Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


池尻大橋の桜とラ・グリシーヌ

今年は桜が咲くのが早かった!
なので、散るのも早くて、先日の雨で大半は散ってしまったっぽい。

でも、池尻大橋から歩いて行った目黒川、まだ多少花残ってた。
f:id:nyaofunhouse:20160410105438j:plain
今日の目的地は、池尻大橋のパティスリー、ラ・グリシーヌ。
ラ・グリシーヌは、池尻大橋から目黒川をテクテク歩いていくこと約10分。
一本道を入ったところにありました。
f:id:nyaofunhouse:20160410110205j:plain
開店直後の11時過ぎに到着したのですが、まだケーキが揃ってなくて。
今回買おうと思ってたケーキがまだ出来てなかったので、12時には出来上がるよーと言われて他の場所で時間をつぶすことに。

最初は近くの公園にいたのですが、iPhoneいじってたら、ラ・グリシーヌのすぐそばにカフェがあるらしく。
行ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20160410113117j:plain
オサレですなー
このカフェ「PNBコーヒー」、7種類のコーヒーからお好みの1杯を選ぶ、という形式。
全体に浅煎りのコーヒーが多いとの事だったのですが、その中では少し濃い目の「コスタリカ」を注文。
f:id:nyaofunhouse:20160410114313j:plain
オサレですなー
コーヒー、確かに浅煎りということで、飲み口はすごく軽くて、酸味はやや強め。
ずぞぞーっと飲んで、ラ・グリシーヌにバッカゲン。
そうしたら、ケーキズラリと並んでた!
美味しそうなケーキがかなり多かったのですが、その中から厳選して6個ケーキ購入。
帰ってきました。


ラ・グリシーヌのケーキ、まずは春らしくフレジエから。
f:id:nyaofunhouse:20160410130623j:plain
このフレジエは少し変わってて、ムースリーヌに紅茶をきかせてるんですね。
それがなかなかうまくハマってる。
ムースリーヌだけだと味が単純になりがちなところ、紅茶の香りをまとわせることでコクと深みが感じられるように。
甘酸っぱいいちごとの対比も見事。
オリジナリティーもありつつ美味しいフレジエです。

ミストラルというケーキ。
f:id:nyaofunhouse:20160410131355j:plain
エメラルドグリーンが美しいですねー
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160410131619j:plain
このケーキは、ピスタチオにチェリーを挟んだケーキ。
ピスタチオの適度な豆っぽさと、チェリーの甘酸っぱさが、とてもいい組み合わせになってる。
下に敷かれたチョコクランチがアクセント。
欲を言えば、下のチョコクランチのチョコがちょっと強いかな?ピスタチオの繊細さをちょっとかき消している部分もあったので。
でも美味しいピスタチオケーキです!

そしてそして、今回ラ・グリシーヌに行った最大の目的、ピュイダムールですよー
f:id:nyaofunhouse:20160410132100j:plain
かなり大ぶりのピュイダムールです!
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160410132418j:plain
このピュイダムールは、オレンジ風味のシブーストクリーム、生のオレンジ、パイの側面にダイスのアーモンドと、かなり賑やかな構成。
だけど、これはこれですごく美味しいと思う。ストイックなピュイダムールももちろん大好きだけど、こういうピュイダムールも、決して嫌いじゃない。
特に、キャラメリゼとオレンジって、ほんと良く合うんですよね!オレンジを組み込んだのはアイデアだと思います。

これも伝統菓子のミゼラブル。
f:id:nyaofunhouse:20160410133135j:plain
このミゼラブルも、面白いですね!
ダクワーズ生地には当然アーモンドが入ってるけど、クリームにもアーモンドのヌガティーヌ、上にもアーモンド飴が刺さってて、アーモンド大会。シャンドワゾーのミゼラブルとは全くの別物。
でも、すごく美味しいんですねーこれが。ダクワーズはふわっとしているけど、ヌガティーヌなどのアーモンドのカリカリとした食感がすごく楽しい。これもアイデアが光ります。

チョコレートケーキ、コンツェルトです。
f:id:nyaofunhouse:20160410133820j:plain
これはビターなチョコケーキ。
だけど、これもチョコムース、チョコガナッシュに加えてアーモンドやクッキーが入ってたりと、細かく手を入れている。カカオニブも入ってるのかな?食感の多様性があるので、ビターなチョコな一辺倒というのではなくて、飽きが来ないで食べ進められる。
美味しいですねー。

最後に、モンブラン。
f:id:nyaofunhouse:20160410134514j:plain
でかいです!
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160410141517j:plain
このモンブランは、下に甘い焼きメレンゲのさっくりした食感に、むにゅっとした食感が。
これ、なんと「ぎゅうひ」が入ってるんですね。
モンブランにぎゅうひ!?そんなの合うわけねーだろー
と思ってたんですが、これがなんとも不思議に合うんですねー
さらに円周上にバターの香りのサブレが加わって、豪勢な味の組み合わせになってる。
こんなモンブラン食べたことない。
でも、美味しいですねー。
モンブランの懐の深さを思い知った次第。


そんなわけで、ラ・グリシーヌのケーキ、どれも美味しかったです!
ここのお店の特徴は、サービス精神が旺盛なところ。
定番のケーキでも、そこにアーモンドを始めとした細かいパーツを組み込むことで、オリジナリティのある美味しさを作り上げている。
そして、本来シンプルなケーキでも、お子様ランチのように賑やかな味になっているんですね。
このサービス精神、嫌いじゃないです。
目黒川周辺は、オサレカフェもいっぱいあるし、また散策がてら訪れたいですねー