読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Nyao's Funtime!!

nyao(♂)の不可逆な日々を、チェスの騎士のように不規則にたどたどしく綴っていこうと思っています。

アマイタマシイ1巻 アマイタマシイ2巻 アマイタマシイ3巻 アマイタマシイ4巻 アマイタマシイRising
甘魂者の聖典!「アマイタマシイ」Kindle版好評発売中!!
紙媒体でも復刊ドットコムから発売決定!
→復刊ドットコムのページ

Nyao's Funtime!!は漫画「ファンタジウム」と
長見良の魔法世界を応援します!

長見良の魔法世界


サイト引っ越ししました!新URLは
http://www.nyao.club です!

大山スイーツツアー!

東武東上線、大山駅。
各停しか止まらない小さな駅ですが、甘魂者には楽天地なのです。
ひとつは、名パティスリー「マテリエル」。
そして、「ピノキオ」のホットケーキ。


実は、最初マテリエルについて調べていたのですが、そうしたら「大山に行くならピノキオ行かずしてどうする?」という記述を多数見かけて。
わかりましたよ。じゃあ行きますよピノキオ。ホットケーキ、画像美味しそうだったし。
ということで、大山スイーツツアー、行ってきました。


池袋から東武東上線各駅停車で数駅、大山に到着。

さて、これからピノキオ目指すのですが、どうやらとても分かりにくい場所にあるらしくて。
自分はこういうルートで行きました。

近道よりもわかりやすさ優先で。
Kindleにダウンロードした地図を見ながら、テクテク歩くこと6〜7分ぐらい?「ピノキオ」が見えてきました。

ピノキオ店内に入ると、まず目に入るのがいにしえのテレビゲーム兼用テーブル。これが3台ぐらいある。
その奥には普通の席もあるので、自分はそっちに。
時間は9時半ぐらいでしたが、常連さんがおひとり、店主の方と談笑中。
いろんな意味で昭和っぽいなー。
メニューをもらいます。

ホットケーキは出来上がるまでに時間がかかるというのはわかっていたので、それまでのつなぎとしてトーストを注文。飲み物はカフェオレで。
最初にトースト(ヤサイ)が出てきました。

極厚パン2枚にトマト・レタス・きゅうりが挟まれてる。
そしてなぜかつけあわせにポテトチップが。
こんがり焼かれたトースト、バターがしみしみで美味しい。かなりボリュームがあります。
次にカフェオレが。

このカフェオレ、すごく美味しい!
びっくりした。
コーヒーのほろ苦さがとてもいいです。
なんだ、トーストもコーヒーも美味しいんだ。ホットケーキだけじゃないんですねー。


そして、ホットケーキが出来上がるまで、トーストをかじりながら携行しているノートに書き物をして時間を過ごします。
自分のあとには3組お客さんが来ていました。この場所にもかかわらず繁盛してます。まだ10時なのに。
これは早めに来て正解でしたね。


そして、待つこと・・・結局50分。
ホットケーキ出来上がりました!

やっぱり実物を見ると感慨深いですねー。
本当に分厚い。そして、生地が見るからにすべらか。
ナイフとフォークで切ってみると、天面と底面がわずかにカリッと焼けている。
断面図です。

この厚さなのに、中までしっかり火が入ってる。
まずはそのまま一口。
・・・あー、いいですねー。
ここのホットケーキは、「ふんわり」も「もっちり」もしてない。
どっしり、そしてちょっともさっとした食感。
そのままだとちょっと飲み物が欲しくなる。
でも、これでいいんです。
なぜなら、この生地にたっぷりのシロップをかけるわけですよ。

このシロップを生地に染み込ませながら食べると、ちょうどいいしっとり感になるわけです。
これこそホットケーキの至福。
リコッタチーズは入ってなくたって、このシロップまみれのホットケーキ生地のほうが自分は好ましく思える。
そして、これで550円。
そうですよ。ホットケーキはこの値段のほうが正しいのですよ。
1500円も2000円もするはずがない。
まことに正しく素晴らしいホットケーキ、いただきました。


ピノキオを後にして、駅の方に戻ります。
次に行くのは、パティスリー「マテリエル」。

けっこう大きな店です。イートインスペースもあり。
マテリエル、生ケーキもたくさんあって悩ましいのですが、ショーケースの上にタルトや焼き菓子やヴィエノワズリーがたくさん並んでいて、それがすごく美味しそうで。ピティビエなんか焦げ茶色がとても美しかった。
かなり長考してケーキと焼き菓子を購入。


最後に、ハッピーロード大山商店街の中にある、老舗のクレープ屋さん「ピエロ」へ。

かなり年季入ってます!
クレープの種類はかなり豊富。中でもおすすめの組み合わせが書かれていました。

じゃあこの中から、「シナモンアップル生クリーム」を発注。
すると、店員さん冷蔵庫からクレープ生地をとりだして、サクサクと組み立ててくれました。
焼きたてでないのはちょっと残念でしたが・・・

煮りんごがクレープ全体に入ってて、シャキシャキしていました。


家に帰ってきて、マテリエルのケーキ食べます!
最初は・・・じゃあ、シュークリーム「シュー・ア・ラ・クレーム」から!

大きさは小さめ。
断面。

このシュークリーム、皮がガリっとした固めの感触。いい感じです!
それにバニラのよく効いたカスタードがよくマッチしている。
これはいいですね!かなりいいです。


次は・・・変化球のサンマルク「サンマルク・キャラメル」行きましょう。

下の方にはチョコの層も薄くあるんですよね。全体で5層になってる。かなり凝った構成。
表面はキャラメリゼしてあるけど、パリンとしてはいなくて、しっとり。
全体にはキャラメルの苦味がかなりしっかりしている。
ビター&スイートなサンマルクでした。


プリムヴェール。

なんて可愛いの!
マテリエルらしいデザインのケーキですね。
これ崩すのがちょっとためらわれますが、切ってみます。

中にもグロゼイユが入ってました。
あとは見ての通りのピスタチオ。
ピスタチオはそれほど主張してなくて、グロゼイユのさわやかな酸味が全体を支配します。クオリティかなり高い。美味しいです。
あと、特筆すべきなのは、上に載っかってるマカロンが、とてもアーモンドの香ばしさがあって美味しかった。マテリエル、マカロンもたくさん売ってたけど、買うべきだったかもなー。


ペルル・オランジュ。

黄金柑を使ったケーキだそうです。
断面図。

これ、断面図見てみると分かるのですが、このケーキも構成凝ってます。
下の方に黄金柑のジャムが塗ってあるんですよね。これがとても効果的。
そして一番下はクランチーな層があって、これも食感の面白さを演出。
単に柑橘のさわやかさ、だけでなくて、奥行きのあるケーキになってます。


ニュアンス。

大好きなチェリーのケーキですよ!
チェリー、チョコ、ピスタチオ。鉄壁な構成ですね!
チェリーはたっぷり入ってました。好きなので満足。
ピスタチオはもうちょっと豆っぽくてもいいかなーという気も。
でも大変に工夫された美味しいケーキでした。


最後に、焼き菓子系から「ブーション」。

表面の飴色が美しい!

このブーション、生地が意外にも、とろっとした口溶けのよいなめらかな食感。
それにラム酒とレモンがふんわり香ってくる。
予想していた味とは全然違ったけど、これはこれですごく美味しい!
さすがレベル高いですー。


・・・と、これで大山スイーツツアーは終了。
大山、やっぱり遠いから頻繁には行かれないけど、ハッピーロードにはあらゆるお店が揃ってるし、甘いもの屋さんたくさんあるし、マテリエルあるし、住みやすそうな街。
四谷もなー、マテリエルレベルの地元密着だけどクオリティの高いパティスリーが路面にあと1〜2軒欲しいとこだよなー。