Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


Ryouraの美味しさに再び感動!

用賀にオープンした菅又シェフのお店「Ryoura」、オープン当日に行ったのでしばらく間あけようかなーと思っていたのですが、なんか情報を聞くと、平常運転になってからものすごい勢いで新作を作っているらしく。
そして、和栗のモンブランとフォレノワールがいま並んでるらしく。
そう聞いたら行くしかないでしょ。
待ってろよーモンブラン&フォレノワール!!!


連休最終日の今日は、ちょっと天候は不順。
たまにポツリと来ることも。
でも大崩れはしなかったので、よかったよかった。


Ryoura、オープン5分前に到着。
そして、11時ちょうどにオープンしました!

ショーケースの中は色とりどりのケーキが並んでいます。
オープン日にセット販売していたケーキもありましたし、ドゥーパティスリーカフェ時代のスペシャリテもありました。ショートケーキもありましたね。
あとは、マロンパイがちょうど焼きたてだということで、それも当然のごとく購入。
いっぱい買いましたー!


Ryouraのケーキ、まずはすごく楽しみにしていたモンブランから。

断面。

このモンブラン、津和野の栗を使ったというマロンクリームはフワッフワの軽さ。
なので、実はこれ、家に持って帰った時点では上の部分が傾いていて。
写真取るときにあわてて整形しました。
そのぐらいマロンクリームが軽いの。
でも、和栗のほっくり感はきっちり。
甘さもしっかりで、味としてはおせち料理の「栗きんとん」に近い。和栗をたっぷり楽しめる。
下のメレンゲはさっくりと軽く、濃厚なマロンクリームとの対比がステキ。若干湿気てたのは残念ポイントだけど、これは家までの持ち帰り時間のせいなので、仕方ないかな。
ともかくすごく美味しいモンブランです!栗好きにとってはたまらん。


そして、こちらも楽しみだったフォレノワール。

このフォレノワール、フォルムはかなりモダンだけど、味わいはクラシカル。
しっかりキルシュの風味が効いていて、チェリーもたくさん入っていて、満足度高し。その反面、チョコは比較的軽め。なので、クラシカルの中にも食べやすさが考慮されていて、古典と現代の融和に成功している。
美味しいフォレノワール。期待以上です!


シューキャラメル。シュークリームは2種類売っていて、自分はキャラメル味をチョイス。

見かけからしてもう美味しそうですよね!
断面。

このシューキャラメルは驚きの美味しさ!
パリンと香ばしく焼かれたシュー皮の中にはキャラメル味の生クリームとカスタードの2層になっているんだけど、そのクリームの中にトフィーのようなカリッとしたキャラメルが混ぜ込んであるの!このキャラメルがほろ苦ですごく美味しいアクセントになっているのです!
ナッツをまぶしたシュー皮と、キャラメルinキャラメルで感激の美味しさ!これは街の巨匠登場待ったなし!


もう一個シュー皮の行きます。
エクレールマロンカシス。

これはドゥー時代からのスペシャリテのひとつですね。
自分ドゥーのを食べてよく覚えていますよ。
その時の記事はこちら
今回のエクレールマロンカシス、断面はこちら。

今回のRyouraとしてのエクレールマロンカシス、ドゥー時代と比べると、ほぼ同じなのですが微妙に美味しさがアップしているような気が。
渋皮つき栗の甘さ、ほっくり感と、カシスの生クリームのキュンとした甘酸っぱさ、そしてシュー皮はやっぱりパリンと香ばしくて。
ドゥーの時に食べた印象としては、エクレアなんだけどかなりヘビーな味だなーという記憶なのですが、今回のは濃厚さと軽さのバランスがより一層調和しているように感じました。
カシスの酸味が強く出たからかな。自分はRyouraバージョンのほうが好きです。


そして、ヴェリーヌも購入。ヴェリーヌ・オ・エピスです。

ヴェリーヌという夏らしい仕立てに対してエピスという秋冬っぽい味がどう反映されるのか、スパイス好きとしてはかなりこれも期待していました。
スプーンですくうと・・・

これ、美味しい!!
スプーンを口に運んで一口食べると、様々なフルーツやナッツ、スパイスの味が口の中ではじけ飛ぶ!鮮烈な味わい!
それを、紅茶のジュレとオレンジのコンフィの爽やかさがうまくまとめ上げているんですね。この計算された味の組み合わせが見事。しっかりスパイスが効いているのに、とても食べやすい。これはエピス好きはもちろん、スパイスのクセが苦手な人もぜひ食べてもらいたい!すごく美味しいです!


そして、タルトショコラキャラメルサレを。

見かけはドーム状のエレガントなシンプルさですが、切ってみると・・・

このケーキもすごく美味しい!
断面図を見てお分かりのように、濃厚なチョコレートのムースに、タルト台の中には、ねっちょりとした塩キャラメルがたっぷり!
この塩キャラメルが絶品で!味の濃いチョコレートに完全に拮抗している。
そして、キャラメルの中にはピスタチオを入れたり、細かい工夫がなされているところも要注目。
いやー、これは至福のうまさですわ。


最後に、焼きたてのマロンパイを。

切ってみます。

このマロンパイ、焼きたてだけあって、パイ生地がさっくりさくさく。バターの香りと、わずかな塩気がとても美味しい!
そして、中の栗とクレームダマンドはきっちり甘くて、上にはフォンダンがかかっているので、かなり甘いです。
でも、甘ったるくはなっていなくて、幸せな甘さが続くのです。


というわけで、Ryouraのケーキ、どれも予想通り、いや予想以上に美味しかったです!
秋らしく栗のケーキ3種類買いましたが、どれも栗の味わいをじゅうぶんに活かした美味しさで、さすがさすがでした。


これは、また冬が深まった頃に行かないとですね〜。
用賀にはこれから頻繁に行くことになりそうです!