読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

エチエンヌのケーキ@マ・パティスリー

お菓子

久々に新宿伊勢丹のマ・パティスリーのラインナップがすごくて、
今週のエチエンヌ→ヴォワザン→ラ・ヴィエイユ・フランスと続くらしい。
ヴォワザンは先日ヒカリエに出店してたし、ラ・ヴィエイユ・フランスはフランス展出てたし、
みんな精力的。パワーあるなあ。
食べる方も負けてらんないよね。
ということで、まずはエチエンヌ行くでしょう。行ってきました。


マパテのショーケースには、目も眩むほどの美しいケーキがずらり。
選ぶのにほんと苦労しました。かなり長考した。
で、結局シュークリームも含めて6個買ってしまった。
そして、今回も「リベルテ・ソヴァージュ」は買わず。
エチエンヌのスペシャリテ。大好きなケーキなんだけど、いっつも買おうと思って家出るのに、他に新作なんかがたくさんあって、手が回らないのです。


エチエンヌ、ケーキ袋も可愛い!

豚さんがマスコットなんですよね。


最初は、「オンクチューズマンゴーダブリコ」という、長い名前のケーキ。
オンクチューズというのは、ねっとりした、というような意味らしいです。

これ、フォルムが独特ですよね!
角丸の長方形のケーキの上にエクレアのような黄色いマカロンがデンと載ってる。
すごく可愛い。
でも、全部のパーツを一口で食べるのはちょっと難しい。
上のマカロンをナイフで切って、ケーキ部分はフォークで切って、口を大きく開けて…
あーん!
!!!
お、美味しい!
なんだこれ!ビックリした!
まず驚いたのは、マカロン、アーモンドの香りがすごいの。
そして、マンゴー&アプリコットのジュレのトロリとした甘さと酸っぱさと。
さらに、底には様々なナッツが敷き詰められていて、クランチ感をプラス。
なんて完成度高いの!
これは難しくてもいっぺんに全部のパーツを食べるべき。
美味しくてビックリしますよー。
すごいなー。すごいです。


次に、シャルロットスリーズいきます。大好きなさくらんぼのシャルロット。

なんて可愛いんでしょ!もう食べちゃいたいぐらい!なので食べます。
断面図。

中にもチェリー入ってます。
このシャルロット、チェリーのサイズからわかるように、かなり大きいケーキです。
これも口あんぐりして食べます。
!!!!
おーいしいーー!!
またまたビックリ。
これ、シャルロットのスポンジ(ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール)が信じられない程軽いの。ふわっふわで、甘くて、天国の雲はこんな味なんじゃないかなと思える恍惚の美味しさ。
たっぷり絞られたチェリーのクリームもふんわり軽くて、でも上と中に入ったチェリーが甘酸っぱくて、軽いだけじゃない。
このシャルロット、この大きさでも、軽さに蕩けてるうちに、いつの間にか完食してることでしょう。
それにしても、エチエンヌのケーキ、キュートでスタイリッシュで。
特に華美な装飾とかはしてないんだけど、シャルロットスリーズの上にちょこんと載せた緑のチョコ棒、すごく効いてますよね。
「用の美」という言葉を想起させます。
(あと、細かいことだけど、チェリーは上に飾られたものも全て種が抜いてあった。こういう細やかな気遣いが嬉しい。)


次は「ジョリフィーユ」行きます。

実はエチエンヌ、今月立川伊勢丹にも催事出店してて、このジョリフィーユの画像がツイッターで流れてきたのを見て、なんて可愛いの!と思ってたのです。
実物はもっと可愛かった。
ピスタチオといちごのケーキ。
これがまた驚きの美味しさですよ奥さん。
側面に貼り付けられたマカロンはやっぱり香り高く、ピスタチオは香ばしく、いちごミルクのほんわりした甘さと絶妙にマッチ。
美味しいなー。
ちょっと…いや、かなり感動。
ここまでケーキ3つ食べて、ツイッターに書き込み。

ほんと、驚きとか感動とかは、結果論。「驚かそう」「感動させよう」という人にはやってこないように思う。これは多分ケーキだけじゃないと思うけど、丁寧な仕事で地道に感性を磨いてきた人が心をこめて作ったものの中に驚きは隠されてるんだと。


ちょっとケーキ3個で熱くなってしまったので、シュークリームで小休止。
「遊羽クリーム」です。

シュークリーム、大きさはそんなに大きくない。
切ってみます。

シュー生地はふかっとした食感。クリームはバニラが濃厚に感じられるけど重くはない。食べやすい。皮とクリームの一体感があって、とっても美味しい。いいシュークリームです。


クールダウンしたとこで、次のケーキは「オベリスク」。

このケーキも、焦げ茶色のケーキの上にビビッドな赤い装飾がキマってる。美しい。
断面図。

このケーキは、見かけほどチョコ濃厚!ではなくて、マイルドなミルクチョコ味。
側面にまぶされたナッツがかなり主張してる。
中にはバニラのブリュレが入ってて、ちょっとチョコナッツアイスのような味わい。
あと、ほんのり苦味があって、コーヒー?自信ないけど。
これもかなり美味しいケーキです。
エチエンヌハズレないなー。


最後に食べたのがなんとミルクレープ。「ミルクレープバナナ」です。

さて、このミルクレープは何層になってるでしょうか?

ミルクレープなんて滅多に食べないけど、面白そう!と思って買ったのですが、これにも驚かされた!
クレープ生地はしっとりもっちりでこれも美味しいのですがバナナが!!
ソテーしてあってとろけてるのですが、甘さ控えめでとってもフレッシュ!さわやかな味わいなのです。
そう言えば藤本シェフはバナナ使いの達人だった。忘れてたよ。
これも底にはクランチチョコが。
やっぱりエチエンヌのミルクレープ、ただ者ではなかった。


…ということで今回のエチエンヌのケーキ、見栄えにうっとり、食べてビックリの連続でした。
ケーキを通してこんな感動が伝わってくるんだから、パティシエというのはステキな仕事ですね。
心に響きましたよ!