Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


メゾン・ド・プティ・フール4回目!

またもや伊勢丹マ・パティスリーです。
今週はメゾン・ド・プティ・フール。
メゾプチというと、焼き菓子は定評があるけど生ケーキはそれほど有名じゃない?
でも、カフェ・スイーツには新作が載っていたりしているので、知っている人は知っている存在なのかも。
自分はまだお店に行ったことはないのですが、催事に来たら買うようにしています。

今回も、今回の伊勢丹限定品を含めて6個、ケーキ買いました。
f:id:nyaofunhouse:20160715115424j:plain
どれも美味しそう!期待大です!


メゾプチのケーキ、まずは伊勢丹限定のケーキ「タイタニック」から。
f:id:nyaofunhouse:20160715115602j:plain
このケーキ、すごく美味しい!
断面がこちらなのですが、
f:id:nyaofunhouse:20160715120033j:plain
このケーキ、下がしっとりとしたフィナンシェ、その上にヘーゼルナッツのクリーム、トップにはピスタチオのクリーム。
この2つのクリームのまったりとしたコクが素晴らしい。ラム酒も効いて、かなりこってりとした味わい。
それを、フィナンシェの中に入ったチェリーが絶妙に中和しているのですね。チェリーのキュッとした酸味のおかげで、味に奥行きが出てる。口の中に広がるナッツの味わいがチェリーの酸味で最後にきれいに流されて、また次のひと口が美味しく食べられる。そんな病み付きになる系統のケーキです。


次に、カフェ・スイーツに掲載されていて、ぜひ食べたいと思っていたボー・タンです。
f:id:nyaofunhouse:20160715120440j:plain
この激渋のフォルム。美味しそうでしょー?
期待マックスで食べたのですが・・・
これは!予想以上に美味しい!すごい!
口に入れると、ヘーゼルナッツの濃厚な豆っぽさとオレンジの甘苦さ&さっぱりとした酸味が同時に襲いかかってくる。
そして、口の中で咀嚼するごとに、ヘーゼルナッツを配合した生地の味わいがじんわりと美味しい。
口の中が空になるまで、ずっとその美味しさが続くのです。
そしてオレンジの風味が飽きさせずに次のひと口へ誘う。
これも病み付きになる味ですねー。期待以上でした。


次に、クレーム・ド・パッションを。
f:id:nyaofunhouse:20160715121344j:plain
これ、見かけは普通のタルトフリュイに見えるじゃないですか。フルーツたっぷりで。
でも、切ってみてビックリ!
f:id:nyaofunhouse:20160715121545j:plain
タルトの中にパッションフルーツのクリームと、ベリーのソースがとろり。
ものすごく凝った構成のタルトだということが、切ってみてはじめて分かるのです。
パッションの酸味とベリーの酸味が加わることで、フレッシュなフルーツが、さらにその果実感を増している。
こんな風にフルーツの美味しさをパワーアップさせる方法があるんだ・・・
脱帽です。
そして、忘れてはいけないのがタルトの焼きの深さ。
このタルトのザックリとした食感が、フレッシュなフルーツの清涼感をどっしりと受け止めている。
いやー、このタルトにはヤラれますね!


サヴァランも買ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20160715121944j:plain
半分に切ってみます。
f:id:nyaofunhouse:20160715122205j:plain
このサヴァランは、オレンジのお酒を使っているとこのことだったのですが、食べてみるとかなり渋みを感じる。
これは、ジンみたいな渋さ。あるいはオレンジビターズのよう。
この渋さを、中のカスタードクリームとトップのバニラクリームがやわらかくまとめあげている。
これはかなり個性的なサヴァランですねー。大人の味わいで、甘さと渋さのメリハリが感じられる、とても美味しいサヴァランでした。


ヴァグというケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20160715122818j:plain
これは、見かけどおり直球のチョコレートケーキ。
ほとんどがチョコレートガナッシュで、粉っぽさはほとんど感じない、重量級の味わいです。
でも、重すぎて食べにくい、ということはなくて、ガナッシュの口どけがとてもいいので、口の中にチョコレートの甘さが残るということはない。甘さ控えめでかなりビターなので、男性的なチョコケーキをガッツリと食べたい時にピッタリ。


最後に、フロマージュ・キュイを。
f:id:nyaofunhouse:20160715123655j:plain
これはシンプルなチーズケーキですね。
ややもっそりした食感の中に、優しい甘さとチーズの乳製品の味がバランスよく感じられます。
もう少し個性的であってもいいかも?という気もしましたが、丁寧に焼かれた美味しいチーズケーキでした。


そんなわけで、今回のメゾプチのケーキも、どれも美味しくて満足。
特にタイタニックの2種類の豆のクリームの美味しさ、ボー・タンの噛むごとに感じられるナッツの風味が光っていました。
期待を裏切らない美味しさでしたねー。

マパテ、来週も行くことになりそうで、本当にマパテ通いは続きそうです・・・