Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

拙著「ケーキツアー入門」好評発売中!

ケーキツアー入門: おいしいケーキ食べ歩きのススメ

新品価格
¥1,728から
(2017/6/21 00:00時点)

Amazonで購入するとちょっとだけポイントつくみたい。いつまでかは不明。
あと、当分電子書籍化はないと思う。


アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


高円寺でベトナムおこわとケーキと

前の記事にも書いたように、高円寺ラブリコチエさんのスタンプカード満タンになりまして。
でも、有効期限が5月までだから、使わないと。
ということで、高円寺に行くことにしましょ。


そして、前回高円寺ラブリコチエに行くときに、あづま通り商店街で見かけた「ツバメおこわ」という店がすごく気になっていて。
調べてみたら、なんでも、「ベトナムおこわ専門の食堂」だということで、なにそれ!それは是非食べたい!
じゃあ、そこでお昼食べて、それからラブリコチエへ行く予定に。


「ツバメおこわ」さん、オープンは11:30。ほぼドンピシャのタイミングでお店に到着。最初のお客さんに。


メニューを見ると、おこわが各種揃ってる。
いちばん高いのが「蓮の実おこわ」。いちばん安いのが「ピーナッツおこわ」。自分はメニューの写真がとてもワイルドな「豚&ハム煮おこわ」を発注。
そして、おこわにはセットメニューがつけられて、+450円でスープ+ドリンク+デザートがついてくるのだとか。じゃあ、セットにしてみましょうかね。


お店は、店主の女性がお一人で切り盛りしてる。自分の後にもお客さん次々に来て、大忙し。
意外とテイクアウト需要が多いのね。地元の人が家で食べるのかな?


まず最初にセットメニューのスープが来ました。
「タマリンドで味付けした酸っぱ甘辛いスープ」だそう。

スープはたっぷりもやし。それとトマトとパイナップルが入ってます。

けっこうピリピリくる。でもパクチーの香りがちょうどよくて美味しい。


そして、メインの「豚&ハム煮おこわ」が来ました。

実物もワイルド!
入っているのは、ほろほろに煮込まれた豚肉、ハム、そして目玉焼きと厚揚げ。
美味しい!
エスニックなクセはほとんどなくて、日本人好みのあっさり味付け。
おこわが隠れて見えなくなるほどのたっぷり具材に、もっちりおこわ。
美味しい美味しい。パクパク。
ボリュームもそこそこあって、男性でも満足できる量。


食後にはドリンクとしてチョイスしたベトナムコーヒーと「パンダ豆のチェー」(ミニサイズ)を。

パンダ豆のチェーは、中に粒塩が入ってて、甘塩っぱい。
ベトナムコーヒーはコンデンスミルクとろっとしてて美味しい。

いいお店だねー。
地元民にも認知されてるみたいだし、定着してくれるといいな。
次は蓮の実おこわ食べてみたい。


おこわを堪能したあとはラブリコチエへ。
ラブリコチエさん、自分が行くときは品数が少ないことが多くて、今日もちょい少な目。
新作は「タルトカライブ」があったんだけど、シシリーの新作はなかった。残念…。
今回はケーキ3つ購入。会計時にスタンプカード忘れずに出して500円off!1000円以下の金額に。


ラブリコチエからの帰り道にGclefに寄って、しばらく切らしていたアールグレイランカクラシックを2袋購入。ほくほくしながら帰ってきました。


家に帰って、さてランカを淹れて、ラブリコチエのケーキ食べますよー!
最初は「トリロジ・オ・ショコラ」。これは2回目かな。

断面図。

このケーキは3種類のチョコを使っているんだけど、それぞれのチョコのバランスが難しい。
ラブリコチエさんのはミルクチョコが多めに感じられる。それからビターチョコが追いかけてくるような印象。
食感もとろけそうなぐらいトロトロ、やわやわ。
やっぱり美味しい。


次には、ル・ピエモンテ。
これは何度目だろう。けっこう食べてる。

断面図。

チョコとナッツたっぷり。そして側面のサブレが適度な塩分と食感をプラス。


最後に新作の「タルトカライブ」。

断面図。

このケーキは、これもチョコとナッツの組み合わせなんだけど、タルトがサックサクなのと、キャラメリゼしたナッツがカリっとしてるのとで、食べていて小気味良い食感。
そして隠し味のゆずが、皮だけでなく果汁の酸味がパキっと出ていて、全体を独特の味わいに仕立てあげている。
とてもユニークで美味しいケーキ。


ということで、高円寺でランチ&ケーキのステキな体験でした。
しかし高円寺、行くたびにカフェと食べ物屋さんが増えてるんだけど、生き残り競争は熾烈なんじゃないかな。
ケーキ屋さんもトリアノン、ラブリコチエ、ラ・レーヌにジュンホンマと大変なことになってるし。
できれば頑張っている人がちゃんと経営できて、長く愛されるようになればいいのだけれど…。