読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

京浜東北線遠征梅雨の陣!

お菓子

今年の梅雨はカラ梅雨ですなー
今日もいい天気!水不足は心配だけど・・・

なもんで、夏本番を前にして既に猛暑の今日ですが、めげずにケーキ屋さん行ってきました。
今回は、京浜東北線遠征しますよー!

京浜東北線、川口から先、浦和周辺はパティスリーのメッカ。
どの駅にも1軒、名店がある感じで。
でも全部のお店は回れないので、毎回悩むんですよねー。
今回も、カフェ・スイーツの影響でロタンティックに行くことは決めてたのですが、もう1軒どうしようかと。
アカシエもアングランパも捨てがたいけど、今回はポルトボヌールに行こう!

そんなわけで、まずは南浦和ロタンティック。
お店、すっごく分かりにくい場所にあって、かなり迷いましたが、Siriのナビでなんとか到着。
f:id:nyaofunhouse:20160712103634j:plain
店内、とても明るくて清潔なイメージ。
でも、さすがオーボン系というだけあって、焼き菓子なんかがかなり充実していました。
生ケーキも魅力的なものがズラッと並んでいたのでかなり悩みましたが、今回はカフェ・スイーツに掲載されていた新作を中心にセレクト。
合計5個購入しました。


南浦和から今度は北浦和へ移動。
ポルトボヌールへ。
ポルトボヌールは、道自体はわかりやすいんだけど、商店街のかなり外れの方にあるので、本当にこのまま歩いて行って大丈夫なの?とちょっと不安になる距離。
まあ2度めだからそのあたりはわかってたので大丈夫でしたが。
f:id:nyaofunhouse:20160712111706j:plain
ポルトボヌールの店内、いろいろと夏仕様。
ヴェリーヌが置いてあったり、ケーキも夏らしいケーキが並んでいたり。
そして、夏らしさといえば、スムージーを販売していました。
味は何種類かあって選べるのですが、自分はラフランスミラベルのスムージーを発注。
f:id:nyaofunhouse:20160712112722j:plain
猛暑の帰り道、ズビズビ飲みながら戻ってきました。


買ってきたケーキは1時間以上冷蔵庫で冷やしてから、ケーキタイムです!
まずはポルトボヌールのケーキから。
可愛らしいケーキ、ル・カシスです。
f:id:nyaofunhouse:20160712134443j:plain
このケーキ、名前の通りカシスの果実味がギュッと凝縮された甘酸っぱさに、チョコムースがよくマッチしている。上のマスカルポーネのクリームの優しい甘さもグッド。全体に爽やかなんだけど、チョコの使い方とか、さっぱりだけじゃない、ケーキとしての食べごたえも十分に考えられたケーキになっています。

次に、アマレナピスターシュ。
f:id:nyaofunhouse:20160712135104j:plain
これは自分の大好きなチェリーとピスタチオの組み合わせですが・・
これがすごく美味しいのです!自分好みということを勘案しても素晴らしく美味しい!
ピスタチオは豆っぽさは少ないもののクリーミーでコクがある。そんなピスタチオに、たっぷりの甘いチェリーはややスパイスも感じつつ、下の生地がしっとりした層とさっくり固めの層の2層に重なっていて、この食感がケーキとしての奥行きを作り上げている。これも軽いだけじゃない、丁寧に作ってあるケーキとしての完成度の高さを感じさせます。

これも夏らしいケーキ、シブストピニャコラーダ。
f:id:nyaofunhouse:20160712140056j:plain
表面のキャラメリゼをパリンと割って半分にしてみます。
f:id:nyaofunhouse:20160712140310j:plain
これも美味しいなー!!すごく美味しい。
もちろんキャラメリゼしたシブーストクリームは大好きなので最高なのですが、カリッとしたキャラメリゼにふわふわ甘いシブーストクリーム、中にはソテーされて甘みを増したパイナップルと、南国的な甘さが大爆発。そして、忘れていけないのは、このパイナップルの入った器としてのタルト。これがバターリッチでとても美味しいのです。単なる器じゃなくて、味をぐっと引き締めている。これもケーキとしての完成度高しですなー。

少し重めのケーキも。タルトキャラメルサレです。
f:id:nyaofunhouse:20160712140737j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160712140917j:plain
これは、キャラメルのほろ苦さが主役のタルト。塩キャラメルなんだけど、塩気はそれほどどぎつくはなく、キャラメルのコクをプラスする方向に若干感じさせるバランス。これも下のタルトが美味しいね。単調になりがちなキャラメルの味を様々なパーツで感じさせるので、飽きずに食べられるのがすごくいい。これにナッツとか入ってたら完璧だったんじゃないか?

ポルトボヌールの最後はヴェリーヌです。ライチパンプルムース。
f:id:nyaofunhouse:20160712141459j:plain
清涼感あふれる外見です!
スプーンですくってみます・・・
f:id:nyaofunhouse:20160712141628j:plain
このヴェリーヌは、グレープフルーツの果肉とジュレで鮮烈な酸味がほとばしり、その下はややまったりとした柔らかい酸味のライチのムース、そして最下部には再び強烈なパッションのソース。
強弱のコントラストが楽しい、さっぱりだけじゃないヴェリーヌでした。

ポルトボヌールのケーキ、どれも美味しかった!
夏らしいさっぱりとしたケーキであっても、「なんとなくさっぱりしてたけど印象に残らないよねー」みたいなところがなく、どれもしっかり「ケーキとしての完成度」が高い、「芯のある」美味しさになっていたのがさすがでした。


しばらく休憩の後、今度はロタンティックのケーキです!
まずは、カフェ・スイーツに掲載されていたシトロンノワゼットから。
f:id:nyaofunhouse:20160712143611j:plain
シトロンノワゼットといえば、先日ルラシオンで全く同じ名前のケーキを食べました。
レモン+ヘーゼルナッツ、流行なの?
そのロタンティックのシトロンノワゼットですが・・・
これは酸味が強い!かなりレモンの主張が強いです!
ヘーゼルナッツは、レモンの風味の下支えの印象。
レモンの酸味だけだと強すぎるので、それをマイルドにさせている役割ですね。
ルラシオンのシトロンノワゼットがレモン:ヘーゼルナッツ=1:1だとすると、ロタンティックのシトロンノワゼットはレモン:ヘーゼルナッツ=2:1とか、そんな感じ。
これはこれで美味しい。面白いなー。

次に、ミルフィーユを。
f:id:nyaofunhouse:20160712144803j:plain
このミルフィーユはオーボンを思い起こさせるフォルムですねー。
パイの焼きは見かけどおりかなり深くて、焦げ臭さを感じさせる。
クリームについては、若干軽めかな?中にラズベリーがかなりたっぷり入ってるので、そのせいもあって軽やかな味わい。個人的にはもうちょっと重くてもいいかも?という気もするけど、でも美味しいミルフィーユです。

そして、フォルムに惚れたモンテリマール。
f:id:nyaofunhouse:20160712161350j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160712161609j:plain
このケーキは、名前から予想できるように、はちみつの甘さ、カリカリとしたナッツのキャラメリゼ、それにラズベリーのジュレの甘酸っぱさ。全体としては甘さが強めなんだけど、ラズベリーのさわやかさもあり、ベタッとした甘さにはなっていない。幸せを感じる甘さですなー。美味しい。

これもカフェ・スイーツで見て食べたかったタルトアブリコを。
f:id:nyaofunhouse:20160712161943j:plain
断面。ちょっときたないけど。
f:id:nyaofunhouse:20160712162109j:plain
このあんずのタルトは、かなりこだわって作ってるのが食べても分かる。
スペキュロス風味のスパイシーなタルト生地に、ピスタチオのフランジパーヌ、それがかなり重さを与えている。それに上に載ったピスタチオのクリームも、やはり重さを加えていますよね。アプリコットは半生でやわらかくて酸味も少なめなんだけど、この重さがあるので、バランスが取れてる。なんというか、あんずの美味しさを引き立てる渋い名脇役が勢揃い、といったような味の構成になっています。

最後に、サバランロランジュを。
f:id:nyaofunhouse:20160712164613j:plain
スプーンですくって食べます・・・
f:id:nyaofunhouse:20160712164731j:plain
このサバランは、中に大きめのオレンジ果肉が入っているので、そのさっぱりとした味に騙されると、中のリキュールのアルコールがガツンと来る、という、あまく危険な香り。すごく美味しいです。
サバランの生地は目が粗めで、海綿のようにシロップをしっかり吸うタイプ。食感はややザラッとした舌触りですが、生地が崩れてないので美味しく食べられる。


こちらのロタンティックも、夏らしいさわやかケーキでも、そこにオーボンヴュータンの血、というか、そんな濃さを感じさせるケーキが多かったですね。丁寧な仕事が光りました。


今回は京浜東北線の南浦和・北浦和に行ってみましたが、次回は、浦和・さいたま新都心かなー?どうしようかなー?悩むところです。