Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


エチエンヌの梅雨ケーキはフルーツいっぱい元気いっぱい!

拙著「ケーキツアー入門」、ようやくAmazonに入荷しました!
Amazonで予約されていた方、お待たせして申し訳ありませんでしたが、間もなく発送されると思います。
到着までもうすぐです!お待ちください。


今年7月・8月の伊勢丹新宿店マ・パティスリーはかなりヤバイラインナップ。
ほぼ毎週行かないといけないみたい。大変だ。
その第一弾、エチエンヌ!行ってきました。


エチエンヌ@マパテ、開店と同時に向かったのですが、大人気。
自分がケーキの選択に悩んでいる間に、どんどん人が増えていく。


ショーケースの中のケーキは、定番ケーキもあったけど、主に旬のフルーツを使った、みずみずしいケーキが多かったです。
ヴェリーヌが2種類、フルーツタルトが2種類。

そんな中から、今回は今の季節らしいフルーツのケーキを中心にセレクト。
こんな感じで買ってきました。
f:id:nyaofunhouse:20170706122536j:plain


エチエンヌのケーキ、まずはトロピコから。
f:id:nyaofunhouse:20170706123041j:plain
すごいなー、フルーツモリモリだ。
一応切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20170706123356j:plain
このケーキは、もう言うまでもなく、完熟のパイナップルとマンゴーの甘さ、美味しさがすべてを決めている。
間違いなく美味しい。
でも、もちろんそれだけにとどまらず、ライムのゼストをかけたトロピカルなクリームと、ややしっとりしたタルト生地が、香ばしさとココナッツのシャリッとした食感で、南国フルーツの甘さに華を添えている。
やっぱりエチエンヌ、フルーツ使い上手。


次に、ストローハットというケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20170706123902j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170706124106j:plain
このケーキ、上のひまわりのような絞りは、クリームじゃなくて焼きメレンゲ。
ふわっと甘いです。
中にはトロピカルなムースと、生のバナナ!
周囲には焼いたココナッツがまぶしてあって。
これも、フレッシュフルーツはバナナぐらいだけど、夏満開の元気になるケーキです。
美味しい。


ここからはタルト2種いきます。
まずは、「地元の摘み立てブルーベリーチーズケーキ」。
f:id:nyaofunhouse:20170706125329j:plain
見ての通り、ブルーベリーがめっちゃ大粒!
この摘み立てブルーベリー、見かけ通りジューシーですっごく美味しい!
ジューシーで、酸味もかなりしっかり。
それに中のカシスのムースがまた酸っぱい。
なので、口の中が酸っぱ酸っぱになる。
そこに、チーズケーキが控えめながらも柔らかい酸味で受け止めて。
最後はざっくりタルト生地が全体をひとつのケーキとしてまとめる。という構成。
これもフルーツメインだけど、それだけじゃない、ケーキとして万全の作り。


そして、フレッシュサワーチェリーのタルト。
f:id:nyaofunhouse:20170706125958j:plain
チェリー月間、6月で終わりかと思いきや、まだまだ続きますよ!
こちらのチェリータルト、上はチェリーのクリーム、下はチェリーをたっぷり練り込んだタルト生地。
むしろタルトの方が酸味が強い。上のふわっとした甘酸っぱさに、下のキュンとした甘酸っぱさ。
チェリーまみれ。
もちろんタルトの出来も会心のもので、エチエンヌらしさが全面に出た、チェリー好きならずとも愛してしまう美味タルトでした。


さらにチェリーを!
エクレールスリーズです。今回の催事限定。
f:id:nyaofunhouse:20170706132850j:plain
おおー、かなり豪快なフォルム!
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20170706133024j:plain
このエクレア、生地自体も美味しいし、下にはサブレも敷いてあって、ワイルドな見かけに対して作りが細かい。
下のシューにはチェリーのジュレも入ってるし。
チェリーの果肉もたくさんで、こちらもチェリーまみれ。
上に絞ったチョコクリームは、比較的軽くてチェリーの甘酸っぱさと好相性。
こちらもチェリーのポテンシャルを最大限に生かしたフレッシュエクレアです。


ヴェリーヌは、2種類のうち1つを購入。「杏と杏仁のシャンパンジュレ」です。
f:id:nyaofunhouse:20170706133559j:plain
中がくびれた独特の形状の器に入っています。
スプーンですくうと・・・
f:id:nyaofunhouse:20170706133701j:plain
このヴェリーヌ、中心のオレンジ色のジュレが、もう、あんずそのもの!というほど酸味が強烈。
あんずそのものよりも更にあんずらしい凝縮された甘酸っぱさ。
この酸味に対して、杏仁のブラマンジェがまったりとした食感とまろやかな甘さで包み込み、最後にほんのり渋みを感じる華やかなシャンパンのジュレが高貴さを付加する。
これも果実味を感じる、完成度の高いヴェリーヌですねー。


最後に、名物シュー「ぶたのおしり」を。
f:id:nyaofunhouse:20170706134304j:plain
このぶたのおしり、伊勢丹限定、と書いてあって、あれ?ぶたのおしり、定番でしょ?と思ったら
f:id:nyaofunhouse:20170706134444j:plain
中のクリームがキャラメルクリームなのが通常品と違うのだとか。
そんな限定ぶたのおしり、食べてみましたが、やっぱり美味しい!
なんといっても、「ケーキツアー入門」のシュークリームの項に入れているぐらいで、元々ぶたのおしり大好きなのですが、改めて食べてみて、がっしりと焼かれた肉厚のシュー皮が素晴らしく美味しい。
そこに、バニラの香りのキャラメルクリームが。
これがまた、素晴らしく美味しい!
これ、催事限定とは思えない。定番品として売るべきじゃない?と思わせる。
シュー皮の香ばしさとキャラメルのほろ苦さが最高のマッチング。
これはシュークリーム好きは必食ですね。


ということで、今回のエチエンヌ@マパテ、ご覧の通りフレッシュフルーツを使ったケーキがたくさんありました。
どれもフルーツの美味しさが抜群!
だけど、そんじょそこらの、フルーツさえ美味しければ後はどうでもいい、という類のケーキではない。
フルーツの美味しさを最大限に活かすための工夫がしっかりされているから、エチエンヌのフルーツのケーキは、フルーツをゴロンと使っていても信頼できるんですね。
よくある言い方ですが、「元気をもらいました」!
毎日暑くて体力低下が心配されるのであれば、ぜひエチエンヌのフルーツたっぷりケーキで元気補給を!