Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


ルラシオンで桃三昧、あと「打ち上げ花火」とか

夏休みも終盤。
今日はいろいろ楽しむ予定でした。
早起きして、洗濯して、午前中のうちに芦花公園に行ってルラシオンでパフェ食べて、3時には新宿に戻って映画見て、5時には家に帰る・・という算段だったのですが。

それが、起きたら10時で、洗濯はできない上にボサボサしてたらあっという間に12時過ぎてしまって。

全部2時間遅れだよ。
ああもう!


と、自分のとろさを呪いながら、なんとかやってきました芦花公園。
ルラシオンでパフェ食べますよ!
f:id:nyaofunhouse:20170820132312j:plain

最近、多くのパティスリーで人手不足により営業日が短縮されているケースが増えていますが、
ルラシオンも、お休みの日が増えるみたい。
f:id:nyaofunhouse:20170820132335j:plain
自分は事前に情報を得ていたので、連休前になんとか滑り込んだ・・という次第。
f:id:nyaofunhouse:20170820132341j:plain

ルラシオンの店内、カウンター席には数人のお客さんが。
みなさんパフェ食べてます。
自分ももちろんパフェ、そしてその後ケーキも。


パフェ、ドリンクセットもあって、コーヒー紅茶カフェラテだったかな?選べます。
自分はホットのカフェラテで。

しばらく待つと、ドリンクと一緒にパフェがやってきました!
「クープペッシュ」です。
f:id:nyaofunhouse:20170820133754j:plain
おー!
すごいすごい!
これツイッターで画像見て、これは絶対食べなきゃ!と思って。
実物、やっぱりすごいです。
古典的なパフェの器に盛られているのが、またあがりますよね。
f:id:nyaofunhouse:20170820133825j:plain
大きく切ってある桃の存在感がまずすごいですよね。
完熟で、みずみずしくて、甘いです。
それに加えて桃のソルベ、バニラアイス、トップのメレンゲ、生クリーム、カスタードクリーム、ジュレにシリアル・・・もう、盛りだくさん。
豪華絢爛。
幸せが約束された天上の味わいです。
いやー、来た甲斐がありましたよ。


一通りパフェを堪能してから、ケーキを持ってきてもらいました。
こちらが今回チョイスしたケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20170820134657j:plain


まずは、こちらも桃好きとしてははずせなかったシャンティーペッシュです。
f:id:nyaofunhouse:20170820134716j:plain
こちらも桃がドーンと載ってます。大迫力です。
桃の淡い甘さに合わせて、全体に甘さはかなり抑えめのショートケーキになっています。
桃が上にも中にもたっぷりなので、とにかく桃!それを味わうためのケーキ。
でも、スポンジ部分が意外に厚くて、甘さ控えめながら食べごたえは十分。


次に、フロマージュパッションマング。
f:id:nyaofunhouse:20170820135219j:plain
このケーキ、かなり大振りです。
トップにムラングココが3つも載っている。
中には、名前の通りパッションフルーツとマンゴーが挟まっているのですが、
パッションフルーツはそこまでキューンと酸味が強くはなく、マンゴーも甘ったるくはなく、
チーズとの一体感が取れている印象。
それにトップのメレンゲの甘さが加わり、全体が調和している。
真夏!というよりは、トロピカル風味だけどあくまでもチーズケーキのバリエーションとして存在している、みたいな。
美味しいです。


ヴェリーヌは3種類ぐらいあったかな?その中から「ブランマンジェトンカ」を。
f:id:nyaofunhouse:20170820135931j:plain
スプーンですくってみます。
f:id:nyaofunhouse:20170820140033j:plain
このヴェリーヌは、上がハイビスカスとローズヒップのジュレ、その中に桃の角切り、下はトンカ豆のブラマンジェという構成。
これ、ブラマンジェのトンカ豆がかなり強い香り。
トンカ豆好きなので、自分は大丈夫ですが、かなりクセがある。
それもあって、桃やジュレの繊細さがやや消されている感も。
トンカ豆って、味の強いものと合わせた時に魅力を発揮する素材だと思うので、もう少し甘さの柱を作るか、あるいは全体にもう少し淡くした方が、桃の美味しさがより生かせたのではないか?という気もしました。
トンカ豆流行していますが、なかなか難しい食材だなーという印象があります。


最後に、フランボワジエを。
f:id:nyaofunhouse:20170820140530j:plain
こちらのケーキは、ラズベリーのバタークリームが、重すぎることなく、口どけがすごくよくて美味しい。
ピスタチオのスポンジや、チョコを薄くはさんだり、かなり工夫もされている。
全体としては、かなり軽やかな印象。
すごく美味しいんだけど、紅茶に合いそう。


ということで、ルラシオンのケーキ、久しぶりかな?食べました。
どれも美味しかったです。特に、桃を使ったケーキが多かったのが嬉しかった。
それにしても、ルラシオンのケーキ、コーヒーとのマリアージュを前面に出しているのですが、全体に繊細で軽めの味のものが多く、個人的には紅茶と合わせたほうがいいのでは?と思う局面が少なくなく。
今回も、パフェについてきたカフェラテを飲みながらケーキ食べましたが、紅茶かな?と思ったりも。


さて、ルラシオンをあとにして、通常だったらここからラ・ヴィエイユ・フランスへ向かうところですが、今回は大人しく新宿へ。
映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は、新宿ではピカデリー、TOHOシネマズ、バルト9でやってるらしいのですが、ここはやっぱりTOHOで見るでしょう。
自分が劇場に着いたのは3時前でしたが、5時半の回が取れました。
f:id:nyaofunhouse:20170820152829j:plain
9番スクリーンは、いちばん大きなスクリーンかな?500人以上入る。
楽しみだー。
・・はいいのですが、開演まで時間が中途半端にある。
どうしよう。
と、新宿をうろうろしていたのですが、そういえば、これもツイッター情報で、新宿NeWomanのTORAYA CAFEでかき氷提供している、らしいということで、それを食べることに。

カフェ、日曜日ということもあって混んでましたが、なんとか席確保。
かき氷は、いちご、いちご練乳、抹茶、抹茶練乳・・かな、そんな感じ。
自分はいちごをチョイス。

こちらがTORAYA CAFEのいちごかき氷です!
f:id:nyaofunhouse:20170820163842j:plain
やっぱり餡がついてくるのね。
このかき氷、いちごがジャムみたいに濃厚で、美味しい。
餡こはあってもなくてもいい感じだけど、さすがに美味しい。
氷はふわふわ。
すごく高い(700円+税)んだけど、それなりの美味しさはあったかな。


そうこうしているうちに、映画開始の時間が迫ってきました。
再び歌舞伎町へ。
スクリーン9、公開直後というともあって、満席。
自分のE15は、ちょっと前の方だけど、かなりいい席でした。

で、そんな中見た映画は・・・
自分的にはなかなか面白かったです。
元のテレビドラマ版を見てないので、比較は出来ないのですが、
元は岩井俊二監督ということで、おそらくかなりリリカルな作りになっているものと思われ。
それに対して、アニメ版は繊細な演出ではないので、岩井俊二テイストを求めると、違和感あるかも。
やっぱり、シャフトはシャフトだったという。
でも、せっかくシャフトなんだから、もっとめちゃくちゃやっても良かったんじゃないかな?という思いも。
シャフトらしさは随所に見られたけど、全体のテイストはシンプルな青春物、という感じになっていて、
ややどっちつかずな感じにはなってた。
多分、新房監督に「たのむからむちゃしないでくださいよー!」という要望があったのかも。
と思わせる出来でした。
まあ、キャラデザが渡辺明夫さんだったり、音楽が神前暁さんだったり、自分の好きなスタッフさんがメインだったので、自分的にはOK。気分良く見られました。
でも、まどマギ叛逆のような、血管切れそうな興奮、はなかったかな。
普通でした。普通に面白かったです。
広瀬すずさんは、斎藤千和テイストが出てて、なかなか好演でした。


さーて、あとは、夏の計画は26日の麻布十番縁日だ。
たのむから晴れてくれーーー!!