読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

メゾン・ド・プティ・フール@マ・パティスリー

自分の記憶が確かならば、メゾン・ド・プティ・フールはかつて京王百貨店の地下に出店していたはず。
何度かタルト食べたことがある、と思うんだけど、だいぶ前のことだからなー。
その後ずっとご無沙汰してたんだけど、今回マパテに来るということで、久々再会してみようかと。


マパテの店内、生菓子、焼き菓子、ケークなどなど。
タルトはなかったなー。タルト買いたかったんだけど。
その代わり、ガトーバスクがあった。
実は2014年7月のマパテ、出店する4店すべてにガトーバスクを作るように発注しているらしい。
なおかつ、おそらく「独自性のある、個性的なガトーバスクを作って下さい」と指示している模様。
そのため、アカシエでは真四角のガトーバスクが出ていたし、メゾン・ド・プティ・フールは「ガトーバスク・フレ」=生ガトーバスクなるものが出ていました。
うーん、普通のガトーバスクがいいのになーとちょっと思ったけど、いちおう買いました。
その他、ケーキ4つ、合計5個購入。
今日は曇り空でまだそんなに暑くないので助かりました。持って帰ってきました。


最初に、「ショーモンテ」というケーキ。

これ、焼きメレンゲでバタークリームを挟んだケーキ。
断面。

これは古典菓子らしいのですが、ムラングシャンティのクリームをバタクリにしたようなものですね。
ムラングシャンティ好きなんだけど、バタクリならもっと美味しいに違いない!と思って期待して食べてみましたが、やっぱり美味しい!
焼きメレンゲはホロッとした軽さ。バタークリームはそれほど重くはないけど、しっかり甘い。
ただ、これ、側面にもバタクリが塗られているので、食べるのは結構たいへん。まぶされているクラムもポロポロ落ちてくるし。
でも、そんなのをものともしない、素晴らしく美味しいケーキでした!


ルーション。あんずのケーキ。

これ、断面図撮るために切ってみたら・・・

中から半割のあんずがゴロンと。すごい。
これだけ大きなあんずが入っていて、杏のムースも甘酸っぱくて、
あんず大好きな人にはたまらない、あんずづくしの美味しいケーキ。
表面のココナッツもあんずと合いますねー。


サントノーレ。

断面。

これ、クリームが灰褐色なんだけど、色が変わるほどバニラが入ってるってこと?すごいなあ。
中のシューにはカスタードクリームで、表面は飴がけ。
飴がちょっとにちゃっとしてて、歯にくっつくのがちょっと怖かった。
また歯の詰め物とれたら困るし。
でも、そんな心配をよそに、たっぷりのバニラ生クリームとさっくりシュー&パイ生地が調和してて美味しいです。


アルルキン。例によって例のごとくチェリーのケーキは買うさ。

断面。

このケーキはいいですね!なにがいいって、ピスタチオがとっても豆感があって、少しのえぐみもあって、とても濃厚なんだけど、それを酸っぱいチェリーのジュレが見事に帳消しにしてくれている。
グリオットピスターシュの理想的な関係性。
美味しい!


最後に、バスク・フレ/オルディネール。

半生ガトーバスク。
結論から言うと、美味しいことは美味しいけど、自分はよく焼けが好き。
生地はすごく好みなのです。バニラとラム酒がキリッと効いていて。アカシエのガトーバスクよりもだんぜんこっちを選ぶ。
けど、なーんかなー。半生。半生もいいけど、うーむ・・・
だったら、よく焼けのガトーバスクにサバイヨンソースをかけるとかしたほうがより美味しくなるんじゃないのかなー。よくわかんないけど。なんか、うーむ・・・
・・・と、こちらも生煮え返事になってしまいました。


ということで、メゾン・ド・プティ・フールのケーキ、美味しくいただきました。
西馬込は遠いので、また来てくださいね。待ってます!


来週はシュクレリーナード。シュクレリーナードのガトーバスクは、かなり期待大ですよ。これぞガトーバスクの真髄!というのを見せてもらいたい。