読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

銀座三越「食のフランスフェア」

百貨店の催事って、けっこう重なりますよね。
春はなぜかフランスフェア。秋はイタリアフェア。とか。
今年も、銀座三越と新宿伊勢丹が1週のずれ?でフランスフェアを行います。
どちらも趣向を凝らしているのですが、三越の方はスイーツに力を入れていて、ヨシノリアサミ、エスキス、アディクト・オ・シュクル、マ・プリエール、パティシエ・シマなどが出店。
とても全部は買えないけど、先日訪れてすごくすごく美味しかったアディクト・オ・シュクルのケーキは買おうと思って。あとはショーケース見て判断ですな。
・・・ということで、銀座三越、行ってきました。
8階催し物会場はかなり狭い!

まずはヨシノリアサミさんのコーナーへ。
パウンドケーキなんかも売ってましたが、テイクアウトできるソフトクリームが目玉。

2種類ある中の、チョコのソフトを購入。

ソフトクリーム、ねっとりとした固めの食感に、ビターなチョコの味わいで、美味しいことは美味しい。けど、そんな感激するほどではないかも。値段を考えるとちょっと高いかなーという。


それからルルーさんもお店出していた。
今回は通常のCBSの他に「キャラメルピニャコラーダ」味も出していたので、それを。

これも、美味しいことは美味しいけど、そこまでトロピカルではなく。でもまあクイニーアマン自体が美味しいので、文句はありませんが。


エスキスは超高いクレームブリュレのセットに、超高い焼き菓子、そこそこ高いカヌレなどを出していたんだけど、焼き菓子ひとつに2000円とか、クレームブリュレ3個で2500円とか、ちょっと自分の許容できる価格帯をはずれていたのでスルー。
あとは、アディクト・オ・シュクルは買うとして、それ以外にシマのパンを買うか、マ・プリエールのケーキにするか、それか地下催事のレザネフォールにするか。
かなり悩みました。
ショーケースもガン見しましたよ。
で、出した結論は、「今回はアディクト・オ・シュクル&レザネフォールで!」という。
マ・プリエールのケーキも美味しそうだったのですが、パティシェリアで買えるしなーとちょっと思って。
かなり断腸の思いだったのですが。
ということで、アディクト・オ・シュクルのケーキ4つと、地下に行ってレザネフォールのケーキ4つ買って帰宅。
まずはアディクト・オ・シュクルのケーキから。


タルト・オザブリコ。あんずのタルト。

これは、いきなり美味しい!
あんずの酸味がかなり強烈なのを、しっかり焼かれたタルト生地がどっしりと支えている。
やっぱりタルトは、タルト生地がしっかりしていないと美味しくないですよね。
その意味では、このあんずタルトは、とてもとても美味しい、ステキタルトでした。


次に、ちょっと渋めにエクレール・ショコラを。

切ってみると・・・

中もチョコクリームが入っていました。
このチョコクリーム、なかなかに大人味で、チョコの酸味・苦味がしっかりしたビターな味。そして、シュー皮がやっぱりしっかり焼かれているのですごく美味しい。チョコクリームとの一体感は見事。安定の美味しさです。


モンブランも買いました。

断面。

洋栗の濃厚なペーストに、中にはマロングラッセ。かなり甘さ・濃さが強い。
下の焼きメレンゲはジャリッとした独特の食感。個人的にはもう少し焼きメレンゲ欲しいところだけど、この食感は特徴的だなあ。流行の和栗のモンブランとは異なる、フランス風モンブランの佳作です。


最後に、ババ・オ・ロムを。

見ての通り、シロップがカップの縁まで来てます。
スプーンですくうと・・・

やはりというか、シロップはしっかり甘く、お酒もガッツリ効いてます。でも、シロップをたっぷり吸ったババは、それに負けてないしっかりとした食感をキープ。ボロボロになるような食感は微塵もなく、弾力を失っていません。
なので、たっぷりのババ生地と、たっぷりのシロップを味わうことができる。これはお酒弱い人はキビシイかもですねー。自分は堪能しました。


ということで、アディクト・オ・シュクルのケーキ、前回食べなかったケーキを中心に選んだのですが、やっぱりどれも美味しい。この店は本物ですね。
小さな店なので商品のバリエーションはあまりないかもしれないけど、また時期を変えて都立大学のお店にお伺いしたい。夏のフルーツ、秋の果物をどうケーキにするのか、かなり楽しみです。