読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

アヴランシュゲネーで幻の白いちごのタルトを食べる

お菓子

先日はブロンディール祭りがあったりもしましたが、ちょっとこのところケーキツアーも停滞気味。
いかん!冬しか食べられないケーキはもうすぐ終わってしまう・・
今週はケーキいっぱい食べる宣言!


ということで、まずはアヴランシュゲネーへ。
アヴランシュゲネーの、今の時期しか店頭に並ばない幻の白いちごタルトを食べたくて。
行ってきました。
f:id:nyaofunhouse:20170308102610j:plain


今回ゲネーではケーキ4つ購入。
以前食べて美味しさに感激したケーキも織り交ぜて。


まずは、これは前にも食べて美味しかったヴィオレから。
f:id:nyaofunhouse:20170308114222j:plain
このケーキ美味しいんですよー
すみれのババロアがメインなのですが、すみれに関しては自分そんなにしっかりと匂いかいだことないので、これかな?というイメージで感じているのですが、今回は前回よりもよりフラワリーな香りがしっかり感じられたような気がします。
そうした花の香りに、ラズベリーの甘酸っぱさが華を添えて、とてもフェミニンで華やかな味になっています。
すごく好きなケーキです。


そしてそして、来ましたよ!白いちご。
タルトオーフレーズブランシュです!
f:id:nyaofunhouse:20170308114812j:plain
白いです!
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20170308115103j:plain
白いちごって、果たしてどんな味なの?いちご味なの?とワクワクしながら食べてみたのですが、
確かにいちごだ。いちごです。美味しい。
味わいは、やや淡麗な印象。
それを、上掛けのシロップと中のカスタードで甘さを補っている感じ。
タルトも、パイのようにさっくりと軽い生地になっていて、全体が白いちごの淡い甘さに合わせてチューニングされている。
このあたりさすがですね。見かけも可憐ですが、味も繊細な美味しさです。


そして、次のケーキは、その名も「ピスターシュ」!
すごいな。そのまんまやん。自信の現れですね。
それがこのケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20170308115726j:plain
ゴツゴツした表面のテクスチャーはゲネーらしいですね。
で、切ってみたところ・・・
f:id:nyaofunhouse:20170308120007j:plain
中から真紅のソースが!
わお!
このケーキ、確かにピスタチオがすごい。
しっかり豆の美味しさを感じられる。
でも、ピスタチオがホワイトチョコと合わさることで、エグみを消して濃厚なコクだけを残した美味しさに。
そして、このピスタチオに中から出てきたタイベリーのソースが抜群に合う!
うまい!すごくうまい!
ソースのサプライズもあって、素晴らしくドラマティックな喜びをもたらすケーキになっています。
うーむ、素晴らしい。


最後に、これも前食べて美味しさのとりこになったセリーヌを。
f:id:nyaofunhouse:20170308120441j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170308120700j:plain
やっぱり美味しい。
ブロンドチョコ+レモン+あんずという組み合わせ、斬新なのだけど、もはや古典としての風格を備えている。
まとまりの良さ、バランスの良さが素晴らしい。名作ケーキです。
タルト生地も、白いちごのタルトとは全く異なる、サクサク、ザクザクの食感で、こってりとしたブロンドチョコに合わせてある。細部まで考え抜かれた構成。


ということで、アヴランシュゲネーのケーキ、今回も美味しかったです!
白いちごのタルトも食べられて嬉しかったし、「ピスターシュ」はとにかく最高に美味しかった!
情報によるとゲネーはゲリラ的に新製品を短期間販売することも多いみたいだから、これからもなるべく頻繁に訪れたいですね。