Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


9月!今年も栗の季節がやってきました!

9月!9月になりましたねー。
今年の夏は、ちょっと不完全燃焼な部分がありましたねー。
ブログには書かなかったですが、今年も麻布十番の納涼祭りには行って、弾けてきましたが、夏らしいことと言えばそのぐらい。
まあ、今年の夏は桃とともに過ぎた、という感じですかね。
桃はかなり食べました。充実してました。


さて、9月に入ったら、桃から季節は移って、栗!栗の季節のスタートです。
そして、栗の季節のスタートは、自分はいつも決まっています。
そう!アトレ四谷ですね。
f:id:nyaofunhouse:20170901111800j:plain
アトレ四谷の9月1日といえば・・・
もうおわかりですよね。

はい!ラ・プレシューズです!
ラ・プレシューズの9月1日からスタートする和栗のモンブラン、アトレが改装してラ・プレシューズが出店してから毎年買ってます。今年で何年目だろう。
もう楽しみで。
今年も買いましたよー。
今年は値段640円。
安くはないけど、まだなんとかもちこたえている感じ。


そして、ラ・プレシューズ、前にも書いたけど、今年に入ってから、ケーキのクオリティがぐぐっと上がったのですよ。
これはなぜなのかはわからないのですが、とても嬉しいこと。
今日も、新作ケーキの他に、「季節のフルーツタルト」という、以前はなかった焼き系のタルトがあって、それも買いました。


そして四谷のケーキ屋さんといえば、こちらも忘れてはいけないカフェミクニズ。
カフェミクニズ、8月はまるまる夏休みでした。長いねー。
そんな長い長い夏休みを終えて、今日から営業再開。
こちらも、ちょっとご無沙汰している間に、新作ケーキいっぱいできてた。
それもいっぱい購入。
ホクホクと調子に乗ってケーキ買い過ぎた感が。


9月1日の四谷ケーキ、まずはラ・プレシューズのケーキから。


なにをさておき、和栗のモンブラン。
今年はこんなでした!
f:id:nyaofunhouse:20170901123055j:plain
おお!
ラ・プレシューズの和栗モンブラン、いつもマロンクリームがベージュ色というかミルクティー色なのですが、今年は特に色が濃い印象。
包みをとると、こんな。
f:id:nyaofunhouse:20170901123442j:plain
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20170901123550j:plain
さてさて、今年の和栗のモンブランですが・・・
うん!いい!
今年の栗も豊作!
雨の日が多かったからどうかな?と思ったのですが、栗の香りがすごくいい!
やっぱりこれを味わわないと。
繊細ながらも濃厚な栗のクリームに、ミルキーな生クリーム、オレンジがかったサクサクメレンゲ。
今までいろんな和栗モンブラン食べてきましたが、やっぱりここのは安定してクオリティ最高ですな。
栗の季節、いいスタートを切れたのでは?


ラ・プレシューズのケーキ、和栗のモンブランを堪能した後は、
ヴェリーヌいきます。
パルムローザ。
f:id:nyaofunhouse:20170901124054j:plain
これは前食べたかな?でも美味しそうだったので。
スプーンですくってみます。
f:id:nyaofunhouse:20170901124308j:plain
このヴェリーヌは、上がグレープフルーツのジュレ、下がいちごのジュレの構成。
ふるふるとしたグレープフルーツのジュレが、グレープフルーツの果肉とともにとってもジューシー!果実感あふれる。
そして、柑橘の酸味とベリーの酸味が合わさると、酸味に奥行きが出るんですよね。
さっぱりしながらも、単純にならない美味しさでした。


そして、これは初めてかな。キャラメルオレンジブリュレ。
f:id:nyaofunhouse:20170901125006j:plain
おー!
スプーンですくってみます。
f:id:nyaofunhouse:20170901125106j:plain
これ、美味しいな!
まず、キャラメリゼがまだパリッとしていて、ホロ苦で美味しい。
そして、ブリュレがクリーミー、上の生クリームがやっぱりミルキーで、まったりとした濃厚な味。
そこに、オレンジが香ることで、もたれることなく清涼感を与えている。
キャラメルとオレンジは合うけど、単純なキャラメルオランジュになっていない。これもシンプルながら単調になっていない工夫があって、すごく好き。


そしてそして、これちょっとビックリした「季節のフルーツタルト」。
f:id:nyaofunhouse:20170901125648j:plain
なんと!栗狩りだけじゃなくてぶどう狩りまで出来てしまうとは!
以前のラ・プレシューズにはなかったタイプのケーキ。
で、味の方なのですが、これ、フルーツタルトなのですが、マスカットも美味しいのですが、バニラ感のカスタードに軽くラム酒が効いていたり、クレームダマンドが分厚いタルト生地がややねちっとしていたり、フルーツ以外の部分がすごく美味しいのです!
やっぱりフルーツタルトの真髄はタルト部分にあり。
生地をたべさせるタルト、すごく好きです。


ラ・プレシューズ、最後に、夏の終わりを惜しむケーキ、ココマング。
f:id:nyaofunhouse:20170901130153j:plain
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20170901130324j:plain
正直自分はココナッツをそこまで得意としてなくて、特にザリザリとした食感がちょっと苦手。
このケーキも、表面のザリザリはあんまり好きじゃないのですが、ココナッツのムース部分は、ふんわりとメレンゲのような軽さと、適度な甘さ、ココナッツの味も濃くて、すごく美味しい。
マンゴーは、甘さや濃さをココナッツとほぼ同じに合わせていて、そこまで甘ったるい感じににはなっていない。
照りつける真夏の太陽!というよりは、去りゆく夏のやわらかな日差し、といった印象でした。


いやー、ラ・プレシューズのケーキ、和栗のモンブランは今年も最高だったし、それ以外のケーキが本当に充実している。
フルーツタルトの隣にはキッシュも並んでいたし、今度キッシュも買ってみようかな。
これから秋冬にかけて、どんなケーキが並ぶのかも楽しみになってきました。



そして、ここからはカフェミクニズのケーキ。
まずは、夏限定の「ヴェリーヌマンゴー」から。
f:id:nyaofunhouse:20170901131706j:plain
これも、もうすぐ終わりになる夏のヴェリーヌですね。
スプーンですくってみます・・。
f:id:nyaofunhouse:20170901131827j:plain
このヴェリーヌは、マンゴーの果肉、マンゴーのムース・・というか、マンゴープリン、ココナッツのパンナコッタの構成。
これ、マンゴーがすっごく美味しいのな。
マンゴーの果肉も甘くて美味しいし、マンゴープリンが濃厚で、これだけでも売り物になると思わせる。
いいマンゴー使ってる、というのが明確にわかる。
ココナッツは、ここではサポート役として、マンゴーの甘さにトロピカルな香りを添えている。
甘さは強めなんだけど、満足度がめちゃくちゃ高いヴェリーヌでした。


次に、「エテ」。
f:id:nyaofunhouse:20170901132853j:plain
おー!なんだこれ!すごくフォルムが美しい!この外見だけでも見惚れてしまう。
見ての通り、ライムのゼスト(皮のすりおろし)がたっぷりかかっている、白い部分はフロマージュブラン。
このケーキ、ひとくち食べて、その味わいの奥深さに感嘆しましたね。しばしたたずんでみた。
この、チーズの酸味に、ライムの強い酸味、そしてライムの皮の香り。
2つの異なる酸味が、かなり強めに感じられる。
そこに、満を持して投入されるのが、マンゴーですよ。
ここでマンゴーを持ってくるか。
このマンゴーの甘さが、酸味の強さを甘さの方向に引き戻して、絶妙のバランスを保っているのですね。
この構成の妙たるや。
この奇跡的なバランス、ほんと深く考えられている。すごい。


そして、これも白いケーキ、リュクス。
f:id:nyaofunhouse:20170901133608j:plain
このケーキは側面からみると、まるで菱餅みたいですよね。
白、緑、赤、茶色。
ホワイトチョコ、ピスタチオ、ラズベリー、ビターチョコ。
だけど、これも単に層を積み上げただけでなく、ピスタチオはスポンジに、そしてチョコはピスタチオ入りのフィヤンティーヌ。
f:id:nyaofunhouse:20170901133924j:plain
食感にも細かい工夫がされている。
味の方は、これは、全部が同じように味が出てくるのではなく、ラズベリーとビターチョコが前面に、そしてホワイトチョコとピスタチオが後方支援に回っている。
食べる前は、4種類も味を重ねてどうかなー?と思ったのですが、きっちりメリハリが出来ているので、味がとても明快。
味わいも食感も、計算され尽くしたケーキでした。


そして、「アールグレイ」というケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20170901140901j:plain
全面的にチョコがかかっていますが、切ってみるとこんなでした。
f:id:nyaofunhouse:20170901141040j:plain
これは、上のクリームが紅茶、下の部分がチョコという構成のよう。
全体的にはチョコレートケーキですが、しっかり噛み締めていると紅茶も香ってくる気が。
個人的には、シャンドワゾーのロワイヤルぐらいしっかり紅茶が感じられると嬉しかったけど、チョコケーキのバリエーションとして、よく出来ていると思います。美味しかったです。


最後に、ミルフィーユ・オ・フランボワーズを。
f:id:nyaofunhouse:20170901141641j:plain
ミクニズのミルフィーユ、美味しいんですよね。
しっかり焼かれたパイ生地は、はらりと儚く軽く、ピスタチオのクリームは豆を感じさせる濃厚さ。
そこに、たっぷりのラズベリーが、フレッシュな酸味を加えていて、堂々とした風格を感じさせる、超一級のミルフィーユになっています。
美味しいなー。



ということで、9月最初の日は、四谷でたっぷりケーキを楽しみました。
和栗のモンブラン美味しかったし、一方でマンゴーココナッツも両店とも美味しかった。
これからどんどん秋が深まってきて、美味しいフルーツを使ったケーキがどんどん出てくる。
楽しみは尽きないですねー!