読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

怖れていたジュンウジタの限りなきチャレンジ魂(ウルトラマンネタです)

前の記事のコメント欄にも書いたように、ユウササゲ、ジュンウジタ、アカシエが催事出店している今週、今日はまず新宿伊勢丹マ・パティスリーのジュンウジタを見て、ケーキイマイチだったら池袋東武のアカシエに行く予定にしていました。
なんか伊勢丹のブログとか見ても、今回は焼き菓子中心にいく、みたいな雰囲気だったので、生ケーキは少ないかなー??という予想だったので。


ところが!
いざマパテのショーケース見たら、たしかに生ケーキの数は少ないのですが、どの子もみんな可愛い!美味しそう!こんな可愛い子を見捨てていかれない!
・・・と、気がついたら6個も買っていました。なんだそりゃ。
なのでアカシエはまた今度、ということに。
アカシエは今度本店行こう。ということで。


その、ジュンウジタの可愛いケーキたち!
まずは、以前も買ったフレジエから。

やっぱり美味しい!
これは、上に塗られたラズベリーと赤スグリの強い酸味と、いちごの甘酸っぱさ、そしてキルシュの香りがほのかに。
酸味と甘みとお酒の渾然一体となった美味しさは、お子様向けというよりアダルティな味わい。
やっぱりここのフレジエはステキです!


フロマージュクムクワット。

実はジュンウジタの金柑を使ったチーズケーキ、以前にも食べてます。
その時は「フロマージュブラン」という名前でした。
こんなの。

だけど、今回のクムクワット、以前のより格段に美味しくなっている!
チーズのやさしい酸味と金柑のさわやかな酸味、そしてラズベリーの甘酸っぱさ。酸味の様々な様相を多角的に楽しむことができる。
美味しいなあー。
これ食べたら、以前のフロマージュブランは試作品?とさえ思える。
素晴らしい出来栄えのチーズケーキです。


シブースト。

これも美味しそうでしょ?
断面。

これは、上のシブーストクリームの軽やかさに、下のクレームダマンド入りタルトの重厚さ、その対比が素晴らしい。
シンプルながら、ふわっと軽いクリームとどっしり重い台とのドラマティックな味わいのケーキになっています。もちろんキャラメリゼのほろ苦さはバッチリです。


前から食べたかったジョワドペッシュ。ようやく買えました。

可愛い!
断面。

これはビックリ!
食べる前は、桃のさわやかな甘酸っぱいケーキなのでは?と予想していたのですが、あにはからんや、メインになっているのはホワイトチョコのムース(追記:ホワイトチョコではなくバタクリだそうです)のまったりとしたコクのある甘さが。それにピスタチオのクリームが合わさって、全体のトーンとしてはかなり甘みの強い、ねとっとした食感。
それにアクセント的に赤桃の酸味が加わって、味に変化を与えている。
これは驚きました。桃がスパイス的な役割をしているケーキって、そんな食べたことなかったから。予想外でしたが、これはこれで食べると納得の味です。


まだ行きますよー。次はマカロン。マカロンフリュイです。

断面。

このマカロンのケーキ、フリュイといっても基本はレモンとラズベリーの2つだけ。
レモンのクリームはレモンらしい酸味たっぷり。そしてフレッシュなラズベリーはみずみずしい酸味あふれていて、このケーキも酸味の複雑な様相を楽しむことができるケーキです。かなり酸味は強いので、酸っぱいの苦手な人はつらいかも。自分はマカロンのねっちりとした美味しさとともに、この酸味しっかり受け止めて楽しみました。美味しいです!


最後、ガトーショコラを。

シックなデザインのケーキです!
断面。

これはすごいですねー!
下のチョコ生地は湯煎焼き?ねっとりした非常に濃厚なチョコレートになっています。
そして、上のチョコクリームはサワー&ビター。酸っぱ苦いです。
これはヘビーなチョコケーキですねー。見かけどおり、子供禁止の重々しいケーキになっています。
チョコ好きにはたまらない脳天を直撃するチョコのケーキになっています。


・・・ということで、ジュンウジタのケーキ、6個、どれもステキなフォルムと味わいのケーキでした。
ほんと、ジュンウジタのケーキ、マパテで今回で7回目ですが、どんどん美味しさが加速している。
フォルムも洗練され、味わいも研ぎ澄まされている。
次に味わうときにはどんな美味しさの高みに至っているのか、楽しみです!