読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

シャンドワゾーの冬のケーキ

お菓子

もう12月も中旬にさしかかってきましたよ!
今年も終わりに近づいているのに、食べたいケーキがあれもこれも。
新しい店も開拓したいし、お気に入りのお店で新しい出会いもしたいし。
もうもうどうしたらいいものか。


そして気がついたら京浜東北線に乗っていたという。
目指す目的地は川口駅。
そう!シャンドワゾーです!


シャンドワゾー、前月の「カフェ・スイーツ」で新作のケーキ紹介されてて、それがすごく美味しそうで。
それもあったし、なんかツイッターのTLで「タルト・ポム」がすごく美味しいらしいよ!という話も聞いたので。
もういてもたってもいられなかった、というのが京浜東北線に乗った理由。


久々にシャンドワゾーの白いお店にたどり着きました!

ショーケースの中は冬の装い。
チョコレートケーキ系が多かったです。
そして、ショーケースの上にはタルト・ポムもしっかり居ました。
どれ買うか、例によって迷いに迷って。
結局ケーキ6個買ったんだけど、シブーストフランボワーズを買わなかったのが痛恨。食べたかったけど、泣く泣く諦めました。


それでは、シャンドワゾーの冬のケーキ、いきます!
カシス・マロン。

チョコ飾り見ただけでシャンドワゾーと分かる、美しいフォルム。
切ってみます。

栗とカシスを組み合わせるのはもう最近では定番になってきていて、モンブランにカシス合わせたりするのも普通に見るようになりましたが、このカシス・マロンは、カシスのさわやかな酸味が主で、マロンクリームと中に入ったマロングラッセのねっとりとした甘さが従。かなりフルーティーな方向にバランスをとっている。でも、このバランスはすごく好き。美味しい。栗をアクセントにしたカシスのケーキ、素晴らしいです。


ムース・オ・ショコラ・トンカ。

チョコレートにトンカ豆、そしてアクセントにオレンジピールを。
横からの図。

トンカ豆って、それ自体は食べたことないんだけど、ようやく最近「これがトンカ豆の味なのねー」というのがわかるようになってきた。
独特のスパイシーないい香りが、トンカ豆の特徴。チョコレートとの相性は抜群で、トンカ豆を加えるとチョコレートに複雑な表情が現れるんですよね。
このムース・オ・ショコラ・トンカは、チョコレートの様々なテクスチャーにオレンジピールのアクセントが効いていて、とても表情豊かなおいしいチョコレートケーキになっている。
チョコケーキって、えてしてチョコが強すぎると食べてて飽きることもあるけど、このケーキは飽きない。とても美味しいケーキです。


タルトショコラ・ブラン・ブリュン・シトロンという長い名前のケーキ。

これはカフェ・スイーツにレシピが載っていて、ぜひ食べたいと思っていたケーキだったので、買えて嬉しい。
断面図。

レシピを読んでいて、味の想像をめぐらせていたのですが、食べてみると予想とだいぶ違った。
まず、タルト生地がすっごく美味しいの!
たっぷりと使われたバターの豊潤な風味は特筆もの。
そのバターにピッタリ相性の酸味の強いレモンのクリーム。そこに焦がしたホワイトチョコレートのほろ苦さと甘さ。
これは・・・・
なんて美味しいの!
ベースのタルトがこんなにも美味しいから、レモンの酸味、チョコの苦味がとても華やかに感じられる。
こういう味わいだったのかー。と、感動しました。


サントノーレ・キャラメル・ノワ。

断面。

これは、くるみと塩キャラメルのサントノーレ。
飴がけシューも美味しいし、中のリングシューに入ったキャラメルノワのほんのりとした塩気とナッツな香ばしさ。
すごく美味しいし、食べごたえじゅうぶん!
これも美味しい。好きだなー。


そして、おまちかねのタルト・ポムですよー。

どう!この色!
近くに寄って見てみても、あまりの焦げ茶色に、「チョコタルト?」と思うぐらい。
真っ黒です!
ここまで焼いちゃって、大丈夫なの?と心配になるぐらい。
横からのショット。

この横からのショットでもわかるように、このタルト・ポム、たしかにタルトタタンとはちょっと作り方が違う。
パイ生地の上にアーモンドクリームを流し、その上にりんごを載せている。
で、食べてみたのですが・・・
やっぱり、パイ生地がすごく美味しい!
パイ、すれすれまで焼かれていて、焦げる寸前の小麦粉の香ばしさが前面に出ている。
その上にまったりとしたアーモンドクリーム。かなりどっしりしてます。
そしてりんごは強烈な酸味!そしてほろ苦さ。
りんごの甘さは控えめで、アーモンドクリームが糖分を補う形になっている。
だからこの構成で間違いないのです。
全体としての印象はとても重厚、どっしり。
タルトタタン風味のアップルパイ、といった趣です。
このタルト・ポム、素晴らしいとしか言い様がない。
某なんちゃってアップルパイを売っている某店の店員さんに食べさせたい。
徹底的に火を通したりんごはここまで美味しくなるんだよということを強く主張したいです。
いやー、最高ですねー。


最後にサバランを。

このサバランはヴェリーヌ仕立てになっています。
スプーンですくうと、こんな。

このサバラン、ラムレーズンがこれでもか!というほど入ってるの。
ラムをたっぷり吸ったレーズン、小さな爆弾級。
そして、ヴェリーヌだけにシロップも容赦なくたっぷり注がれています。
これはお酒そこそこイケる人でも軽く酔っ払いそう。
子供厳禁の大人味のサバラン、すごーく美味しいです。天にものぼる気分。


漫画「アマイタマシイ」で、菊田れんじ先生の名言
「甘いものの前だと!ついつい笑顔になっちゃうな〜〜」というのがありますが、今日の自分はまさにそれ。
シャンドワゾーの表情豊かなケーキたちを味わいながら、ずっとニヤけっぱなしでした。
どのケーキも素晴らしかったです。シンプルなんだけど味わいの表情がとても豊かなケーキたち。ミラクルですよ、ほんと。
食べてて幸せで笑顔になるのは、とても嬉しいし楽しいけど、人から見たらかなりキモいかも。他人には見せられねー