読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

ヴォワザンのさりげない美味しさ

お菓子

さて、今日も美味しいケーキ食べますよ!
今日向かったのは、井の頭線浜田山駅。

浜田山といえば・・・もうすっかり地元の有名店になったパティスリー、ヴォワザンです!
f:id:nyaofunhouse:20170310121156j:plain

ヴォワザン、定番から新作まで幅広く並んでいましたが、今回はやや少なめに。
なぜかというと、この後井の頭線で吉祥寺まで行こうと思って。

吉祥寺といえば・・・
f:id:nyaofunhouse:20170310124330j:plain
はい、やってませんでしたーーー!っと。
まーたーかー

レピキュリアン、ホワイトデー直前は営業するらしく、明日からはオープンするんだけど、今日はお休みだって。
f:id:nyaofunhouse:20170310124316j:plain
はぐー


そんなわけで、今日はちょっと少なめのヴォワザンケーキ、食べますよ―

まずはいきなりヴェリーヌから。シャルロット・オ・フレーズです。
f:id:nyaofunhouse:20170310141656j:plain
これがシャルロット!?
かなり大胆な解釈ですね。

スプーンですくってみます・・・
f:id:nyaofunhouse:20170310142102j:plain
この「シャルロット」、山盛りいちごに、いちごのムース、マスカルポーネのムース。
そりゃ絶対美味しいに決まってる。
期待を裏切らない美味しさです。
幸せの味。
他のフルーツも好きだけど、いちごって特別感ありますよね。
無条件に幸福になれる味。
たっぷりいただきました。
上に載ったビスキュイをかじりながら、幸せの味にひたってました。
ヴェリーヌのシャルロット、全然あり!でしょう!


次に、シブストキャラメルポム。
f:id:nyaofunhouse:20170310142545j:plain
これもシブーストの大胆解釈ですね。
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20170310142851j:plain
おお!
表面のキャラメリゼがパリンと割れましたよ!
そして食べてみたのですが、これ、素晴らしく美味しい!
キャラメリゼのほろ苦さ、キャラメルのシブーストのふんわりとした甘みとほのかな苦味、そして黒く煮詰められたりんごの甘苦さ、ナッツとタルトの香ばしさ・・・。
甘さ、苦さ、香ばしさのハーモニー。パリン、ふわり、カリッの食感のアンサンブル。
うっとりしてしまいますねー


ミルフィーユピスターシュ。
f:id:nyaofunhouse:20170310143607j:plain
ピスタチオ使いの名手広瀬シェフの面目躍如たるピスタチオの濃厚なクリームの美味しさは言うに及ばず。
パイ生地はさっくりと軽いんだけど、軽すぎず食べごたえもしっかり。
そこに清涼剤としての美味しいいちごが。
いちごとピスタチオも抜群の相性だけど、パイ生地も含めて完成度が高いミルフィーユです。


これで最後になってしまいますが、シューシャンティキャラメル。
f:id:nyaofunhouse:20170310144250j:plain
おおー、ナッツですなー。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170310144447j:plain
ナッツぎっしりのシュークリームというと恵比寿の某店にもありますが、当然味はこっちのほうが上。
まずシュー生地の美味しさが違う。ザクッとした固めの食感にほんのりとした塩味が心地よい。
そして、キャラメルの生クリームとカスタードクリームの二層構造の美味しさ。
がっしりとした土台があるから、たっぷりのナッツの香ばしさも生きてくる、というもの。
ただナッツを詰め込めばいい、というものではないのです。
計算された美味しさはさすがさすがです。


ということで、ヴォワザンのケーキ、少なめに4つ。食べました。
どのケーキも、基本の形からはかなり大胆な解釈を加えたオリジナリティあふれるものになっているのですが、
これみよがしな奇抜さ、ということではなく、美味しさを追求した結果としての再構築なのですね。
なので、とてもさりげない。
素直に受け止められる。

「フランス菓子の基本を押さえつつ街に溶け込むパティスリー」というのは簡単なようで難しいですが、ヴォワザンはそのお手本になるのではないか、と思います。
愛されるお店になっているな、と感じました。それにふさわしいケーキを楽しみました。