Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


シャンドワゾーの夏全開ケーキは甘酸っぱい胸キュン味!

新宿伊勢丹マ・パティスリーがケーキ好きを本気で殺しに来ている7月攻勢、2週めはシャンドワゾーです。
シャンドワゾー、夏向きのケーキはどうなのか、伊勢丹限定のケーキはあるのか、ワクワク楽しみは尽きません。

なんでも事前情報では、今回限定で「夏のタルトタタン」があるとか。
なんそれ。更に楽しみが増す増す。

新宿伊勢丹は、昨日からセール開始。
今日も人すごく多かったですが、そんな中をかきわけて、ケーキいっぱい買ってきました。
こんな感じ。
f:id:nyaofunhouse:20170713110623j:plain
買いましたねー


シャンドワゾー@マパテのケーキ、まずは、深紅が美しいヴェール・エ・ルージュから。
f:id:nyaofunhouse:20170713114742j:plain
「ケーキツアー入門」のフランス語講座をご覧いただくとおわかりのように、ヴェールは緑、ルージュは赤。
だけど、外見上は緑の要素がないね?と思うでしょ?
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20170713115130j:plain
おー!中は緑でした!
このケーキ、赤はラズベリー、緑はピスタチオ。
組み合わせとしてはそう珍しくはない。
けど、その美味しさには驚愕です!
ラズベリーのジュレのキュイーンとした酸味。
ピスタチオのムースの強烈な豆っぽさ。
いずれも、ラズベリーの美味しさを凝縮した、ピスタチオの美味しさを凝縮した、「それ以上」の美味しさ。
輪郭がハッキリした、脳天にくる強い味わいのケーキ。
うーむ、いきなり最初からやられました。


次に、パファンデジルを。
f:id:nyaofunhouse:20170713115618j:plain
今度はビビッドな黄色がキレイです。
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20170713115828j:plain
こちらも、パッションフルーツの酸味が鮮烈!
もう、夏全開!果実味が弾けてます!
ココナッツのムースは、優しい甘さで、パッションと共にトロピカル風味をプラス。
見かけも味も、夏だからこそ!の美味しさ。シャンドワゾー、こんな元気印のケーキもすごく美味しいんですね!


そして、タルトアマンドパッション。
f:id:nyaofunhouse:20170713120401j:plain
今度は純白です。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170713120539j:plain
名前の通り、こちらにもパッションフルーツが使われている。
なので、パファンデジルとかぶる?と思ったのですが、
その心配は杞憂に終わりました。
同じパッションを使っていても、味は全くの別物。
こちらでは、主役はアーモンド。
アーモンドの香ばしさや、杏仁フレイバーがメインで、そこに、キャラメルのねちっとした甘さ。
最後に、全体をパッションのほのかな酸味でまとめあげている。
この味の構成、素晴らしいです。
さらに言うと、タルト生地がとっても美味しい。
タルトのサクサクにアーモンドのカリカリが加わって、ちょっと中華菓子のような雰囲気もあります。


次に、タルトシトロンを。
f:id:nyaofunhouse:20170713121233j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170713121412j:plain
このケーキは、定番のタルトシトロンで、チョコが刺さっている以外は特に目新しいところはないのですが、やっぱり普通じゃない美味しさですねー!
レモンクリームが、キュンと酸っぱいだけでなく、レモンとしての香りがすごくいいんですね。
そして、やはりタルトが香ばしい。バターの香りがいっぱいに広がる。
この、バターの香りと、レモンの香りが、相性バッチリで、より香りが豊かになるんですね。
このあたりがそんじょそこらのタルトシトロンとは違う。
メレンゲの甘さ、分量も適量。シンプル美味しい。


ヴェリーヌは、2種類並んでいたうち、「ソーテルヌ」を購入。
f:id:nyaofunhouse:20170713121959j:plain
おー!美しい・・
スプーンですくってみます。
f:id:nyaofunhouse:20170713122107j:plain
このヴェリーヌは、桃やさくらんぼなど、季節のフルーツがゴロゴロ入ってる。これが美味しい。
そして、それを包み込むのが、貴腐ワインのジュレ。
これも、貴腐ワイン独特の甘さがあって、そしてアルコールもじんわり感じられて、美味しさに酔いしれる。
下のバニラクリームもとろとろで、まさに夏を全身で楽しむヴェリーヌですね。
暑い部屋も、体感気温が1度下がりましたよ。


そしてそして、今回限定の「タルトタタン・トロピック」。
f:id:nyaofunhouse:20170713122658j:plain
シャンドワゾーのタルトタタンは巨大なのが特徴なのですが、この夏向きタルトタタンもでかい。
構成としては、クレームダマンド、バナナ、トロピカルなソース、上に焦げ目の付いたパイナップル。
パイナップルが、甘くて、酸っぱくて、もう夏!青春の味!
そして、やっぱりパイ生地が美味しい。ほんのり塩気があって。
大きくて食べでのあるタルトなのですが、トロピカルフルーツの甘酸っぱさでサクサク食べられます。


最後に、久しぶりに買いましたミゼラブル。
f:id:nyaofunhouse:20170713123000j:plain
これについては、もう説明不要ですね。何度食べても間違いなく美味しい。
今回は、バターの塩気が夏向きに感じられて、意外とミゼラブル、夏食べても美味しいじゃん!という感想でした。


そんなわけで、今回のシャンドワゾー@マパテ、ほぼ全部のケーキが酸味しっかりの味わい。
だけど、それぞれ全部酸っぱさの風合いが違っていて、食べていてずっと胸キュンキュンしっぱなしでしたよ。
夏はケーキはあんまり・・という向きもありますが、このシャンドワゾーのケーキを食べれば、夏こそケーキでしょ!と考えを改めることでしょう。
夏の美味しさを体感したければ、ぜひマパテへ!