読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

パティスリーリョーコの圧倒的フレジェにひれふす!

春!春ですねえ。
桜も満開。
今年は、気象庁は桜満開早かったって言ってたけど、満開宣言が出た時点で実際は5分咲き程度でしたよね。
本当に満開になったのはここ数日。
でも、満開になったと思ったら、例によって花曇り。
今日も、パラパラと小雨が降るあいにくの天気。


そんな中、やってきました白金台。
八芳園にも桜が。
f:id:nyaofunhouse:20170408144958j:plain
もちろん八芳園に用があるわけではなく、目的は、そう、パティスリーリョーコ!


パティスリーリョーコ、あまりの人気から、プチガトーの販売をやめてしまって、アントルメ中心の完全予約制のお店になってしまって。
少なからずショックでした。
あの、ショーケースにずらりと並んだ美味しそうなチョコケーキやモンブラン、季節のタルトなどが簡単に買えなくなってしまうのは、とっても残念。
「よし!今日はリョーコのケーキ買うか!」といって勇んで出かけてケーキゲット!とかできなくなってしまった。


ただまあ、事情はわかるのです。最近のリョーコの行列はちょっと大変なことになってたし、狭い店内で混乱もあったのでしょう。今の予約制にするのも、たぶん悩まれた末の決断だったと思います。
だから、ざんねんだけど、仕方ないかな。


ということもあって、しばらくリョーコのケーキは食べてなかったのですが、久しぶりにどうしても食べたくなって、サイトを訪れました。
ryoco.jp
サイト内のメニューから、どれを買おうか悩んだのですが、チョコ系はいつでも買えるかなーと思い、今の時期限定のいちごのケーキ、ジャポネとフレジェとありますが、今回はフレジェを買うことに。
サイズはいちばん小さな14cm。
安くない値段ですが、期待しつつクレカ決済。
購入が完了すると、メールが来るので、そのメール画面を、お店に行った時に見せる、ということです。
実は、自分、うっかりしててこのメール画面プリントアウトするの忘れてて。
まあ、温情でなんとかなったのですが、これからリョーコ行こうと思われる方は忘れずに。


パティスリーリョーコ、予約の日時が選べます。
最大1週間先まで選べる模様。
自分は、土曜の3時を指定。
なぜってそりゃ、土曜の3時だと、アコテパティスリーで生ケーキ売ってるかもしれないかなーと思って。


白金台駅からリョーコに行く途中にあるアコテ、基本は焼き菓子のみなのですが、土曜の3時以降、シェフの気が向いたときだけ生ケーキを売っている、ことも、たまに、ある。らしい。
らしいというのは、自分、まだ一度もそれを見たことなくて。
だから、今度こそ!と思って、リョーコの予約時間を土曜3時にして、アコテでもケーキゲット!を狙ったのです。


そんなわけで、ドキドキの白金台。
八芳園から高輪方向に向かいます。
アコテ。
f:id:nyaofunhouse:20170408145509j:plain
はたして、ケーキは・・・
ざーんーねーん!
今日はなかったです。
でも、そのかわり、店の片隅にイースターの卵型チョコを発見。
焼き菓子の他にこれも購入。
いよいよリョーコに向かいます。


パティスリーリョーコ。
f:id:nyaofunhouse:20170408150452j:plain
行列はなし。
店内に入ると、かつてはケーキがずらりと並んでいたショーケースはもぬけの殻。
ちょっとさみしい気がしますねやっぱり。
それで、自分の名前を告げて、ついでにメールプリントアウト忘れた件伝えて、
ケーキをもらうことに。
フレジェ、仕上げに時間がかかっているらしく、10分ほど待ちましたが、無事入手できました。
フレジェの完成を待つ間他のお客さんが次々に来ていたのですが、やっぱりジャポネとフレジェが人気。それとシュークリームをついでに買っている人が多かったですね。


そんなこんなで小雨が降る中、ケーキ持って帰ってきました。
こちらが、新生リョーコのフレジェアントルメです!
f:id:nyaofunhouse:20170408163346j:plain
おー!
すごい!
すごくないですか、これ。
超豪華!


でも、もっと驚いたのは、ケーキを切って、断面。
f:id:nyaofunhouse:20170408163702j:plain
圧倒的ないちごの量!
フレジェ、これまでも食べてきましたが、ここまでいちごが多いフレジェは初めて。
切り分けたら、お皿の上がすごいことに。
f:id:nyaofunhouse:20170408163719j:plain
いちごの山!


それで、食べてみたのですが、これがもうもう・・
美味しすぎる!
とにかくいちごが、信じられないほど大量に。
そのいちごも、甘さと酸味のバランスがとれた極上品。
まるごとを生で食べても、じゅうぶん美味しい。
でも、このいちごは、ケーキにすることでさらに美味しさを増すいちご。
このいちごの甘さと酸味を生かす、スポンジも、コクの有るムースリーヌも、上に塗られたナパージュも、とにかく全部が美味しい!最高です!
いちごの美味しさが最高に引き立つ!
いやー、これ、圧巻ですね。
これは、完全にアントルメでないと表現できない世界。
そして、お腹がすごくいっぱいになる。
多分いちご2パックぐらい使ってるんじゃないか?いちごに溺れそうになる。
でも、お腹いっぱいになってもフォークが止まらない。
気がついたら完食してました。
f:id:nyaofunhouse:20170408164735j:plain


いやー、このフレジェ、まじヤバですね。
なんというか、値段は確かに安くないのですが、それだけのお金を払う価値のある、いや、それだけのお金を払って買った人が120%満足するケーキを作るんだ!という強い意思が感じられます。
竹内シェフのケーキに対する執念のようなものが伝わってきました。
まじケーキの鬼やでえ・・・


そして、食べ終わった後もしばし呆然・・・
最高に美味しいフレジェを食べた時の多幸感は何物にも代えがたいですね。
美味しさを反芻してました。


そして、落ち着いた所で、アコテのお菓子を。
まずは、ウィークエンド。
f:id:nyaofunhouse:20170408173619j:plain
アコテのウィークエンドは、生地は目が詰まっているのですが、重さはないです。
なめらかな舌触り。
そして、あんず?のジャムの甘酸っぱさもしっかりなので、軽く食べられる。
シンプル美味しいです。

マロンクッキー。
f:id:nyaofunhouse:20170408174230j:plain
これは、名前の通り、栗を練り込んだクッキー。
焼き菓子なのにしっかり栗の味がするのがすごい。
そして、中にはチョコレートが入ってる。
f:id:nyaofunhouse:20170408174409j:plain
焼きの確かさは、もう言うまでもないでしょう。


そして、フロンティエールというお菓子。
f:id:nyaofunhouse:20170408174648j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170408174815j:plain
このお菓子は、オレンジピール入りのダクワーズの中にチョコクリームが入ってる。
チョコとオレンジは間違いない相性ですが、このお菓子は、ビターなチョコのほろ苦さと、オレンジピールの苦味が相俟って、大人な味わい。
生地はやっぱり美味しいです。


そして、「復活祭のたまご」。
f:id:nyaofunhouse:20170408175417j:plain
金箔が載っていたり、豪華です!
卵を割ってみると・・
f:id:nyaofunhouse:20170408192209j:plain
中からチョコやアーモンドが。
卵のチョコはビター、中に入ってるチョコはミルクやホワイトと、味変えているのが細かい。
まあ、これはお祭りを楽しむチョコですね。美味しいです。


ということで、お腹いっぱい夢いっぱい、ケーキの素晴らしさをまた体感してしまいました。
リョーコのフレジェは、ほんとマジヤバなので、販売終了するまでに、早めに予約しておくのが吉。
フレジェに対する考え方は色々あると思うけど、一つの究極の形だと思います。
ぜひ味わっていただきたく!
そして、可能なら土曜3時を狙って、アコテの生ケーキ宝くじに当たるかどうか挑戦してみるのもいいかも。
ぜひぜひ、春の白金台へ!