Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


元旦のシェフフジウ参りも三年目!

あおこよ!
2017年、始まりましたね―
このところ毎年そうだけど、今年は特に新年ぽさが感じられない。
年末テレビ見なかったからな―


そして、元旦。
今年も行ってきました高幡不動。
今年で三年目ですね。
もちろん目的はパティスリー・ドゥ・シェフ・フジウ。
f:id:nyaofunhouse:20170101110755j:plain
今年もにぎわってました!

フジウ、お店の内部改装したんですね。
きれいに明るくなってた。
前の雰囲気も好きだったけど。ちょっとさびしくもあり。

ショーケースには、恒例のクリスマスビッシュのカット売りや、見たことのないケーキがかなり多かった。
そして、ショーケースの上には焼き菓子がいっぱい。
特に、クイニーアマンが山積みになってて。
クイニーアマン、なんじゃこれ!?というほど巨大なのね。
これはもう買うでしょう。

他にも、限定の福袋なんかも売ってて、どうしようかなーと思ったんだけど、
小さいショッピングバッグって、自分使う機会ないので、買っても困るかな―と思い今回は断念。
生ケーキとクイニーアマン持って帰ってきました。


フジウのケーキ、まずはこちら「レザンヴェール」から。
f:id:nyaofunhouse:20170101130411j:plain
黄色が可愛いこのケーキ、コーヒーとラムレーズンのケーキなのですね。
これが、いきなりすごく美味しい!目を見開きました。
コーヒーとラム酒は、そりゃ合うよね、という組み合わせ。だけど、ちょっと大人びたというか、強い組み合わせになりがちで、食べる人を選ぶパターンも少なくない。
でも、このケーキは、コーヒーとラム酒が渾然一体となりながら、とても食べやすい。苦すぎたり、アルコール強すぎたりがない。ただたんに美味しい。この優しさがフジウらしいですね。すごく気に入りました。


次に、プティフルーブ。
f:id:nyaofunhouse:20170101131013j:plain
これも可愛いですね!
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170101131225j:plain
このケーキも美味しい!すごく美味しいです。
断面をご覧いただくとわかるかな?表面はいちじくのムース。そして、ふんわりとシナモンの香り。下はタルト台の中にいちじくのジャムを塗ったパウンドケーキが組み込まれてるんですね。
これはかなり大胆な構成のケーキです!
濃厚ないちじくの味わいに、押し付けがましくないシナモンの香りがすごく美味しいし、食感がトロトロだったりプチプチだったり、ケークの部分はむにっとしていたり、とにかく楽しい。
フジウにしてはかなり凝ったケーキですが、この組み合わせは珍しいし、すごく美味しい。
いやー、参りましたねお正月から。


シャルロットマロン。
f:id:nyaofunhouse:20170101132007j:plain
このケーキは、栗とコーヒーの組み合わせ。
個人的には栗とコーヒーはあまり合わないと思っていて、このケーキもやや微妙?違和感を若干感じたのは事実なのですが、でも、コーヒーがそこまで強くないので、栗の香ばしさを補強するレベルで留まっているので、なんとか美味しく食べられる。シャルロットのビスキュイ生地がむにゅっとしていて美味しいです。


古典菓子サンマルク。食べたことなかったっけ?
f:id:nyaofunhouse:20170101132648j:plain
このサンマルクは、基本はオーソドックスな生クリームとチョコクリーム。
でも、このクリームがとても柔らかく、軽く、甘さも控えめ。
その分、表面のほろ苦くて甘いキャラメリゼでバランスを取ってるんですね。
クリームだけだと甘さが単調でべったりしがちなのを、これでメリハリをつけている。
美味しいサンマルクです。


そしてそして、今年のビッシュ、2種類あったうちのひとつ、「サン・ドミニック」です。
f:id:nyaofunhouse:20170101133657j:plain
このケーキはかなりシンプルに、チョコ・バニラ・キャラメルの組み合わせ。
とてもオーソドックス。奇をてらったことはしてないんだけど、さすがの美味しさ。
これはとてもフジウらしいケーキですね。古典的でシンプルだけどきちんと美味しいという。
安心します。



生ケーキ最後は、アンプティポンムです。
f:id:nyaofunhouse:20170101134215j:plain
なんか傾いてますが・・・
断面。
f:id:nyaofunhouse:20170101134407j:plain
これは持ってくるまでの間にムースが若干ダレたかな?
でも家に帰ってから冷蔵庫でちゃんと冷やしたので、味は大丈夫です。
このケーキは、りんごのムースにオレンジのジュレという、なんともさわやかな味わい。
りんごにオレンジを足すのは、よくありそうで意外に少ないかも。
でも、この組み合わせ、いいですね。
酸味はそれほど強くないんだけど、りんごの甘酸っぱさにオレンジのパキッとした酸味が加わって、
酸っぱさに広がりを感じる。
すごく好きな味のケーキです。意外と冬にマッチしてる気がする。



さあそして、クイニーアマンですよ。
f:id:nyaofunhouse:20170101134823j:plain
でか!
これ、小さめのアントルメぐらいの大きさあるよ。
なんだかすごいなあ。
切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20170101135026j:plain
見ての通り、生地も目がみっしり。
食べごたえが十二分。
でも、食べてみると、これがめちゃ美味しい。
何と言っても、たっぷり使った良質なバターがすごくて、いい意味でギトギト。香りも素晴らしいです。
そして、生地はさっくり、表面はカリッと。
やさしい甘さ。
すごくボリューミーなので一気食いはできませんが、今記事書きながらカリカリ食べてます。すごく美味しい。
フジウらしいなーとしみじみしてしまう美味しさです。


そんなわけで、今年もケーキ初めはフジウからでした。
フジウ、催事に来る時は出すケーキが決まってしまっていて、なので最近ちょっと行ってないのですが、やっぱり実店舗は違いますね。
にぎわいを見るだけでも楽しいし、ケーキの種類も豊富だし、焼き菓子もたくさん並んでるし。
高幡不動はめちゃ遠いので頻繁には行かれませんが、自分にとっての不動尊はこちらで、毎年お参りに行く感覚で訪れています。
でも、本物の高幡不動尊は拝んだことないんですよね。罰当たりだ―