読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

ブロンディールはマパテでもブレないねー

お菓子

ブロンディールが新宿伊勢丹マ・パティスリーにやってくる!

というだけで、もう自分のツイッターTLはお祭り騒ぎ。
自分としては、やっぱり定番品だけじゃなくて新作とか限定品とかあると嬉しいんだけどなー
でも、藤原シェフはガンコだから、ないかもなー

・・ということで、実は初日の昨日、新宿に用事があったので、マパテ下見してきました。
どうやら新作はない模様。
そして、藤原シェフのお父様が接客されていた!
びっくり!


そして、今日。
今週は伊勢丹の催事場でワインとパンのフェアをやってて、珍しいパンを求めて人が殺到しているらしく、
でも、ブロンディールにもけっこう人集まってましたよ。
お父様はオープンから既に奮闘中。
自分も接客してもらいました。


今回買ったのはこちらのケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20170223112110j:plain
全部一度以上食べたことがあるケーキ。どれも食べる前から美味しいの確定しているので、ドキドキはないですが、ワクワクは最大限。

まずは、春らしくフレジェから。
f:id:nyaofunhouse:20170223112412j:plain
ブロンディールのフレジェは、上に薄くメレンゲが塗ってあるのが特徴。
これが地味に効いているんですよね。
そして、厚めのスポンジ、ねっとりとしたムースリーヌのコク、質の良い、甘酸っぱいいちごとのハーモニー。
すべてのパーツが美味しく、そして融合している。
うーん、わかっているけど、でも最高です。


次に、ノスタルジ。これも名作ケーキですね―。
f:id:nyaofunhouse:20170223113146j:plain
このケーキは、ナッツとレモンとシナモンの組み合わせ。
普通だったら喧嘩してしまいそうなこの組み合わせなのですが、ナッツを中心に据え、レモンとシナモンはごく薄く感じさせる、抜群の味のコントロール。特にシナモンは主張が強すぎる、難しい素材なのですが、手綱さばきが素晴らしく、この組み合わせでも抜群に美味しい。
結果として、とてもニュアンスに富んだ、奥深い美味しさにつながっています。大好き。


そして、モンテリマール。
f:id:nyaofunhouse:20170223114051j:plain
このケーキも、素晴らしく美味しいですよね―。
モンテリマールと名のつくケーキはだいたい好きなのですが、このケーキは特別に美味しい。
上部のヌガーのムースが、メレンゲがたっぷりでふわっふわなのです。
このあたりは、メレンゲ使いを得意とする藤原シェフの真骨頂。
そして、ヌガーの中にはピスタチオなどのナッツとドライフルーツが。
ふわふわのムースとカリカリのナッツの食感の対比。
そこにスポンジのふっかりどっしりした、ここでも食感の対比が。
中心部のチョコとレモンは、これも優しい甘さのムースを邪魔しない、絶妙なアシスト。
全てに計算しつくされた、強く印象に残るモンテリマールです。


ブルジョネも買いましたよ―
f:id:nyaofunhouse:20170223114858j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170223115104j:plain
藤原シェフのピスタチオ使いは、デリスピスターシュが最もよく分かるのですが、ブルジョネもピスタチオの使い方が堂に入っている。
ピスタチオのコクをしっかり感じさせながらも、赤ワインの香りと、ややミルキーな味わいもあるので、そうした香りの良さと甘さ・酸味が中のいちごと合わさり、いちごミルク的な味もあるんだけど、あくまで大人の味付けになっていて、これも深みのある味わいに陶然となります。デリスピスターシュは名作ですが、個人的にはこっちのほうがより好み。


そして、今回の催事で今季は終売となるモンブランセゾニエール。
f:id:nyaofunhouse:20170223115753j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170223115936j:plain
モンブランセゾニエール、ブロンディールの洋栗のモンブランが圧倒的に正統派なのに対して、和栗を使ったこちらのモンブランは超攻撃的。
栗のクリームの濃厚さも比類ないし、生クリームも、スポンジも、全てがフランス菓子なんですよね。和栗のほっくり感はしっかり感じさせつつも、間違いなく藤原シェフの考えるフランス菓子の範疇に入っている。
その力強さたるや。


最後に、ショコラアラニスを。
f:id:nyaofunhouse:20170223121345j:plain
このケーキも強烈な個性を発揮しています!
アニスの香りは、かなりはっきりと感じられます。
でも、アニスが苦手な人でも、その香りの強さをバニラのブリュレがふんわりと和らげていて、そこにビターなチョコのムースが合わさっているので、エキゾチックではあるけれど美味しい!と思える味の構成になっているのがスゴイ。
まあ、大人向けではあります。かなり個性的なチョコレートケーキなのは間違いない。
でも、めちゃめちゃ美味しいです。


そしてそして、こちらは初めての「サブレ」、2種類販売していました。
f:id:nyaofunhouse:20170223121940j:plain
1つがサブレレザン。もう1つがサブレショコラ。
まずレザンのほうから。
f:id:nyaofunhouse:20170223122016j:plain
このサブレレザン、小川軒のレーズンウィッチ的な味を想像していたのですが、全然違う!
サブレのサックリ感がすごい!バターの香りが強く感じられる、ややホロホロとした軽いサブレの美味しさにまず感動、そして、ラム酒の香りが強く感じられるラムレーズン入りのバタークリームが、サブレに包まれて舌の上でとろける。
これ、大きさは小さいですが、インパクトはすごいですよ!


そして、ショコラのほうも。
f:id:nyaofunhouse:20170223122353j:plain
こちらは、レザンとサブレの作り方が全く違う!
こちらのサブレはしっとりした、やや重めのサブレ生地。
そこに、ビターなガナッシュがビシっと効いている。
甘さは控えめ、苦味が前に出た、アダルトな味わい。
こちらも満足度がすごい。


ということで、ブロンディールのケーキ、まとめて食べてみました。
まあ、間違いなく超一流ですよ。素晴らしい。
とにかく、味の構成がすべて計算づくで、まったくブレない。
いわば、すべてのケーキがスペシャリテ。


それにしても、俺様な藤原シェフと、物腰の柔らかいお父様の組み合わせは、なんかステキですよね。
もしかしたら、お父様も昔は相当厳しい人だったのかも・・・とちょっと想像。


でも、今回ケーキいっぱい買いましたが、まだまだ物足りない部分もあるので、もう一度ぐらい行くかも。