Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


新生・伊勢丹マ・パティスリー第一弾はジュンウジタ!

f:id:nyaofunhouse:20160401112812j:plain
4月!
様々なものが新しくなる季節ですね。
そして、商業施設でも新規オープンやリニューアルオープンが相次いでます。
新宿や銀座に新しい商業施設が出来て、賑わってるみたいですね!

そして、いつもお世話になっている伊勢丹マ・パティスリーも、先日からリニューアルしたみたいです!
リニューアル第一弾に選ばれたのはジュンウジタ!
どんな感じになったのかなー?
マパテ、場所はいつもと同じですが、ショーケースの位置とかは全く変わりましたね。
そして、これまで冷蔵ショーケースにずらりと並んでいたケーキも、リニューアル後はショーケースに見本のケーキが1個づつ並ぶスタイルに。
ケーキ自体はレジの裏手に貯蔵してあるようです。
うーむ、これで、オペレーションがグダグダだったマパテ、少しはマシになるんだろうか?

ジュンウジタのケーキ、食べたことのないケーキや、食べたことあるけどブラッシュアップされたケーキなど、合計6個購入。

そして、今回のマパテのリニューアルの目玉、全国の有名パティスリーの日持ちするアイテムを集めたコーナー。
オープニングを飾るのは錚々たる顔ぶれ。
なかなか買えない九州・近畿・東北地方の名店の、焼き菓子類がずらっと並んでいて。
ケーキ買った後だけど、あれも欲しい、これも欲しい、と買い込んでしまって。
それで、全部合計してお会計したら
「7938円になります!」
ええーー!!
買いすぎた・・・

でも、どれも外せないお店ばかりだったから・・・
うーーー


家に帰ってきて、ジュンウジタのケーキ、いただきます!
まずは、軽いところから。ムースシトロン。
f:id:nyaofunhouse:20160401113158j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160401113514j:plain
このムースはほわんと軽くて、柔らかくて、形を保てるギリギリの柔らかさ。
口に入れると、レモンそのまんま!と言うほど酸っぱーーーいレモンの酸味が!
キューーーンと来ました!
そして、そこにバニラやはちみつの優しい甘さが加わって、とっても美味。
味の対比、コントラストがすごくいいんですよね。
酸味と甘さ。甘さが酸味を引き立て、酸味が甘さを強調する。
いい関係です。

次に、ガトーマルジョレンヌ。
ガトーマルジョレンヌは、ジュンウジタ開業直後の催事で食べました。
こんな形でした。
f:id:nyaofunhouse:20121004130709j:plain
それが、今回はこんな形に。
f:id:nyaofunhouse:20160401113939j:plain
このガトーマルジョレンヌ、箱から取り出した時点でもうナッツのいい香りがふわっとして。
食べてみると、もうこれが、ヘーゼルナッツの美味しさが口からあふれる!
生地にも、メレンゲにも、バタークリームにも、新鮮なヘーゼルナッツがたっぷり使われていて、その香りの良さが、もうもうたまらん!
以前食べた時はもうちょっと野暮ったく感じたのですが、今回食べたバージョンは、適度なナッツ感がありつつもすっきりとしていて、シャープになった印象。
すごく美味しいです!

ピスターシュフランボワーズ。
f:id:nyaofunhouse:20160401114724j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160401114946j:plain
これはもう!ピスタチオ・パラダイスですね!
でも、これだけピスタチオまみれになっても、えぐみや嫌な味が全然しない。
豆っぽさは当然ものすごく感じるのですが、豆の美味しさだけがダイレクトに伝わってくる。素晴らしいですね。
そして、このケーキも、ピスタチオとラズベリーの味の対比がとてもいい。
とろっと濃厚なピスタチオのクリームを食べやすくしているのはラズベリーのジュレのおかげ。
すごく美味しいです。
間に挟まれたスペキュロス風の生地は、ちょっと固めなので、ナイフで切って食べるの推奨。

ガトーフレーズ。
f:id:nyaofunhouse:20160401115521j:plain
いいですね!いちごの季節バンザイです!
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160401120243j:plain
このケーキは、いちごがまず美味しい。甘さと強い酸味があって、のっぺりとした味でないところがいい。でも、いちごの美味しさをそれ以上にしているのがタルトの工夫。
タルト生地はバターリッチなサブレのようなサクッとした軽さ。たっぷり絞られた生クリームは、サワークリームも配合されてこれもさわやか。全体的にとても軽く作られていて、いちごの甘酸っぱさを生かした美味しさになっている。上に塗られたいちごのジャムがまた美味しい。

今回の催事の目玉、タルトオランジュサンギーヌ。
f:id:nyaofunhouse:20160401121057j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160401121511j:plain
食べてみました。
こ、これは!
ブラッドオレンジが!酸っぱい!すごく・・・気持ちいいです!
この強烈な酸味をどっしりと受け止める、ピスタチオとクレームダマンド、ザクッとしたタルトの生地の重さ。もったりとしたこの濃い土台があるから、ブラッドオレンジのさわやかさ、酸味がちょうど良く感じられる。
これも、やっぱり、コントラストですね。軽いものには重いもの、酸っぱいものには濃厚な味わいを・・・。
そのコントラストが眩しいぐらいに美味しさを感じさせる。
いやー、やっぱりジュンウジタ、最高ですねー。


最後に、サランボを。
f:id:nyaofunhouse:20160401121920j:plain
サランボ、レザネフォールでは名物の、飴がけシュークリーム。でもジュンウジタのはエクレアみたいに細長いですね。
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160401122050j:plain
このサランボは!
これ、カスタードクリームにたっぷりのラム酒が!
これはすごいです!かなり強烈にラム酒の香りがします!酒臭いです!
これは可愛い見かけに反して、子供は食べちゃダメ!な一品です。
カリッとした上がけの飴の甘さに比べて、ラム酒のカスタードクリームは甘さ控えめ。
これもコントラストですね。
古典菓子に新しさを加えて、ぐっとアダルトな美味しさに作ってあります。


ということで、ジュンウジタのケーキ、今回は「コントラスト」という言葉を多用しました。
特に甘さと酸味のコントラストが見事でした。
おそらく意識してやっていると思われ。
レモンやラズベリーの酸味はもちろん、いちごもブラッドオレンジも、かなり酸味の強いものをセレクトしていて、それをいかにケーキに昇華させるか、その味の組み合わせに心を砕いた結果、とてもキラキラとした、まばゆい美味しさになっていました。
素晴らしかったです!


そして、今回買った焼き菓子類。
f:id:nyaofunhouse:20160401122500j:plain
これらについては、別に記事書きます。