Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


マテリエルでも栗充してきました

そうこうしているうちに10月も終わりに近づいてきました。
そろそろ季節は栗からりんごへ移行しつつあります。
早いところだと、もう栗はおしまい!というところも出てきたり。

栗巡礼の旅、急がなくては!

そんなわけで、今日はマテリエルに行くことに。
マテリエル、10月限定のクープ(パフェ)が和栗と洋梨で、これは是非食べたい!と思って。
10月ギリギリですが大山まで行ってきました。
f:id:nyaofunhouse:20161027140130j:plain

マテリエルも、栗の季節は和栗と洋栗、両方のモンブランを販売しているんですよね。
これも当然食べるでしょ。
ということで、クープとケーキ、両方注文。
先にクープを持ってきてもらいました。

しばらくしてクープ到着です!
f:id:nyaofunhouse:20161027141038j:plain
大きさはそれほどでもないのですが、こんもりと盛られたマロンクリームが美味しそうです!
スプーンですくってみます。
f:id:nyaofunhouse:20161027141101j:plain
ほっくりとした和栗のクリームと、さっぱりとしたバニラアイスの組み合わせ。
これはパフェならではの楽しみですね。
そして、下の方には、
f:id:nyaofunhouse:20161027141027j:plain
メレンゲを挟んで洋梨のソルベ、洋梨のマリネした果肉と、グラデーションのように味が連綿と続いている。
すごく美味しい!
これ1つで秋の味覚を満喫ですよ。
贅沢だなー


クープを食べ終わってから、ケーキを持ってきてもらいました。
f:id:nyaofunhouse:20161027141830j:plain

まずは、2種類のモンブランを食べ比べ。
f:id:nyaofunhouse:20161027141845j:plain
両方とも、食べたことはあるんだけど、こうやって食べ比べるのは初めてかな。
ワクワクしますねー

和栗のモンブラン、断面はこんな。
f:id:nyaofunhouse:20161027142008j:plain
和栗のクリームはほっくほくの栗感がたまらないです。そこに分厚い焼きメレンゲがザクザクと呼応する。
甘さはやや控えめで、和栗の美味しさが存分に味わえる。
中には渋皮煮も入っていて、栗のほくほく感を更に増大させていて。
和栗をとことん味わい尽くすことができるモンブランです。

そして、モンブラン・パリジェンヌの断面はこちら。
f:id:nyaofunhouse:20161027142409j:plain
こちらは和栗のモンブランとはうってかわって、ラム酒のガッツリ効いたマロンクリームにマロングラッセ、下にはスポンジ生地。同じモンブランでもここまで違うか、というほど、全く別のケーキになっている。
マロンクリームは濃厚だけど、押し付けがましさはあまりなくて、ラム酒がしっかりのわりにはクセなく食べられる。調和がとれてるんですね。こうしたバランスの良さはマテリエルならでは。
形も個性的だけど、味わいも個性的で美味しい洋栗モンブランでした。

モンブラン以外にもいくつかケーキ食べましたよー。
ティラミス・カフェ。
f:id:nyaofunhouse:20161027142805j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20161027142915j:plain
これは、ホワイトチョコの表面をパリンと割ると、中からコーヒーゼリーやコーヒーをしっかり吸ったスポンジが。
コーヒーの苦味はかなり強めに感じられる。
その苦味に対して、ホワイトチョコが甘くてミルキーで、コーヒーとのマリアージュがなんとも美味しい。
ドルチェ・ヴィータ。酸いも甘いも知った大人向けの美味しいご褒美です。

最後に、ネグリタというケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20161027143312j:plain
これは、かなり手の込んだ多層構造。
チョコのガナッシュ、バニラのムース、ホワイトチョコのムース、下に敷かれたサブレ・・・と、様々な要素が重層的に味わえる。
その中でどれが主役か・・というと、ラムレーズンになるのかな?すごく存在感がある。
でも、全体が一体化していて、これだけの層の味わいがバラバラになることなくスッと1つの味に収束していく。
これが素晴らしい、マテリエルの真骨頂ですね。


ということで、マテリエルで栗充をしてきました。
クープももちろん美味しかったし、久しぶりのモンブランも、食べ比べてみるとまた美味しさが再確認できてよかったです!
マテリエルはよく催事にも出てくれてありがたいんだけど、クープは店内でしか食べられないですからね!
間に合って良かったです!