読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

リョウラ(Ryoura)のあまりの美味しさに言葉を失う!

お菓子

自分は通常マ・パティスリーは木曜日に行くのですが、それを昨日水曜日に行ったのは、どうしてもリョウラに行きたかったから!
ほんとは月曜日に行こう!と思ってたんだけど大雨だったので今日になった、というわけです。
それだけリョウラ禁断症状、というか、みんな美味しそうなケーキ食べてるみたいで我慢できなくて。

そんなわけでリョウラ行ってきましたよ!
f:id:nyaofunhouse:20160317111256j:plain

リョウラのお店に着いたのは、11時の開店10分後ぐらい。
でも、もう既にたくさんのお客さんがお店に訪れていて。
大繁盛してるじゃないですか。みんなわかってますねー。
ケーキの買い方も、バースデーケーキにアントルメを買うお母さん、焼き菓子を見つくろってもらっているおじさん、サントノーレ1個だけを買ったお姉さん・・・と、種種雑多。さまざまな人がリョウラのケーキを楽しみに買っているのがわかって、なんだかこっちまで嬉しくなりました。
自分も負けじとケーキいっぱい買いましたよー


リョウラのケーキ、まずは春の定番フレジェから。
f:id:nyaofunhouse:20160317123219j:plain
いやー・・・美味しい。美味しすぎる。
なんだろこれ、幸せな気持ちになる。多幸感。
ピスタチオのムースリーヌは豆っぽさが適度で、固さも甘さもしっかり。
それプラス上に薄く塗られたメレンゲもふわっと甘くて、これも幸せな味。
それに甘酸っぱいフレッシュないちごが合わさって、これはもう桃源郷ですな。
ちょっともう、出だしから満足に浸ってしまう。

次に、待ちに待ったリョウラとしては初めてのミルフィーユ。トラディショナルスタイルです。
f:id:nyaofunhouse:20160317123804j:plain
うわー・・これは・・・
言葉を失いますね。
実は、自分、ケーキ食べる時に、味を忘れないようにちょこちょこっとメモ書きをしているのですが、このミルフィーユについてはメモ帳に
「絶品。絶品としか言いようがない」
としか書かれていなくて。
ほんとにもう、それ以上の言葉が見つかりませんよ。
あえて補足で書くとすれば、まずパイ生地!サックサクで、香りも素晴らしくて、しかもキャラメリゼしてあるのでカリッとした食感もあって。
その最高のパイ生地に、フォークで切っても崩れない超濃厚なムースリーヌがこれがまた最高に美味しい。
ドゥーパティスリーカフェの時代から菅又シェフのミルフィーユの素晴らしさは知っていましたが、プレーンの直球勝負、ズドンと来ましたよ。心を撃ち抜かれた。
これ以上はもう、言葉にならん。

そして、サントノーレ。サントノーレジャスマンです。
f:id:nyaofunhouse:20160317124606j:plain
断面。
f:id:nyaofunhouse:20160317124837j:plain
このサントノーレも絶品です!素晴らしいです!
生クリームはジャスミンの香りがしっかりと香り、カスタードからはココナッツがほのかに。
とてもエキゾチックな味わいなのですが、奇をてらった感が全く無い。もうなんでしょ、エキゾチックなんだけど「これがスタンダードだ!」と言わんばかりの堂々たる味の構築。
そこに、パッションフルーツが入って更にトロピカル感を増し、セミドライのあんずがアクセントとして効いていて、例えようもない美味しさ。幸せ。幸福感。

季節のタルトでは、日向夏のタルトがあったので買ってみました。
f:id:nyaofunhouse:20160317125601j:plain
これも美味しいですなー!
さわやかに甘酸っぱくてわずかに苦味のある日向夏に、甘苦いピール、そしてバニラたっぷりのカスタードクリームとクレームダマンド入りのサクサクタルト台。
特に日向夏のピールと、カスタードの美味しさが特筆もの。
素晴らしい・・・

ヴェリーヌは、「アコール」というものを。
f:id:nyaofunhouse:20160317130110j:plain
スプーンですくってみました。
f:id:nyaofunhouse:20160317130332j:plain
このヴェリーヌは、以前食べたヴェリーヌ・オ・エピスの変化版。
だけど味わいはだいぶ異なります。
スプーンですくって口に入れると、まず最初にスパイスの香りがふわっと漂います。
シナモン・ナツメグ・カルダモンあたり?マサラチャイを思わせる香りの良さ。
それに、リュバーブのジュレとブラックベリーのジュレの2種類の酸味が加わって、更にナッツやドライフルーツの刻んだ食感が加わり、複雑かつ超美味なのです!
このヴェリーヌも、美味しさをじゅうぶんに語る言葉が追いつかない。
スパイシーで甘酸っぱくてトロトロっとしていて・・ああもう!

最後に、エクストレームをば。
f:id:nyaofunhouse:20160317130950j:plain
自分にとっては待望のエクストレームです。
ドゥーパティスリーカフェ時代にこれを食べて、あまりの美味しさに仰天した鮮烈な記憶があります。
自分の中では、これまで食べたチョコケーキの中でも最も美味しいと思うケーキの中のひとつ。
それが新店ではどうなっているのか・・・
ドキドキしながら食べてみました。

うっわー!濃い!
やっぱり味は衰えていなかった!
すごいですよ、すごい。
まるで羊羹のようにねっとりと濃厚なチョコガナッシュのビターで素晴らしい香りと、アルマニャックの大人な香りが加わって、夢の様な美味しさに。
なんと表現したらいいのか・・・
まるでチョコの塊のようなんだけど、チョコの塊は絶対こんな美味しくない。
チョコのポテンシャルを最大限に引き出したその味の良さと香りの良さは、もうもう・・・


そんなわけで、今回のケーキ、あまりにも美味しすぎて、時々言語能力がシャットダウンしてしまいました。
リョウラ、恐ろしい店・・・
次回は季節のミルフィーユ、季節のタルト、季節のサントノーレなどを食べてみたいです。
絶対美味しいに決まってるし、通いたいなー