Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


真夏のマテリエルでクープとヴェリーヌとケーキと

暑いですな!
今年は予想通り今のところ猛暑が続いていますが、体調はいかがですか?

こんな暑い日は家でゴロゴロしていたくなりますが、そういう人ばっかりなのでケーキ屋さんは商売上がったりらしいです。

なので、お店によってはかき氷作ったり、パフェ(クープ)をイートインできたりと、工夫をこらしてお客を呼びこもうとしています。

自分の大好きパティスリー、マテリエルも、夏の間クープを提供しています。
8月は白桃のクープ。
それは食べたい!

ということで、最高気温37度の中、行ってきましたよ大山まで。
f:id:nyaofunhouse:20160809141110j:plain
マテリエル、店内は外の炎天下から隔離されて、ひんやりとした気持ちのいい温度。
そんな涼しい店内で、クープをいただくなんて、贅沢ですなー。

こちらが、マテリエルのクープ、「クープ・ア・ラ・ペッシュ」です!
f:id:nyaofunhouse:20160809141914j:plain
桃がぎっしり!
桃は本当に繊細な甘さ。
ライチのアイスとバニラのアイスも、それほどベタッとした甘さではなく、桃の繊細な風味を損なわない美味しさ。清涼感あふれる。
下のラズベリーソースが全体を引き締めていて、食べ飽きなずに、うまうまと一気に完食しました。
ふー。
こんな美味しいパフェが食べられるなら、夏も悪くないね。というか、自分夏好きです。暑いのもけっこう嫌いじゃない。熱中症には気をつけないとだけど、暑い中冷たくて美味しい甘味を食べるのはほんとに至福です。


クープを食べた後、当然ケーキも持ち帰りますよ。
ショーケースの中はやはりヴェリーヌが多め。
でも、食べたことがあるのが多かったので、ヴェリーヌは1個だけにして、夏にしてはやや重めのケーキや焼きっぱなしタルトなどを購入。
大急ぎで帰ってきました。


マテリエルのケーキ、まずはティラミス・カフェから。
f:id:nyaofunhouse:20160809160640j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160809160902j:plain
このケーキは、やわやわのマスカルポーネムースをホワイトチョコでコーティングしてあるのです。グラサージュじゃなくてコーティング。だから、夏でも形が崩れずに食べられる、という工夫がされています。
味の方も、さっぱりとしたマスカルポーネのムースに、ほろ苦コーヒーゼリーがいいバランスで、やや大人びた味ながらとても美味しい。
ここらへんはマテリエルらしさが出たケーキになってますねー。


次にヴェリーヌを。白桃のメルバです。
f:id:nyaofunhouse:20160809161345j:plain
スプーンですくってみます・・・
f:id:nyaofunhouse:20160809161442j:plain
このペーシュ・メルバ、すごく美味しいです!
上のメレンゲ、中のどっさり白桃、赤ワインのジュレ、バニラのムース、ベリーのソースと、かなり凝った構成なんだけど、それが煩雑にならずに、主役の桃の美味しさを引き立てている。
ペーシュメルバらしい豪華さと、繊細な味の組み立ての両方を感じられる、素晴らしいヴェリーヌでした。


こんなのもありました。さくらんぼのサヴァランです。
f:id:nyaofunhouse:20160809162227j:plain
こんなルリジューズみたいなサヴァラン、はじめてみましたよ!
切ってみて、上の部分が崩壊する前に接写。
f:id:nyaofunhouse:20160809162504j:plain
このサヴァランは、見ての通りチェリーがたっぷり。
さくらんぼの甘酸っぱいシロップがじゅんわりと染み出してくる。
甘みもかなり強めで、お酒はほとんど感じない。
甘くてさくらんぼいっぱいで、とても幸せを感じる美味しさですね。
チェリー好きとしてはたまらん。


そして、マテリエルの名物のひとつ、コフレ・マロンを。
f:id:nyaofunhouse:20160809162921j:plain
包装をときます。
f:id:nyaofunhouse:20160809162955j:plain
このケーキは、ロールケーキじゃないんだけどロールケーキにかなり近いケーキ。
生地の部分がすごく美味しい!ロールケーキにありがちな軽すぎる生地ではなくて、ちゃんと食べごたえがあるのがいい感じ。
中の生クリームはかなり砂糖を抑えてあって、栗のほっくりした甘さを引き立てている。
ロールケーキもこのぐらい美味しければいいですよねー。これはロールケーキじゃないけど。


そして、この夏の暑さなのにショーケースに並んでいた濃厚そうなチョコケーキ「ショコラティエ」を。
f:id:nyaofunhouse:20160809163927j:plain
マテリエルでこんなストレートなチョコケーキははじめて。
でも、やっぱりマテリエルらしい美味しさです。
チョコのクリーム、スポンジ、ガナッシュ、グラサージュと、チョコレートの美味しさが1つのケーキの中に凝縮されている。
チョコの様々な美味しさが一度に味わえる、すてきなチョコケーキでした。くるみのアクセントもよし。


最後に、タルトレット・オ・キャラメル・ポンムを。
f:id:nyaofunhouse:20160809170335j:plain
このタルトは、さっくり美味しいタルト生地に、ほろ苦キャラメルと半生のりんごが。
りんごはガッツリ焼いたのが好みだけど、この、少し生っぽさを残した、やや青臭いりんごも、これはこれで美味しい。
そこにキャラメルとタルト生地の味が加わって一体化している。
なかなかのタルトだと思います。


そんなわけで、今回はクープのイートイン、ヴェリーヌから重めのチョコケーキやタルトまで、バラエティに富んだケーキをたっぷり堪能しました。
美味しかった!

夏は、暑いし、店休日も多いし、ケーキ巡りとしては不利な部分も多いけど、なんとかたくさんのお店をめぐってみたいです。応援の意味も込めて。