Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


毎年恒例!ラヴィルリエ@マパテ、今年はどんなかなー??

さて!腰も治ったし、今日は伊勢丹行くよー!
新宿伊勢丹マ・パティスリー、今週は毎年恒例になってますね、大阪ラヴィルリエの東京出張です。
今年は、大阪の厨房で作ったケーキを、午前便のみで東京に配送しているとか。
それだと、午後には完売する可能性が高く、争奪戦必至ですね!

予想通り、今日もマパテには行列ができました。
これも毎年恒例。
今年は、生ケーキの他に、タルトは4種類、そしてマロングラッセも売ってましたね。
ちなみに、今日は入荷がなかったのですが、もしかしたら今後入荷の可能性があるのが
・タルトエテ
・シャルロット
・オペラ
・りんごのタルト
などだそう。
これは、入荷するかもしれないし、しないかもしれない。
でも、また来てくださいねー!とスタッフの方に言われました。
ううう・・・チャンスがあればまた来ますー・・・


ということで、今回購入した生ケーキはこちら。
f:id:nyaofunhouse:20170914111348j:plain

ラヴィルリエのケーキ、まずは、ラパンから。
f:id:nyaofunhouse:20170914120617j:plain
可愛い!うさぎさんです!
うっかり断面を撮り忘れてしまいましたが・・
この白兎ケーキ、全体はホワイトチョコのムース。
中にいちごときいちごのジュレ。
そしてライチのガナッシュをスポンジでくるむ形。
まずは、ホワイトチョコのミルキーで優しい甘さ、そこにベリーの甘酸っぱさ。
いちごミルク味です。いいですねー。食感もふわふわで、幸せの味。
ライチは、そこまで強くはなくて、ホワイトチョコの甘さを後押しするイメージ。
見かけも含めて、乙女心がピョンピョンするんじゃー的な美味しさ。


次に、バナーヌをいきます。
f:id:nyaofunhouse:20170914121707j:plain
なんか黄色い真四角ですが・・
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20170914121903j:plain
このケーキ、もちろんバナナが主役。
バナナのムースの中に、チョコレートのムース、ベリーのジュレがアクセント。
下には、ほんのちょっと黒糖も使っているのだとか。
じゃああれだ、これはチョコバナナ味なのね!
と思って食べてみたのですが、意外にバナナが弱い。
口に入れていちばん前に出てきたのが、ベリーの酸味なんですね。
これはちょっとビックリ。
隠し味が隠しきれていないというか・・
黒糖もはっきりわかるぐらい感じられるし、チョコの中のスパイシーな風味もあったりして、
なんか色々とっちらかった印象が。
むしろバナナが奥に引っ込んでしまったかのよう。
うーん、これは、ちょっと複雑になりすぎているかなー?


次も個性的。エクリプスです。
f:id:nyaofunhouse:20170914122651j:plain
おお!なんかメタリックな緑色がカッコイイぞ!
スタイリッシュ!
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20170914122920j:plain
これ、断面図でみると、余計緑が目立ちますねー。
はい、こちらのケーキ、主役は抹茶です。
自分、抹茶はあんまり得意じゃないんだけど、ラヴィルリエの味を信じて、買ってみました。
はてさて、どうだろう・・・
と、ケーキを口に入れてみたのですが、
最初に感じられたのは、なんとパッションフルーツ!
これは、伏兵にしてやられた感。
順に、パッションフルーツ→抹茶→チョコと香りが続く。
抹茶のケーキだと、抹茶を前面に出しがちだけど、これは、抹茶抹茶してなくて、抹茶が得意でない自分でも普通に抹茶を感じることが出来た。
けど、この組み合わせが美味しいか?というと、うーん・・
ちょっとパッションの酸味が突飛かなー?という印象はぬぐえない。
これも複雑系ですね。


次もユニーク。名前はタルト・モン・アン・キューブ・ブランです。
f:id:nyaofunhouse:20170914125404j:plain
なんだこれ?すごく変わった形のケーキです。
とりあえず切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20170914125638j:plain
これ、上に載ったお豆腐みたいのが栗のムース。
そして、チョコの層の下にカシス。さらに下にフロマージュブラン。
で、これが、また、カシスが強い。
あれ?今回自分、酸味に敏感になってる?
と思って、パーツごとに食べなおしてみたのですが、
マロンムースはやっぱり栗の香りが薄め。
フロマージュブランも乳の香りが薄め。
カシスはしっかり酸っぱい。
なので、やっぱり全部一緒だとカシスが前に出過ぎてるんですよね。
栗とカシスは鉄板ですが、どうして栗をもっと強調しなかったのか・・・
マロングラッセは、カケラですが、美味しかった。
このマロングラッセのような濃度のムースだったら、味わい全然違ったと思うのですが・・
うーん・・・


気を取り直して、ル・キャラメルいきます。
f:id:nyaofunhouse:20170914124136j:plain
これは、もうキャラメル尽くしですね。
キャラメルのスポンジに、キャラメルのバタークリーム。
シンプルなれど、キャラメルを心ゆくまで楽しめる。
キャラメルは、ガッツリ苦い、という感じではなく、ホロ苦。
もうちょっとコクがあってもいいかな?と思ったものの、甘さもしっかりだし、
飽きの来ない味ということで言えば、バランス取れてるかも。
こういうシンプル系のケーキは、やっぱり真骨頂ですね。すごく美味しい。


生ケーキ最後は、これもシンプル、タルト・ショコラです。
f:id:nyaofunhouse:20170914131401j:plain
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20170914131625j:plain
これも、チョコづくし。濃厚なチョコのガナッシュが主体。
チョコガナッシュはかなり苦味が強くて、カカオの香りも良くて、すごく美味しい。
安定感ありますよね。
添えられたスペキュロス風のサブレがいいアクセント。
トンカ豆も入ってるということですが、確かに感じられるけど、そこまでうるさくない。
チョコの美味しさに溶け込んでいて、いい感じ。
こちらも、ラヴィルリエらしさが出た美味しいケーキですね!


そして、タルト。2種類買いました。
プラムのタルト。
f:id:nyaofunhouse:20170914133237j:plain
いちじくのタルト。
f:id:nyaofunhouse:20170914134543j:plain
昨日食べたパリ空のプラム・いちじくタルトも美味しかったですが、自分にとっては、好きなタルトというと、こんな感じになりますかね。
がっしり焼かれた、少し焦げも含んだ、フルーツも火がきっちり入った、そんなタルト。
やっぱり美味しい・・・


ということで、今年のラヴィルリエのケーキ、
新作はちょっと前衛的、というか、複雑になりすぎて、焦点がやや曖昧になってしまったきらいがありました。
一方で、キャラメル尽くし、チョコ尽くしのケーキは間違いのない美味しさで、やっぱりラヴィルリエはこっちの方向だよなーと再認識した次第。
タルトは、素晴らしいの一言。


さて、今日入荷のなかったケーキ、他の日に行くとあるかなー?ないかなー?
一応、明日も新宿行く用事あるので、ちょっと覗いてみます。