Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


やっぱりラブリコチエに行かないと秋って感じしないよね

やっぱり、秋を感じるにはラ・プレシューズで和栗のモンブラン食べて、ラブリコチエでモンブラン食べて、エーグルドゥースでトルシェ・オー・マロン食べないとね。これは甘いモノ好きの義務と言っていいでしょう。いや、義務じゃないね。スイーツなんて「こうすべき」みたいなものってないと思うし。好きなケーキを好きなように食べればいいのです。
そんで自分はラブリコチエのモンブランが好きなので食べに行ってきました。

紅茶と一緒に。

モンブラン、相変わらず巨大!採算度外視のマロンクリーム鬼盛りです!

フォークでサクサクと切っていきます。

うーん、栗がほっくりして美味しいですー。なにしろこれだけたっぷりなので、栗好きくいしんぼの自分でもじゅうぶん満足できる。エネルギーチャージされる感じです。


そして、残りのケーキはテイクアウトで。
新作を中心に4つほど購入しました。


まず、「ロゼフレーズ」。

これ、形を保つギリギリのやわらかさ。
なので、この写真を撮った直後、転倒してしまいました。
それだけやわやわでふわふわのムースはマスカルポーネ。
それにいちごが合わさって、いちごミルクのような味わい。
やっぱりいちごミルク味って幸せになりますよねー。
でも、それだけでは終わってないのがこのケーキのすごいところで、見てお分かりになるように中に薄くイチゴジャムが塗ってあったり、下に敷かれたスポンジにはナッツが混ぜ込まれていたり、とても凝った作りになっています。
だから、味が単調にならないで、ふわふわ感をたっぷり楽しめるんですねー。
さすがです。


ショコラバナーヌ。

これも、基本は鉄板のチョコバナナ味。だけど、これも単なるチョコバナナでは終わってませんよ。やわらかなチョコクリームに、甘いバナナのムース。それだけでもじゅうぶん美味しいのですが、隠し味にレモンが薄く入ってるんですね。なので、ただ単に甘いだけじゃなくて、奥行きができている。
重くなりがちなチョコバナナに軽やかさを与えている。
さすがです。


スリーというケーキ。

断面。

このケーキ、上は甘い白ワインのムース、下はサワークリームとベリーの入ったタルト。
全体にほどよい甘さと酸味があります。
とても優しくて食べやすいケーキ。なんだけど、味の焦点がぼやけていないのです。ラブリコチエのケーキって、そうですよね。ものすごく主張してくるとか、ガッツリガッツリとか、そういうのはないんだけど、優しさの中にしっかり自己主張があって、それがすごいんですよね。
さすがです。


最後、タルトフリュイフレを。

たっぷりフルーツのタルト。
断面。

これもなんてことないフルーツタルトなのですが、やっぱりすごく美味しい。
クレームダマンド入りのタルト台のサクサクした香ばしさがあるから、上のフルーツの甘酸っぱさが生きてくる。
かといって、味わいは濃すぎず、適度なバランス。
誰が食べても美味しいと感じるタルトだけど、安っぽくない。ちゃんと仕事をしているタルトになっているんですね。
さすがです。


ということで、ラブリコチエのケーキ、さすがさすがと感心しながら食べました。
モンブランは別格な美味しさですが、テイクアウトで食べたケーキも、どれも美味しかったです。
一流パティスリーのケーキには、時としてこっちも気合を入れて対峙する覚悟を要求されることもありますが、ラブリコチエのケーキは、素直に美味しいと思える。癒やしのケーキですね。でもクオリティは高い。そこがすごいですよねー。