読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

もう!レピキュリアンたらツンデレなんだから!

お菓子

今日は吉祥寺に行ってきました。
吉祥寺は、ちょっと遠いのですが、散髪の時に利用している激安美容室「イッツ」が吉祥寺にあるので、髪切りたいなーと思うと吉祥寺に行くのです。

そして、散髪が終わったらケーキを買うのが習慣。
だいたいレピキュリアンが多いですねー。
レピキュリアン、大好きなパティスリーなのですが、なにせ営業がきまぐれで。
正式な開店時間は何時なのか、ぜんぜんわからん。

今回も、多分12時前には開かないだろうという読みで、散髪後はコメダ珈琲店へ。
f:id:nyaofunhouse:20160513105906j:plain
ギリギリモーニングの時間に間に合ったので、サービスのトーストはバター塗って小倉餡で。
コメダで小一時間暇をつぶしてから、まだ12時になってなかったので、サーティーワンでアイス食べたりして、
f:id:nyaofunhouse:20160513115012j:plain
ようやく12時ぐらいになったので、レピキュリアン行ってみました。
そうしたら、お店は開いてた。
f:id:nyaofunhouse:20160513125614j:plain
だけどこんな貼り紙が。
f:id:nyaofunhouse:20160513125625j:plain
お店オープンは12時だけどケーキが並ぶのは13時だよー

なんだそりゃ!

相変わらずレピキュリアン、気まぐれにも程がある。
普通だったらここで激おこで帰っちゃうとこだけど、自分ツンデレに弱い、というか、レピキュリアン好きなので、待ちましたよ1時間。
コピス吉祥寺をうろうろしたりして時間つぶして、13時にお店へ。
そうしたら、確かにケーキ売ってましたが、数がめちゃ少ない。
エクレア2種類、シュークリーム、あとはケーキがいくつか。合計で7種類ぐらいしかない。
仕方ないので、生ケーキは2種類にとどめ、あとは、これまであんまり買ってなかった焼き菓子や、焼きたて!並びたて!のヴィエノワズリーを購入。
帰ってきました。


焼きたてのヴィエノワズリー、自分の好きなパンオレザンを購入。
そうしたら、こんな可愛い袋に入ってた。
f:id:nyaofunhouse:20160513135843j:plain
裏面も可愛い。
f:id:nyaofunhouse:20160513140949j:plain
そして、こちらがレピキュリアンのパンオレザン。
f:id:nyaofunhouse:20160513141009j:plain
切ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20160513141046j:plain
パンオレザン、よくあるのがカリッと焼かれたタイプ。
でも、レピキュリアンのは、ふんわりしっとりした食感。
バターと小麦粉が美味しいなー。
これは、パン屋さんのパンじゃなくて、確かにケーキ屋さんのパンだ。


焼き菓子、次はタルトスリーズを。
f:id:nyaofunhouse:20160513141544j:plain
このタルト、かなり小型なのですが、印象は強く残ります。
チェリーのみずみずしさ、それにピスタチオ入りのクレームダマンドのぽってりとした濃さ。
それがいい対比をなしていて、とても美味しい。
素朴な美味しさです。

次に、ガトーバスクを。
f:id:nyaofunhouse:20160513141959j:plain
このガトーバスクは、すごく美味しいですねー。
中のカスタードはとろっと生の感触を残していて、味が凝縮されていてとても美味。
外の生地はどっしり、さっくり。
中がカスタードのガトーバスクの中ではかなり好きな部類かも。

そして焼き菓子最後は、店名を冠したポンムレピキュリアン。
f:id:nyaofunhouse:20160513142359j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160513142623j:plain
これは、シグネチャーアイテムだけあって、素晴らしく美味しい。
パートフィロのパリパリ感、カスタードの濃厚さ、そしてりんごの甘さ。
幸せになる美味しさですねー。滋味深い。


焼き菓子を一通り食べて、次に生ケーキを。
まずはモンテビアンコから。
f:id:nyaofunhouse:20160513143149j:plain
これ、見かけは完全にモンブランなのですが・・・
f:id:nyaofunhouse:20160513143433j:plain
この断面を見ると分かるように、このケーキ、タルト台なんですね。
そしてタルト台の中に栗が入ってる。
でも、それ以上に特徴的なのが生クリームの中のチョコスポンジ。
このスポンジにはエスプレッソが染み込んでいるのです!
栗にコーヒー、意外に合う合う。
ちょっとティラミスっぽい味になるんですね。
だから、フランス語じゃなくてイタリア語のモンブラン=モンテビアンコなんでしょうね。
独自性を感じる美味しさです。

最後に、ローズデサーブルを。
f:id:nyaofunhouse:20160513143835j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160513144032j:plain
これは、パートフィロにクレームダマンド、一粒栗、という構成。
なかなか美味しい。
けど、これ、見かけに対して可食部分が少なすぎる印象も。
美味しかったけど、これは自分はポンムレピキュリアンの方が好みかなー


そんなわけで、今回は焼き菓子中心のセレクトになったレピキュリアンのケーキ。
ほんと、このお店だけはどうにもならん。
ファム・ファタール。
もしくはツンデレ。
ツンツン休むけど、ケーキの味はデレデレ。
だから、振り回されてもつい買ってしまうんですねー。
今回は、まあ、営業していただけでも有り難いですよ。
次回は、少し遅めに行ってみるかねー。