Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


マテリエルのエレガンスにさらに磨きがかかってる

今週の新宿伊勢丹マ・パティスリーは、マテリエルです!
マパテ、久しぶり。マテリエルもちょっと久しぶりかな。
楽しみ!


マパテのショーケース、覗いてみると、今回のためのケーキが3種類もある!
おー!すごい!
それらも含めて、久々にケーキ6個ガッツリ購入。
こんな感じですね。
f:id:nyaofunhouse:20170622113812j:plain
このケーキ箱の中身見て、気が付かれた方いらっしゃると思いますが、いかにもマテリエルらしい。
何が?というのは後ほど。

マテリエルのケーキ、まずはプリムヴェールから。
このケーキは、以前も食べたことありますが、だいぶ前だったので、また買ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20170622114052j:plain
美しいフォルムですよねー。
見惚れてしまう。
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20170622114625j:plain
おー、中にもグロゼイユの粒が!


このケーキは、グロゼイユとピスタチオのケーキ。
なめらかなムースがメインなので、さっぱりと食べやすいんだけど、ピスタチオが意外に豆らしさを残していて、グロゼイユの強い酸味と合わさって、ダイナミックレンジの広い味になってる。
洗練の中にちゃんと食べごたえもあって、とても美味しい。
あと、飾りのマカロンがレモン風味で、単なる飾りを超えた美味しさ。素晴らしい。


次に、今回限定のケーキ、ノワゼット・オランジュ。
f:id:nyaofunhouse:20170622115023j:plain
これもスタイリッシュなフォルムですねー。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170622115305j:plain
このケーキは、名前の通りヘーゼルナッツとオレンジの組み合わせ、プラス、ミルクチョコレートなんだけど、オレンジの使い方が特徴的で、コンフィのオレンジ、オレンジの甘酸っぱい爽やかさというより、オレンジピールの苦味や渋みを生かしたつくりになっていて、若々しいフレッシュさより貴婦人的なエレガンスを感じる。そこになめらかなミルクチョコと、香ばしいヘーゼルナッツが加わって、これも洗練を感じさせる大人なケーキになっている。すごく美味しいです。


次に、レコルト。
f:id:nyaofunhouse:20170622115924j:plain
このケーキ、緑の部分がグラサージュ仕上げ、トップの茶色いドームがピストレ仕上げと、切り替えている。手間かかってるよー
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170622120126j:plain
このケーキは、口の中に入れると、ピスタチオやヘーゼルナッツの香ばしさがダイレクトに伝わる。ピスタチオはなめらかなムース、ヘーゼルナッツは下に刻んで入れているので食感の違いも楽しめる。
そうして、一通りナッツを楽しんだ後に、最後にコーヒーがふわっと香る。
なんとも粋なケーキ。
このケーキも、ナッツ主体なんだけど、食べ口は重すぎない。このあたりのバランス感覚は相変わらず研ぎ澄まされている。


そして、これも限定ケーキ、カフェ・ドゥルセ。
f:id:nyaofunhouse:20170622120611j:plain
美しい・・・
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170622120817j:plain
ブロンドチョコとコーヒーの組み合わせ。元々ドゥルセはコーヒー牛乳のような味わいを持っているので、コーヒーとの相性は抜群。ここでは、その鉄壁の組み合わせに、ほんのりミルキーな味も加わって最高。
そして、下半分、これはなんだろ?フィヤンティーヌじゃないんだけど、シャクシャクとした軽い歯ざわり。何かの生地を砕いたのかな?これがまったりとしたコーヒー牛乳味のムースに的確なアクセントを与えていて、味にストーリー性を持たせている。これも考えられたケーキですね。


そしてそして、これも限定。パリ・ブレスト・シトロン。
f:id:nyaofunhouse:20170622121502j:plain
おー、なんかすごいぞ。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170622121922j:plain
これはスゴイですね!
このケーキは、プラリネクリームの中にいっぱいレモンのコンフィを詰めた、前代未聞のパリブレスト。
でも、ちゃんと美味しいし、ちゃんとパリブレストになってるんですねー。
これがすごい。驚きのケーキ。
プラリネの濃厚さ、シュー生地のもっさりとした食感、そして甘酢っぱいレモンのコンフィ。
更にサイドと下にヘーゼルナッツ。
これも凝った構成だけど、バランスと統一感は間違いなくとれていて、これもマテリエルならではの美味しさ。


最後、マルティニック。
f:id:nyaofunhouse:20170622122339j:plain
これも美しい・・・
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170622122610j:plain
このケーキは、濃厚なチョコムースに、バナナのコンフィチュール。
だから、基本はチョコバナナ。
でも、チョコバナナというと想像される、甘ったるい、おこちゃま向けのチョコバナナとは全く違う。
バナナのコンフィチュールが、やや青臭さも残した、フレッシュな美味しさなのですね。
だから、ほろ苦チョコとフルーティーなバナナの組み合わせで、とてもエレガントなチョコバナナになっている。
これも下にナッツのアクセントが。


さてさて、これで今回のマテリエルのケーキ、全部紹介しました。
で、最初に書いた、今回のケーキの特徴、お分かりになりました?
それは・・
今回買ったケーキ、三角や四角に切り分けたケーキがひとつもない!ということ。
これはちょっとすごいですね。
特にパリブレストなんて、切り分けるのが一般的なスタイルなのに、あえてシュークリーム的な仕上げにしている。
丸いケーキは、セルクルやドーム型に入れて整形するので、大きなケーキを切り分けるのに比べて非効率的。手間もかかります。
でも、そのかわり、美しいフォルムを作り出すことが出来る。
今回のケーキ、どれも惚れ惚れする美しさでしょう?
ほとんどのケーキに、それぞれ違う色や形のチョコ飾りがついていたり。
ものによってグラサージュ仕上げ、ピストレ仕上げを分けていたり。
とても洗練された、美しいケーキたち。

もちろん、外見だけ良くても、中身が伴っていなければ意味がありませんが、
マテリエルのケーキは、断面図をご覧いただいておわかりのように、
中身もしっかり手間ひまをかけて作り込んでいる。
作り込んでいるんだけど、難しさや食べにくさは皆無。どれもバランス感覚にすぐれた、外見以上に洗練された美味しさ。
これこそマテリエルらしさですよ!
今回久々にマテリエルのケーキを食べて、元々のエレガンスにさらに磨きがかかってる、と感じましたね。


マテリエルの店舗、夏の名物パフェも始まってます。
自分は桃のパフェかな?8月にはお伺いする予定。
パフェもケーキ同様、手間のかかった洗練の味。
今から楽しみなのです。