読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

ブロンディールのエレガントなたたずまい

自分のエヴァーノートに保存してあるケーキメモによると、ブロンディール、去年の12月から行ってない。
そろそろ行きたいなー・・・と思ってたら、新宿伊勢丹マ・パティスリーに来るとのこと。
それは嬉しい!というか、お店が石神井公園に移ってから催事初めてなんじゃないか?
どんなケーキが待ってるんだろー
わくわく。

ということで、初日の今日、伊勢丹に行ってきました。
f:id:nyaofunhouse:20160511113522j:plain

マパテ、ショーケースには、よく見知ったケーキが中心。
でも、デリスピスターシュにしてもフレジェにしてもシブーストフランボワーズにしても、ふじみ野時代に食べたっきりで、長いことご無沙汰なんですよね。
先日発売されたdancyuでもブロンディールのデリスピスターシュ取り上げられていて、久しぶりに食べたいなーと思っていたので、デリスピスターシュは購入。
それ以外に、まだ食べてないケーキもたくさんあったので、それらをチョイス。
合計5個、買ってきましたよー

ブロンディールのケーキ、まずはお久しぶりのデリスピスターシュから。
f:id:nyaofunhouse:20160511113932j:plain
久々に食べたデリスピスターシュ、うんまい!
すげー美味しいなー!
とにかくピスタチオの味と香りが!圧倒的!
このピスタチオのムースだけでも、他に何もなくてもじゅうぶん美味しいんじゃ?と思うぐらい。豆の香り高さに対してエグみが少なくて、豆の質の高さがダイレクトに伝わってきます。
そこに割って入るラズベリーの酸っぱすぎず適度な爽やかさと、土台のチョコレートと、完璧なバランス。
陶然となりますね・・・

次に、ル・デュック。
f:id:nyaofunhouse:20160511114647j:plain
これはお店には並んでたけどまだチョイスしたことなかったケーキ。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160511114903j:plain
このケーキは、キャラメルムースが主体なんだけど、このキャラメルがちょっと変わった味で、
なんか、人形焼のような味を思いおこさせるんですね。
砂糖と、はちみつのような、こっくりとした甘さ。独特。
それに、あんずの甘酸っぱさが合わさって、シンプルなんだけど奥の深い味になってる。
そして、さりげなく上に載ってるメレンゲが単なる飾りじゃないあたり、藤原シェフの面目躍如。

マロンカシス・ア・ラ・ノワドココ。
f:id:nyaofunhouse:20160511115418j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160511115614j:plain
これもオリジナリティ高いなー
濃厚な洋栗のマロンペーストはたっぷり盛られていて、それに加えて土台のタルトががっしりと焼かれてこれも濃厚な味。その2つの強い味わいにカシスジャムの甘酸っぱさが抜群にマッチ。マロンとカシスの相性の良さは言うまでもないですが、このケーキの場合は、カシスが栗の濃さをより引き立てている。ココナッツはそれほど強調はされていないけど、周囲に貼り付けられたココナッツはサクサクとしたアクセントに。
美味しいなー。栗とカシスの可能性は無限大だなー。

ブルジョネというケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20160511120155j:plain
う、美しい・・・
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160511120406j:plain
これは、基本的はピスタチオといちごのムースのケーキ。
なんだけど、単にピスタチオと相性のいいいちごを組み合わせてみました、というものではなく、ぐっとシックな装い。解説ではワインとバルサミコが入ってるとのことだったけど、それが強く香るわけではない。ないんだけど、ともすれば子供っぽい味になりがちなピスタチオ+いちごの組み合わせを、一層ドレッシーにしている。見かけもそうだけど、味もシックでドレッシーでエレガント。
このあたりが、ブロンディールならではを感じさせますね!
素晴らしいケーキだと思います。

最後に、エタンセルを。
f:id:nyaofunhouse:20160511120851j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160511121057j:plain
このケーキは、見ての通りチョコレートがメインのケーキなのですが、チョコのビターな味に、ヘーゼルナッツのコクが加わり、そこまではかなり重い印象。でも、そこにラズベリーのジュレが入ることで、旱天慈雨のような、砂漠のオアシスのような、メリハリのついた美味しさになってるんですねー。
食感も、ラズベリーの種のプチプチと、フィヤンティーヌのサクサクが、どろっとしたムースに対して小気味いいアクセントになってる。素晴らしく美味しいです。


そんなわけで、ブロンディールのケーキ、デリスピスターシュ以外は初めてでしたが、どれも抜群に美味しかったですねー!
藤原シェフの作るケーキは、コンテンポラリーというほど斬新ではないし、トラディショナルというほど重厚ではないのですが、他では味わえないエレガントな趣がありますよね。
虚飾を排し、ケーキの味をして語らしむ、というような、強い意思を感じます。
そんなブロンディールのケーキが、自分は大好きです!
今回の催事、ショーケースの端に、前回食べて感激したニダヴェイユもありました。もし余裕があればチェックしてみてください。