Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


お久しぶりのラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブション

今週の新宿伊勢丹マ・パティスリーはラ・ブティック・ドゥ・ジョエル・ロブションです。
ロブションかー。
この「ロブションかー」というのが、自分のロブションに対する熱の入れ具合を表しているわけですが、
でも、ロブション、嫌いではないのです。
日本で展開する、「名義貸し系パティスリー」の中では、まだましな方、と思っていて。
でも、ロブションいま実質的なシェフは誰なんでしょう。名義貸し系はこのあたりの情報があんまり入ってこないのが面倒ですね。

そんなモチベーションもあって、これまで催事に来てもスルーすることも多かったのですが、今回は超久しぶりなのですが、ロブション行ってみようかなーと思って、
今回参戦してみました。


今回のロブション、母の日近しということもあって、アントルメ多め。プチガトーが少なめ。
てか、最近マパテ、アントルメを推す方向になってるような気がする。
アントルメは1台売れれば金額大きいから、手っ取り早いのかも。

それと、ケーキの他に、クロワッサンダマンドを売ってて。
2種類ありました。これも一応1個購入。
もはや初夏の気候の中、ふうふう言いながら帰ってきました。
f:id:nyaofunhouse:20170512153931j:plain

ロブションのケーキ、最初は、今回の目玉、「ヴーヴクリコのロゼシャンパーニュムース」。
f:id:nyaofunhouse:20170512154157j:plain
おー!すごい!華やかだ!
ケーキの持つドリーミーな部分を凝縮させたような美しさ。
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20170512154739j:plain
食べてみて、ムースはふるふるだし、ジュレがジュンとしていて、食感が官能的。
もちろんヴーヴクリコのシャンパンを本当に使ってるのかどうかなんてわかるわけないけど、シャンパンのものであろう、かすかな渋みと華やかな香りは伝わってくる。
それにベリーの酸味が加わって、見かけ通りの繊細で華やかな味わい。
特別感ある。


次に、「タルトシトロンモンテカルロ」を。
f:id:nyaofunhouse:20170512155242j:plain
これもフォルム凝ってますねー。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170512155442j:plain
このタルトは、中身はシンプルなタルトシトロン。
モンテカルロって何?どの部分がモンテカルロなのかは不明。なんだろ。
レモンクリームは、とろとろと柔らかく、酸味はしっかり効いていて美味しい。
タルト生地はもうちょっと焼き込んだほうが好みかも。
白いキューブはメレンゲ。このメレンゲもちょっと酸っぱい。
見かけは素晴らしいし、味も美味しいけど、もうひとつ突き抜けたところが欲しい。
タルトシトロンって、そこそこ美味しくするのは簡単だけど、それ以上にもってくのがとても難しいケーキかもしれない。


そして、これもユニークな「ウッフオプラ~目玉焼きをイメージして~」。
f:id:nyaofunhouse:20170512155907j:plain
わあ、ぐでたまちゃんだ!
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170512160109j:plain
このケーキは目玉焼きのイメージの外見なんだけど、卵っぽさはなくて、中にはバナナやパッションのトロピカルな味が。
酸味はそれほどでもないです。
トロピカルなんだけど、パキッと弾ける美味しさ!という感じではなく、ややくぐもった味わい。
それは、全体を覆うホワイトチョコのムースがかなり重めのテクスチャーで、どっしりと全面を固めているから。
これもフォルムが面白いし、美味しいんだけど、味の方にも、こう「こりゃすごい!」的な要素があれば見かけ以上の驚きがあったかも。


これは定番品、「ルージュ」を。
f:id:nyaofunhouse:20170512160531j:plain
真っ赤です。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170512160736j:plain
このケーキは、ラズベリーやチェリーを混ぜ込んだ赤いチョコムースに、ピスタチオのムース。
チョコムースにはラズベリーの酸味がきっちりで、いい相性。
ピスタチオはもうちょっと立って欲しいかなー
ねっとりとした食感は、とても艶かしくていいです。
全体的には、優等生的なイメージですね。


ということで、ロブションのケーキ、久しぶりに食べました。
特に見かけの美しさとかスタイリッシュさが印象に強く残りますね。
味も美味しかったですが、なんというか、ちょっと歯切れが悪くなる部分も。
せっかくフォルムがこんなに華やかなんだから、味わいもシャキッとした、鮮明な美味しさになっていると、より華やかさが増したのではないか、そんな気がしました。
シャンパンのムースは見かけも味も華やかでよかったですね。



そしてそして、クロワッサンダマンド。
f:id:nyaofunhouse:20170512161346j:plain
これは、苺とクリームチーズのクロワッサンダマンドです。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170512161923j:plain
この断面では分かりにくいのですが、クロワッサンの中にはいちごのコンフィチュールとクリームチーズがたっぷり入っています。
クロワッサン自体のさっくり感はほぼないのですが、いちごとチーズのフィリングは存分に味わえる、美味しいクロワッサンダマンドですね。正直自分はまだクロワッサンダマンドの美味しさの勘所を捉えていないのですが、素直に美味しいと思いましたよ。


正直、個人経営のパティスリーに比べてホテルや「名義貸し系パティスリー」は、土地代だったりパテント料だったり、余計なお金がかかることもあって、値段は高いけど味はイマイチという場合がほとんどなのですが、ロブションは、今回食べても「悪くない」という感想です。こうしたホテルや名義貸し系は、ベースの味が弱いのをクリエイションの斬新さでカバーする部分があり、今回のロブションにもそうした要素は感じましたが、食べたケーキやパンは、うまく味をまとめあげていると思いました。