Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」6/30発売予定!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

今だとAmazonで予約すると51ポイント還元みたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


シャンドワゾーのケーキをそこらへんのベンチで食べる

今日はちょっと埼玉の方に野暮用があって。
埼玉と言っても川口の方。
川口に行くとなれば、シャンドワゾー寄らないという選択肢がない。
もちろん行きますよ!
新作ケーキも食べたいし、なんでも最近モンブランが瞬殺らしいので、それも味わっておきたい。
シャンドワゾーのモンブランは、はじめてシャンドワゾーに行った時に食べていて、こんな感じでした。

この時のモンブランの印象もかなり良くて、重量級のサイズとともに印象に残っていました。
それがどう変わっているのか・・・興味津々。


川口駅は、四ツ谷からだと40分ぐらい。神田で京浜東北線に乗り換えればあとは座ってるだけで到着するので、それほど大変というイメージはないのです。
そんなわけで川口駅です。

川口駅からシャンドワゾーへの道は、何度か来ているのでだいたいわかっているのですが、今回は途中の道すがら周囲をキョロキョロ。
というのも、今回は都合によりお外でケーキ食べないといけなくて、どこかいい公園かなんかがないかな?と、ベンチを探していたのです。
本当はねー、イートインがあればベストなのですが。


シャンドワゾー、たどり着きました!

今回はまず、売り切れ必至のモンブランを。そして、まだ食べてなかったスペシャリテを含むケーキを合計5個購入。
そして、お店から歩いて数分の、マンション?の入り口にあったベンチに座って、いざケーキタイムです!アウトドアケーキです!


まずは、いきなり重いケーキいきます。スペシャリテのひとつ、「ガトーショコラフォンダン」です。

これな!これな!
やっぱり美味しいです。村山シェフはベルギーでもチョコレートを扱っていただけあって、チョコの美味しさは絶品。ねとっとした滑らかなチョコレートはカカオの香りがぶわっと来る。その香りだけでもうっとり。ものすごくどっしりしているんだけど、中にオレンジピールが隠れていて、アクセントになっている。フィヤンティーヌも敷かれていてこれももう一つのアクセント。
すっごく美味しいケーキです!


次に、こちらは爽やか系のタルト、「タルトフランボワーズカシス」です。

これ、見た感じはタルトフィグに見えるのですが・・・
断面。

確かに中にはたっぷりのベリーのクリームが。このベリーの甘酸っぱさが主役。
でも、その主役を食うほどの存在感を見せつけたのが、上に載ったプチプチいちじくと、下の焦げ茶色に焼かれたタルトのザックザクの香ばしさ。
このタルト台は素晴らしいですねー。ギリギリまで火入した生地でしか出せない香ばしさは、フルーツタルトはタルトが命!ということを強く印象付けてくれます。


次に「ロワイヤル」というケーキを。

このエレガントな形のケーキ、いかにもシャンドワゾーらしいフォルムですねー。見ただけで美味しそう!
断面。

このケーキはロイヤルミルクティーのケーキなのですが、たしかに紅茶の香りもするけれど、それを上回って、ミルクチョコレートの甘く優しい味わいが。
まったりとミルキーな甘さに、ナッツのカリッとした香ばしさが加わって、奥深い味になっています。
いやー、やっぱり見かけ通りの美味しさです!!


そして、シブーストフランボワーズを。

上のキャラメリゼがテカテカと光っていて、これも見るからに美味しそう!
パリンとキャラメリゼを割って切ってみます。

こ、これは・・・
最初に飛び込んできたのが、キャラメリゼの焦げ臭さ!
あと数秒遅かったら真っ黒焦げになる、その寸前まで火が入ったキャラメリゼの香りがガツンと来ました。
シブーストクリームはふんわりと柔らかい甘さ、そしてラズベリーのパキンとした甘酸っぱさ。
そして、やっぱりこれもタルト台が香ばしくて美味しいんですねー。でも、見ての通りタルトフランボワーズカシスの台とは全く違う、クレームダマンドが入ったタルト。これが全体を引き締めている。
キャラメリゼの香りに圧倒されるけど、食べていくと全体が調和している、とても美味しいドラマチックなケーキです!


最後、モンブランを。
今のシャンドワゾーのモンブランは、こんな感じです!

一番上に貼った昔のモンブランと見比べてみれば、一目瞭然。絞りが全く違って、ぐっとエレガントになっています。
切ってみます。

下がサブレ生地になっているのは以前と同じ。でも、マロンクリームの量がものすごくて。一粒栗も入ってずっしりと重い、スーパーヘヴィー級のモンブランに仕上がっています。
そして、味の方はというと、やはりマロンクリームの美味しさが圧倒的ですね。
昔のモンブランと比べると、和栗のほっくり感に加えて、洋栗のようなねとっとしたコクも感じられるんですね。甘さもじゅうぶんで、このマロンクリーム、和洋の栗のイイトコどりのスーパーマロンクリームになっています。
以前のモンブランはマロンクリームがややあっさり目だったので、下がメレンゲじゃないのがちょっと不満だったのですが、今のモンブランはマロンクリームが超濃厚なので、下は軽めにサブレでバランスが取れているように感じました。
有無を言わせない素晴らしいモンブランでした。


ということで、ベンチに座りながら5つのケーキ、堪能しました。
道を通る人はきっと変な人がいるーーと思っていたに違いありません。
通報されなかっただけましですよ。
やっぱりシャンドワゾー、ミゼラブルだけじゃない!モンブランもガトーショコラフォンダンもタルトも最高に美味しかった!
また来たいですねー。というか、今回の訪問は次回への布石だったりするので、次の訪問の記事をお楽しみに。