読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

エクセシオールカフェ×モリヨシダのコラボケーキを食べてみた

お菓子

なにかと話題になっていたエクセシオールカフェ×モリヨシダのコラボ。
http://www.doutor.co.jp/exc/event/20150219/
こういうコラボって、これまでにもいろいろありましたが、いい思い出全然ないので、どうなんだろうなー・・・
とりあえずケーキ3種、食べてみますかねー
・・・ということで行ってきました錦糸町。
アルカキット錦糸町のエクセシオールではこのケーキ食べられるとのことで。

小雨の降る寒い日でしたが、アマイタマシイは負けないのです!


店内に入ると、たしかにケーキ、ケースに並んでいました。
じゃあ、その3つ。飲み物はアールグレイで。
合計2010円。ケーキ3つに飲み物で2000円超えというのは、かなりのものですよ。
しかもアールグレイは300円。ケーキがいかに高いか、という話ですよ。


じゃーん!これがモリヨシダのケーキです。

かなり渋いたたずまい。
美味しいといいんだけど、美味しくあってくれよー・・・
まずは、タルトシトロンから。

さて味の方は・・・
うん、レモンクリームがパキッと酸っぱい。
この酸味の強さは好感。
だけど、これだけレモンが酸っぱいなら、上のメレンゲはもうちょっと欲しい所。
例えば、このぐらい。

(↑はリュバーブタルトだけど)
こんな、お飾り程度のメレンゲではバランスが取れない。
あと、タルト台が全体にふにゃっとしてたのも残念ポイント。
まあこれはどちらかというと管理の問題なのかもしれないけど。
レモンクリームがすごく美味しいだけに、いろいろ惜しい感じ。


次に、「ベージュ」を。

シンプルだすなー。
断面。

これは、なかなか美味しいですよ。
ミルクチョコにオレンジの香りがメイン。それにサクサクのタルト、フィヤンティーヌのアクセント、そしてほのかにアールグレイの香りが。
これはいいですね!美味しいです。工夫もされているし、値段相応。


最後、ガトーショコラを。

このガトーショコラ、なんか金色に輝いています!
ゴージャス!こういう見かけの工夫も大事ですよね。
断面。

このガトーショコラ、やっぱり隠し味にオレンジが使われていて、ベージュと味がかぶる。
そして、チョコが濃厚なのはいいんだけど、生地がもろもろとしていて、フォークを入れるとボロッと崩れてしまう。食べにくいことこの上ない。
あと、全部がショコラオランジュの味なので、食べていてちょっと単調に感じてしまう部分も。
正直あと一歩かな〜


ということで、このエクセシオール×モリヨシダのコラボケーキ、以前のスイーツ番長とプロントのコラボのような悲惨さはなくて、そこそこ美味しい。
でも、やっぱりそこそこ、なんですよねー。


今は、テクノロジーも発達していて、レシピさえしっかりあれば、工場での大量生産品でも、そこそこの味のものは作れる。80点のものは比較的簡単に作れてしまう。
でも、そこからは、やっぱり差が出ちゃうんですよね。
一流のお店の、パティシエさんとスタッフさんが心血を注いで、それこそアーモンドを自分の店で挽くぐらいの手間暇をかけたケーキと、工場で作られた大量生産品とでは、やっぱり圧倒的な差がついてしまう。違いは明らかなんですよねー。


やっぱり、料理人やケーキ職人はコックコート着て厨房に立ってなんぼ。
こういうコラボも、面白いとは思うけど、やっぱり、自分は頑張っているパティシエさんの作るケーキを買いたいと思うし、リスペクトを忘れないようにしたい。
そういう思いを新たにしましたね。