:20170928154425j:plain
こちらのサヴァランは、生地はやや固め。シロップの吸いは少なめかな?シロップの他にオレンジのソースも入っていて、かなりオレンジの味が強い。オレンジの酸味、苦味がしっかり感じられる。
そのままだとノンアルコールかな?そこにスポイトのリキュールを足すと、アルコールはそこまで強くならないんだけど、香りがすごく良くなる。
これは、アルコール弱い人でも、ぜひスポイトの液をたらしてみることをおすすめします。


そして、シシリエンヌを。
f:id:nyaofunhouse:20170928155542j:plain
こちらのケーキは、ピスタチオ、チョコ、ラズベリーの組み合わせ。
これもバランス重視ですね。ピスタチオはコクはしっかりだけどそこまで豆のエグみはなくて、チョコもあっさりめ、ラズベリーの酸味もそこそこ、と、どのパーツも突出することなく、とてもまとまりがいい。
もう少しガツンとしたインパクトがほしいかな?という気もするけど、このウェルメイドな作りが、ラ・カンドゥールの強みなのでしょうね!


最後に、マダガスカルを。
f:id:nyaofunhouse:20170928161444j:plain
このチョコ飾りがラ・カンドゥールらしい!
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170928161718j:plain
特徴的なチョコ飾りに、とろとろのグラサージュ、ムースもかなり柔らかめで、口どけが良い。
チョコ自体はけっこう濃厚で、なので、しっかり効かせたトンカ豆が調和している。
やっぱり、トンカ豆は、濃厚なビターチョコとの相性がいちばんいい気がする。
中央に入っているのはバニラのブリュレ?これはそこまでインパクトはなくて、でもチョコを濃すぎないようにコントロールしている。
これも、濃厚だけど、バランスをすごく考えているケーキだと思います。


そんなわけで、今日は新宿高島屋・伊勢丹で催事ケーキいっぱい食べました。
それぞれに特徴があって、すごく楽しかった!


あ、ちなみに、伊勢丹のクリスマスケーキカタログ配布は9/30予定とのこと。
そうすると、考える時間がほとんどない。
どうしよー・・・