読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

ラヴィルリエのシンプルを極めた美味しさ

伊勢丹新宿店、今週のマ・パティスリーはもう恒例になりましたね、大阪・ラヴィルリエの登場です。
よ、待ってました!という気持ち。

そんなこともあり、今日は張り切って開店前に到着。またもや1番乗り。
f:id:nyaofunhouse:20160901095138j:plain
ワクワクしながら開店を待ちました。
今回はどんなケーキが待ってるかなー??

そして、開店。
ショーケースを見ると、今回の催事限定のケーキがズラリと並んでる。
なかなかに壮観でした。
そして、ラヴィルリエにしてはカラフルなケーキがいくつか。
夏らしいヴェリーヌも。

もちろん、いかにもラヴィルリエらしい、地味なルックスのケーキもたくさんあって、
それらも心惹かれますねー。

タルトは4種類。桜桃、グレープフルーツ、いちじく、プラム。
いちじくは以前食べてるので、今回は旬のプラムを。

なんだかんだで、結局ケーキ7つも買っちゃったよ。
それでも諦めたケーキがたくさん。
そのぐらい充実してた。


ラヴィルリエのケーキ、まずはさっぱり系から攻めるかね。
最初に手を付けたのは、フレール・スール。
f:id:nyaofunhouse:20160901112116j:plain
これは、ピスタチオとチェリーのケーキ。
ラヴィルリエはピスタチオが素晴らしいと聞いていたけど、これまでピスタチオはピエールタンタシオンぐらいしか食べたことなかったので、今回のピスタチオのケーキ、期待大です!
ドキドキしながら食べてみました。
・・うむ!ピスタチオ、美味しいですね!
ピスタチオのムースは、それほど豆っぽさはないんだけど、しっかりとしたコクは感じられる。
ピスタチオらしさと食べやすさのベストバランス。
そこに、キューンと酸っぱいチェリーのジュレが合わさって、これはもう王道の組み合わせなのですが、丁寧に味を重ねているのがわかる。
平面的にならず、奥行きを感じさせる、さっぱりとした中に個性を感じさせるケーキでした。


次にヴェリーヌを。今回の催事の目玉のひとつ、メランコリー・ド・メロン。
f:id:nyaofunhouse:20160901112849j:plain
これ、見かけはメロンに見えないんだけど・・・
すくってみます。
f:id:nyaofunhouse:20160901112959j:plain
口の中に入れると、うん、確かにメロンの味する。
底の方にベリーのソースがあって、これの酸味がわりと強め、そして、その後からスペキュロスのスパイシーさとほうじ茶の独特の香ばしさがふわっと香る。
すごく複雑な味で、美味しいんだけど、ちょっと重ねすぎかも。軸がよくわからないんですよね。
最終的な味の余韻はスペキュロスが残る。でも、スペキュロスがメインのわけではないので、このあたりもうちょっとメロンならメロンが前に出てきても、というきらいも。


さらに夏らしいケーキいきます。エメ・アグリュームです。
f:id:nyaofunhouse:20160901113809j:plain
ラヴィルリエらしくない?ビビッドな色使いです!
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160901113940j:plain
このケーキはマンゴーのケーキなのですが、マンゴーをしっかり感じられつつもさっぱりとしている。これは、加えられたライムのおかげかな。甘いんだけど甘ったるくはないという。トロピカルな味をキープしつつも食べやすい。あと、全体のぷにぷにした食感が面白いですね。


ここからは、ラヴィルリエらしい渋いケーキが続きますよー!
まずはジュ・エラブルから。
f:id:nyaofunhouse:20160901114444j:plain
このケーキは、メープルシロップをたっぷり使ったケーキ。
スポンジにメープルシロップがじゅわっと染み込んでいて、非常に美味。
ちょっとパンケーキのような味わい。パンケーキよりも生地が薄いので、よりシロップがよく染みこんでる。
スポンジとメープルとバタクリだけのシンプルなケーキだけど、丁寧に作られていますねー。すごく美味しい。


次に、古典菓子のマルジョレーヌ。
f:id:nyaofunhouse:20160901115417j:plain
このマルジョレーヌは美味しいですね!すごく美味しい。
ダクワーズのねちょっとした食感と、チョコとプラリネの香ばしさ。味わい深い。
マルジョレーヌは古典菓子の中でも特に地味で、だから作るのはかなり勇気がいると思うんだけど、それをこう美味しく作るのは、やっぱりさすがですねー。服部シェフの面目躍如。ラヴィルリエらしさが出た素晴らしいマルジョレーヌでした。


テメレール・ノワゼット。
f:id:nyaofunhouse:20160901115957j:plain
これも地味なルックスですが。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160901120256j:plain
うおおお、これ、すごく美味しいです!
なんというか、シェフの気迫が伝わってくる。
上に載ってるのは生クリームじゃなくて焼きメレンゲなんですね。このザクッとした乾いた甘さ、チョコレートの甘さと香ばしさ、プラリネの香ばしさ、コーヒーのほろ苦さ、それらの構成要素が全て1つの味わいに収斂されている。まるで、名優が集って作り上げる一幕の舞台のよう。最高の舞台です!
とてもとても地味ですが、心を捉えて離さない美味しさがあります!


最後に、4種類あったタルトアラカルトから、プラムを。
f:id:nyaofunhouse:20160901121218j:plain
このタルト、すごく美味しいです。
プラムでよかった。プラムすごく美味しい。
タルト生地はかなり甘めに作られていて、しかもプラムの果汁をたっぷり吸っていて、じゅわっと甘くて美味しい。
プラムはよく焼かれていて、強い酸味と甘さが引き出されている。
大きさも、味わいも、大満足のタルトです。


ということで、ラヴィルリエ、やっぱり期待を裏切らない美味しさでした。
夏らしいさっぱり系のケーキも美味しかったですが、やっぱり茶色いケーキが美味しい。
地味だし、シンプルな構成なんだけど、そこに手間暇を惜しまず作り込んでいるから、これだけの美味しさになるんでしょうね。
シンプルを極めた美味しさ。


今回食べたケーキ、すごくよかったし、今回まだ買ってないケーキで美味しそうなのがいくつもあったので、もしかしたらもう1回行くかも。
それぐらい良かったです。