Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


ユウササゲで秋の味覚を満喫!

クラーナハ展を見終わってから、上野→有楽町へ。
目指すは銀座三越。
今週、ユウササゲが催事出店しているとのことで。
しかも今回のユウササゲは栗まつりとのことで。
栗巡礼隊としては行く以外にはないでしょう。

ということで、秋の味覚のケーキ、いっぱい買ってきました!
f:id:nyaofunhouse:20161016134217j:plain

ユウササゲの秋ケーキ、まずはミルフイユフィグから。
f:id:nyaofunhouse:20161016135250j:plain
横倒しになったミルフィーユの上にいちじくがいっぱい。
切ってみるとクリームの中にもいちじくが。
f:id:nyaofunhouse:20161016135442j:plain
ユウササゲのミルフィーユ、好きなんですよね。
パイがふんわりと軽くて、ちょっと塩気がきいていて。
そんな軽やかなパイに、バニラ感のある生クリーム、ちょっと土臭さを感じるいちじくの組み合わせ。
それぞれが存在感を引き立て合ってる。軽すぎず重すぎずのバランスのよさ、秋らしさとシンプルさのバランス、攻めた味なんだけどバランスがいいので、素直に楽しめる。


さて、ここからは栗のケーキが続きますよ!
まずは、ボノミィ。
f:id:nyaofunhouse:20161016134415j:plain
ユウササゲらしいキュートなルックスです!
断面。
f:id:nyaofunhouse:20161016134735j:plain
このケーキは栗のムース、アプリコットのジュレ、ジャスミンのクリームという組み合わせ。
この中でアプリコットの酸味がかなり立っている。
栗とのバランスは、酸味が嫌味になるギリギリのライン。
危ういところで美味しく成立している。
そのバランスを成り立たせているのが、ほんのり香るジャスミンのエキゾチックな風味。
これもかなり攻めた味の組み立てだけど、しっかり美味しいのはさすが。


次にサントノーレドゥーブルマロン。
f:id:nyaofunhouse:20161016140118j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20161016140345j:plain
断面図見て分かるように、上にはマロングラッセ、中には一粒栗。
そしてクリームは和栗と洋栗をブレンドしてあって、ほっくり感とねっとり感、両方を味わうことが出来る。
これはもう、栗づくしのとても贅沢なサントノーレ。
まさに秋!この時期ならではの味わいに口福を感じますねー。


そして、ミルクレープにも栗が入ってますよ!
f:id:nyaofunhouse:20161016141052j:plain
香ばしく焼かれたクレープ生地はもっちりとした美味しさ。
そこに栗のダイスカットがほくほく。
驚きはないけど、手堅く美味しい秋のミルクレープです。


エクレアも栗入り。エクレールピスターシュです。
f:id:nyaofunhouse:20161016143233j:plain
このエクレア、ピスタチオと栗だけと思いきや・・・
f:id:nyaofunhouse:20161016143414j:plain
このように中は複雑な構成になっている。
ピスタチオのクリームとマロンクリーム以外にパッション?のジュレが薄く挟んであるんですよね。
この酸味が、とても効いている。
豆と木の実の、それだけだとややエグミの強さを感じてしまう組み合わせを、すっきりと食べやすく、味に奥行きをもたらして美味しさをアップさせている。
たくさんの大粒栗はもちろんほっくほくで美味しい。


最後にパンを。
パンと言ってもそこはユウササゲ流。
こんなパンです。デニッシュレザン。
f:id:nyaofunhouse:20161016143929j:plain
なんかすごいぞ。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20161016144202j:plain
これは、サクサクのデニッシュパンの上にみずみずしいぶどうがゴロンと。
正直ぶどうとデニッシュを同時に食べるのは難しいのだけど、たっぷりかけられた水飴の甘さが、デニッシュをなんとなく懐かしい味わいにしている。
一体感にはやや欠けるきらいはあったけど、美味しい菓子パンでした。


・・というとで、今回のユウササゲ、栗を中心にいちじく!ぶどう!と、秋の味覚を満喫しました。
ユウササゲはモンブランも絶品なのですが、あれは注文を受けてから作るスタイルなので、催事では食べられないんですよね。お店も行きたいですねー。余裕あれば。