読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

ユウササゲの催事限定ケーキ、今回はどうかな?

今週の新宿伊勢丹マ・パティスリーはユウササゲです。
マパテにユウササゲが来るのは1年ぶりぐらい?もはや恒例行事ですね。
恒例といえば、ユウササゲ、催事のたびに、その催事限定のケーキが毎回ずらっと並ぶんですよね。
これがあるからユウササゲは数あるパティスリーの中でも特に催事から目が離せない。


今回のマパテでも、限定ケーキいっぱいありましたよ。
ずっと追求している「ヌメロ」シリーズの最新作や、かなり思い切った冒険をしたケーキなど。
そうした限定品を中心に、いろいろ買いました。
f:id:nyaofunhouse:20170112115905j:plain


ユウササゲのマパテケーキ、まずは限定品の中でも特に注目作、その名も「AMAZAKE」!
f:id:nyaofunhouse:20170112120144j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170112120344j:plain
これは、名前の通り甘酒のブラマンジェが入ったケーキ。
甘酒?ええ?
食べにくかったらどうしよう・・・
と思いきや、食べてみると、これがすごく美味しい。
ホワイトチョコのミルキーな甘さといちごの甘酸っぱさが合わさって、いちごミルクの味。
その中に甘酒が・・・あれ?
甘酒って、どんな味だっけ?
自分の中では甘酒=米麹くささ、かな、と思ったのですが、それはあまり感じられず。
とても食べやすくて美味しかったのですが、甘酒っぽさは控えめだったのかな?
うまく甘さの中に溶け込んでいたのかも。
とにかく美味しいケーキです。


次も限定品、ヌメロシリーズの最新作、「ヌメロシス」です!
f:id:nyaofunhouse:20170112121924j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170112122154j:plain
ヌメロ、「シス」ということは、6番目、ということですよね。
今回のヌメロは、ナッツバリバリ!
側面に貼り付けてあるナッツも存在感あるし、上にはアーモンド入りの焼きメレンゲ(シュクセ)がさっくりとした食感だし。
散々試行錯誤してきた捧シェフ特製の焼きホワイトチョコ、どうやら、ナッツとの合わせた時に最高のポテンシャルを発揮する、ということで結論が出たようですね。ヌメロサンクもナッツ主体だったし、今回のも焼きホワイトチョコが生きてた。香ばしさのアンサンブル。美味しいです。


こちらも限定品、サントノーレバニーユタヒチ。
f:id:nyaofunhouse:20170112122951j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170112123203j:plain
このサントノーレは、名前通りタヒチ産(フランス語読みだと「タイチ」になる気がするのだが)のバニラがたっぷり。
でも、食べてみると、これみよがしにバニラを主張してくるわけではなく、バニラがサントノーレ全体の中で最適の調和を見せている。
わざとらしさや薬臭さは皆無で、良質なバニラがふくよかに香る。そんなバニラクリームです。
サントノーレとして見ても、シュー+パイという基本がしっかり守られていて、限定品というより王道ですねこれは。


ここからはレギュラーの人気商品。
まずはシブーストポムから。
f:id:nyaofunhouse:20170112120844j:plain
可愛いですねー!
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170112121102j:plain
このシブーストも、表面のほろ苦キャラメリゼ、ふんわり甘いシブーストクリーム、パイ生地の中にはカスタードとりんご、という、絶対に美味しいに決まっている組み合わせ。
だけど、それだけに期待値も上がってしまいがちですが、その高まる期待をあっさりと軽くクリアしてきましたね。
それぞれが美味しい素材の的確なバランスの配置、シュアーな手仕事によって、王道を超えた黄金の味になっている。
いやー、美味しいです!


ミルフィユショコラバナーヌを。
f:id:nyaofunhouse:20170112133435j:plain
これはまた大胆!バナナが屹立しています!
このミルフィーユ、パイ生地がごくごく軽いので、フォークで切ることが出来る。
f:id:nyaofunhouse:20170112133527j:plain
その軽いパイ生地は、塩気もかなり強め。バナナとチョコの甘さをうまく補強してよく合う。
それに対して、バナナはフレッシュ、チョコはややビターで大人っぽい味。
なので、全部を一緒に食べると、さっぱりとした軽さと大人っぽいアダルトな味わいの両方が味わえる、一筋縄でいかない美味しさです。


最後です。エクレールドゥーブルマロン。
f:id:nyaofunhouse:20170112134151j:plain
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20170112134334j:plain
このエクレアは、和栗と洋栗を合わせた濃厚なマロンクリームに、トッピングされた香ばしいナッツ、そして、断面図にチラッと見えるアプリコットの酸味がアクセント。シューもしっかりで重めの味の塩梅なので、酸味がより効いてる。
モンブランとはまた違った栗の表現として、とても美味しく食べることが出来ました。


ということで、ユウササゲのケーキ、限定品を中心にしていっぱい食べました。
どれも美味しかったけど・・ヌメロシリーズはどこまで行くのだろうか?
この飽くなき追求や、新作への執念が、捧シェフらしさですねー。
ユウササゲはマパテだけじゃなくて三越でも催事やることあるので、要警戒ですね。